35歳のお悩み

急に老けて辛い!35歳でスキンケアアイテムを見直したほうがいい3つの根拠

投稿日:

「35歳になったら急に老けた。
20代の頃とは別人のようになってしまった。」

「まわりと比べても明らかにほうれい線が目立っている。
鏡を見ることが辛い。」

35歳前後になって急に老けた自分に気が付いて愕然としますよね。

とくに変わったことはしていない。
規則正しい生活を送っているし、ストレスとは無縁の生活をしている。

それなのに老けてしまう。
まわりと比べて自分だけがオバチャン化している。

じつは35歳は更年期の準備段階にさしかかっています。
あなたが「老けた」と感じるのは、年齢にあわせたスキンケアアイテムが選べていない可能性があります。

35歳を過ぎてもキレイなお姉さんでいたいなら、すぐにスキンケアアイテムを切り替えましょう。

20代の頃とは違う肌の3つの変化

30代にさしかかると、20代の頃にはなかったつぎの変化があらわれはじめます。

  • ホルモンバランスが乱れる。
  • 皮脂の分泌量が減る。
  • ターンオーバーが乱れる。

①ホルモンバランスが乱れる。

「一日で肌質が変化する。」

「スキンケアは変えていないのに、急にニキビができやすくなった。」

など感じていませんか。

原因はホルモンバランスの乱れです。
じつは30代は50代に比べて、約2.5倍以上ホルモンバランスが乱れやすいという臨床結果が出ています。

写真は30代女性の頬を拡大したものです。

一日で毛穴の大きさや、肌の凹凸が大きく違いますよね。
ホルモンバランスの乱れによって、皮脂が過剰に分泌したり、乾燥がすすんだりしたせいです。

30代は更年期に向かって、女性ホルモンがじょじょに減少してくる時期です。
また家庭や仕事、育児などでストレスにさらされやすい時期と重なります。

そのため、ホルモンバランスは安定せずに、肌質は一日で大きく変化します。

②皮脂の分泌量が減る。

肌をみずみずしく保つためには、水分と水分の蒸発を防ぐための皮脂が必要です。

上のグラフは年齢別の皮脂の分泌量をあらわしています。

30代を境に分泌量が減少しています。
しかも35歳前後を境目に崖から転がるようにガクッと減少しています。

20代の頃からスキンケアを変えていない場合は要注意です。

「目じりのシワや、ほうれい線がくっきりと目立っている。」

「まわりの女性と比べて、明らかに老けている。」

という場合は、すぐにスキンケアアイテムを見直したほうがいいです。
放っておくと乾燥肌がすすんで、取り返しのつかないことになります。

③ターンオーバーの周期が遅くなる。

ターンオーバーは古くなった角質がアカとなって剥がれ落ちることです。

正常なターンオーバーの周期は、28日(約1ヵ月程度)です。
ですが、30代になると、長い場合は45日(約1ヵ月半程度)まで遅くなると言われています。

ターンオーバーの周期が遅くなると、

肌がくすんで見える。
シミになりやすい。
ニキビなどの肌トラブルが解決しない。

など老け顔の原因になります。

だから肌トラブルを未然にふせぐことがなにより大切なんですよ。

35歳の肌質にあったスキンケアアイテム|3つのポイント

「まだ老けたくない!」

「オバチャンではなく、キレイなお姉さんでいたい!」

という場合は、年齢による肌の変化を受け入れて、すぐに手をうたないといけません。

ポイントはつぎの3つの効果です。

  • 整肌効果
  • 保湿効果
  • ターンオーバーの促進効果

とくに整肌効果と保湿効果は絶対に必要です。

整肌効果と保湿効果がしっかりしていれば、肌はみずみずしさと元気を取り戻します。
またニキビやシミなどのトラブルは起きにくいです。

ターンオーバーについては、ピーリングなど別の手段で促進を促すことができます。
そのためスキンケアアイテム選びでは、整肌効果や保湿効果ほど重要視しません。

整肌効果と保湿効果はほんとうに大切です。
ぜひ覚えておいてください。

スキンケアアイテムに関するQ&A

具体的にどんなスキンケアアイテムを選んだらいいの?

もしあなたが毎月のスキンケアに3万円以上かけられる場合は、SK-ⅡやPOLA化粧品など高価格帯のエイジングケアアイテムをラインで使うことをおすすめします。

肌の整い方がまったく違います。

トライアルセットは1万円前後で購入できるので、いろいろと試してみましょう。
あなたの肌に一番馴染むものを使うといいと思いますよ。

逆にあなたが毎月のスキンケアに1万円以上かけられない場合は、美容効果の高いオールインワンゲルと基礎化粧品を併用することをおすすめします。

オールインワンゲルを美容液として使うことで、価格をおさえて年齢にあった十分なスキンケアが可能です。

詳しくはこちらの記事にまとめているので、よかったら読んでみてください。

35歳でも老けて見える人と若々しく見える人の違いはなに?

20代から30代にさしかかったときに、年齢にあわせたスキンケアアイテムに切り替えができている人は、若々しい印象です。

事実、肌の変化に対して、適切なケアができているので、

肌の乾燥によるシミやシワ
たるみ
肌のくすみ

などとは無縁な人が多いように感じます。

私の友人の話をひとつご紹介します。

友人は30歳で結婚出産しました。
それを機に家計を見直して、スキンケアアイテムをプチプラ商品に切り替えたそうです。

化粧水と乳液あわせて月に2,000円程度で1年間続けました。

「最近、疲れてる?ってよく言われるようになった。
母乳育児も終わって、睡眠時間はきちんと取れてるのに。」

友人に会ったときに打ち明けられました。

たしかにほうれい線が目立っていて、顔色が暗い印象です。

家庭は円満でストレスなどはないようでした。

疲れていないのに「疲れてる?」と言われて、友人はストレスに感じているようでした。

私はプチプラ商品でスキンケアをしている話を聞いていたので、スキンケアアイテムを見直してみることを提案しました。
家計のためにはじめたことは知っていましたが、30代の肌ケアは今後10年、20年先を考えたときに大切です。

それに整肌効果、保湿効果があって、プチプラ商品と同じ価格帯のスキンケアアイテムもあります。

その後、友人は年齢にあわせたスキンケアアイテムに切り替えをしました。
ほうれい線が少しずつ薄くなって、顔色がワントーン明るくなって、若々しい印象になりました。

「疲れてる?」とはもう聞かれなくなったそうで、とても喜んでいました。

まとめ

35歳は更年期の準備段階にさしかかっています。
あなたが「老けた」と感じるのは、年齢にあわせたスキンケアアイテムが選べていない可能性があります。

重要なポイントはつぎの3つです

  • 整肌効果
  • 保湿効果
  • (あれば嬉しい)ターンオーバーの促進効果

35歳を過ぎてもキレイなお姉さんでいたいなら、すぐにスキンケアアイテムを切り替えましょう。

結果は必ずついてきますよ。

-35歳のお悩み

Copyright© 35歳美ママのためのオールインワンゲル比較サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.