背中ニキビを治したい

妊娠中に背中ニキビができる5つ原因とケアしなくても産後自然に治す方法

更新日:

「今まで背中ニキビなんて一度もできたことがなかったのに!」

「このまま治らなかったらどうしよう?もう首の詰まった服しか着れない!」

妊娠中に悩まされることが多い「肌トラブル」

特に妊娠初期は女性ホルモンのバランスが激変することで、肌質自体が不安定になる時期です。

そのため顔だけではなく、「体のニキビ」もできやすくなります。

「妊娠中」はセルフケアが難しいことから、背中ニキビが一度出来てしまうとどんどん悪化してしまいます。

そのため、できるだけ早めにケアするのがいいのですが、背中は「見えない」「皮膚が硬い」などの理由で効果的な対処を行なっていない方がほとんどです。

でも、安心してください。

背中ニキビを治す方法は意外と簡単で、それは妊娠中でも簡単に実践できて効果的なものです。

そこでこの記事では、

  • 妊娠中に背中ニキビができる原因
  • 背中ニキビを自宅でケアする方法
  • 妊娠中に安心して使用できるスキンケア商品
  • 妊娠中の背中ニキビQ&A

について詳しくご紹介します。

この記事を参考に、早めのケアをスタートさせてください。

妊娠中に背中ニキビができる5つの原因

背中は体の中でも、特にニキビができやすい場所です。

もともと背中は皮脂や汗の分泌が多く、また皮膚も分厚いため毛穴が詰まりやすく、また四六時中衣類に触れていることから蒸れや摩擦といった刺激を受けやすいためニキビがいつできてもおかしくない環境です。

また顔と違い背中は見えにくく、日常的に特別なケアをする場所ではありません。そのため気が付いた時には背中一面にニキビができていた!なんてことも。

「今まで背中にニキビができたことはなかった!」という方は、妊娠による身体の変化や生活習慣の変化によって引き起こされたことが考えられます。

原因を正しく知りケアすることで、ツルツルの背中を取り戻しましょう!

急激なホルモンバランスの変化によるもの

妊娠中は「プロゲステロン」というホルモンの活性化により、妊娠前に比べ背中の毛穴が詰まりやすくニキビができやすい状態を作り出します。

なぜなら受精卵が着床する妊娠初期は、身体の中でホルモンバラスが一気に変化します。そのことが引き金となり「背中」にもニキビが発生する要因となります。

では妊娠すると具体的に、ホルモンバランスがどう変化するのでしょうか?

妊娠によって特に活発化するのは、2つの女性ホルモンです。

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

このうち黄体ホルモンの一つである「プロゲステロン」は初期の段階では「胎盤を形成するため」、その後は「妊娠を継続するため」に活発化します。

プロゲステロンは妊娠中にとても重要なホルモンです。しかし、お肌にとって嬉しくない「皮脂分泌の活性化」という作用も持っています。

岡山大学「プロゲステロン, P (progesterone)」

 慢性的な睡眠不足により成長ホルモンの分泌が減るため

睡眠不足の状態が続くと、肌を修復する「成長ホルモン」の分泌が減り、お肌のターンオーバーが乱れてしまい「背中ニキビ」ができやすくなります。

  • 化粧ノリが悪い
  • 肌がくすむ

夜更かしが続いたときこんな肌トラブルを感じたことはありませんか?

妊娠中に関係なく「肌トラブル」と「睡眠」は、元々切っても切れない関係性です。

睡眠中にはお肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進する、成長ホルモンが多く分泌されます。

この成長ホルモンにより日中浴びた紫外線の影響や乾燥による、お肌のダメージを修復&再生し「調子が良いお肌」状態を保つことができます。

しかし「寝不足」や「浅い眠り」など「質の良い睡眠」が取れないと、この重要な「成長ホルモン」の分泌が減少し、肌のターンオーバー周期が乱れ、肌の新陳代謝が正常に行われなくなり「トラブルが起きやすい」状態になります。

妊娠中はつわりで寝つきが悪くなったり、トイレが近くなり夜中に何度も目が覚めてしまったり、寝不足になりやすい時期です。

 ストレスにより自律神経やホルモンバランスが乱れるため

妊娠期間中は精神的にも体調的にも不安定で、ちょっとしたことでもストレスを感じやすい時期です。

このストレスにより自律神経が崩れ、ホルモンバランスが変化することで「背中ニキビ」ができやすいお肌に傾きます。

妊娠中はつわりで体調が悪かったり、「赤ちゃんがちゃんと育つかな」「健康に産まれてきてほしい」など色々な不安がつきまいといます。

身体がストレスを感じるとまず、「自律神経」が乱れます。すると男性ホルモンや副腎皮質ホルモンが多く分泌されてしまい、オイリー肌に傾きます。

その結果ニキビができやすい状態のお肌になります。

最近では産休直前までバリバリと仕事をされる方も多く、周りに迷惑を掛けないようにと残業をしたり頑張りすぎてしまいストレスが溜まりやすいとも言えます。

妊娠中は便秘になりやすい

妊娠中はホルモンバランスの急激な変化やストレスにより特に便秘になりやすい傾向があります。

昔から「ニキビ」ができると「便秘」が原因だなんて言いますが、実は迷信ではなく「便秘」と「ニキビ」には深い関係があります。

そもそも便秘とは腸の中に老廃物が溜まった状態のこと。老廃物が溜まった腸内では悪玉菌が増加し、有害な物質を発生させます。

腸で発生した有害物質は、排泄のため血液に乗って一部皮膚にも運ばれます。

皮膚に運ばれた有害物質は、皮膚細胞のターンオーバーにより排泄されるのですが、肌細胞に負荷がかかるため、ターンオーバーを乱し古い角質が溜まっていくことで毛穴を詰まらせます。

その結果、お肌は非常にニキビができやすい環境になります。

 つわりによる食生活の変化や乱れのため

妊娠中はつわりなど、どうしても食生活が乱れてしまうもの。しかし、栄養バランスが崩れると、背中ニキビができやすくなります。

食生活の乱れはすぐに肌に現れます。特にニキビができるということは体にとって必要な栄養が不足していたり、もしくは過剰に摂取されていることを示しています。

例えば、野菜やフルーツに含まれるビタミン類が不足すると新陳代謝が低下します。すると肌のターンオーバーを乱し毛穴が詰まる原因になります。

また外食やコンビニ食が続くと、脂質や糖質を摂り過ぎに繋がります。その結果、皮脂分泌が過剰になりニキビの原因となります。

このように食生活の乱れは背中ニキビを発生させる大きな原因となります。

背中ニキビを最短で治すために実践したい基本的な4つの対策

 食事の栄養バランスを整える

妊娠初期の特につわりが辛い時は、無理をせず口にできるものを取りましょう。

しかしつわりが落ち着いてきたら、ある程度栄養バランスを考えた食事を取ることを心がけましょう。

食事改善といっても特別なことをする必要はなく、普段の食事をバランス良く意識することが大切です。

妊娠中の背中ニキビ予防や改善のために積極的に取りたい栄養素は、「タンパク質」「ビタミンA」「ビタミンB群」「ビタミンC」です。

■タンパク質

役割:新しく健康な肌を作る。

不足するとターンオーバーが乱れ古い角質が残ったままになり、ニキビができやすくなります。

タンパク質には肉や魚など動物性のものと、豆腐や豆乳など植物性のものがありますが、「体重制限のために豆腐だけ」など極端に偏り過ぎないようバランスよく食べましょう。

 

■ビタミンA

役割:肌の生まれ変わりを助ける。

不足するとニキビの治りが悪かったり、ニキビ跡が色素沈着しやすくなります。

妊娠中に関しては、ビタミンAの過剰摂取で胎児に影響が心配される可能性があります。そのため、レバーやうなぎなど動物性の「ビタミンA」ではなく、体内で「ビタミンA」に変換される、「β-カロテン」を摂取しましょう。

人参やかぼちゃなど色の濃い「緑黄色野菜」に多く含まれます。

 

●ビタミンB群

<ビタミンB2>

役割:ニキビの原因となる皮脂の分泌や排出をコントロールする。

ニキビ予防に欠かせない家要素です。また妊娠中に不足しやすいため、日常の食事に積極的に摂り入れましょう。

豚肉や牛肉、卵といった動物性のもだけではなく、納豆にも多く含まれます。

 

<ビタミンB6>

役割:正常なターンオーバーを助けます。

不足するとターンオーバーが遅くなり古い角質が溜まることで、ニキビができやすくなります。

マグロに多く含まれますが、妊娠中は避けたい食品。動物性であればささみにも多く含まれます。またジャガイモやバナナでも手軽に摂取できます。

 

■ビタミンC

役割:コラーゲン生成を助ける。

ニキビ予防だけではなく、ニキビ跡の改善にも効果があります。ストレスで消費されていくため積極的な摂取を心がけましょう。

レモンやキウイ、いちごなどのフルーツ、ブロッコリーや小松菜など野菜にも多く含まれているので普段の献立に自然に取り入れていきましょう。

 

■ビタミンE

役割:血行促進を促し、健康的な肌に導きます。

また細胞の酸化を防ぐと言われる抗酸化作用もあります。不足すると肌に栄養素が行き渡らなくなり新陳代謝が落ちてしまいます。

アーモンドやピーナッツといったナッツ類に多く含まれますが、油分も多いため摂りすぎには注意しましょう。

 

他にもミネラルや亜鉛、カルシウムや鉄分など、妊娠中に意識して摂取すべき栄養素も『背中ニキビ』の予防や改善に効果があります!

いつもより少し、栄養バランスを意識するだけで問題ありません。

 良質な睡眠環境を整える

妊娠中は眠りが浅くなりすぐに目が覚めてしまうため、睡眠は小刻みになります。

そこで少しでも質の良い睡眠を取るために、まず意識してほしいのが「睡眠のリズム」を整えることです。

ただ夜寝る時間はどうしても不規則になりがちです。そこでおすすめなのが、この2つです。

  • 毎日朝起きる時間を一定にする
  • 寝不足を感じたら短時間でも昼寝をする

特に平日はお仕事や家事で朝早く起きるという方は、できればお休みの日ぐらい昼までゴロゴロしたいと思ってしまいますよね。

しかしそれでは「睡眠のリズム」が崩れてしまします。朝はできるだけ同じ時間に起きることろ心がけるだけでも、リズムは整って行きます。

また夜の睡眠だけで寝不足を感じ始めたら、お昼寝を取り入れるといいでしょう。

「睡眠のリズム」が整っても寝不足や熟睡できないと感じる場合は、睡眠環境を見直す必要があります。

  • お風呂で体をしっかり温める
  • 寝る直前のスマホはやめる
  • むくみを感じ始めたら足を高くして眠る

 基本的なことですが、良質な睡眠を取るために環境を整えることも大切です。

肌着や下着の“素材”を見直してみる

背中ニキビを治すためには、直接背中に触れている肌着や下着を見直すことも必要です。

背中ニキビが悪化しやすい原因の一つが「汗をかいても拭きにくい」ということが挙げられます。汗を拭かずにそのまま放置すると蒸れてしまいアクネ菌が繁殖します。

そのため背中に直接触れる肌着や下着は、通気性や吸水性の良い素材を身につけることが必要です。

また肌に刺激のある素材はニキビの炎症をさらに悪化させる可能性があるので、基本的に素材は刺激の少ない「天然繊維」を選びましょう。

  • シルク
  • 綿

ただ特に汗をかきやすい夏は、汗による雑菌の繁殖を防ぐため「速乾インナー」も取り入れて行きましょう。

また、ブラジャーの締め付けも血行不良を招き乾燥を招きます。また1日中、背中に密着しているためどうしても雑菌が繁殖しやすくなります。

ノーブラがベストですが、日中は難しいですよね?そこで家にいる間はブラジャーを外しましょう。

【重要】スキンケアは保湿対策を徹底する

妊娠中は肌のバリア機能が低下するため乾燥しやすくなります。

皮膚は乾燥すると新陳代謝が悪くなることで肌表面が分厚く硬くなり、皮脂が毛穴に詰まりスムーズに排出されずアクネ菌が繁殖する原因になります。

背中が乾燥する原因の一つにお風呂でのこんな行動が挙げられます。

  • シャワーの水圧が高すぎる
  • 汚れを取ろうとゴシゴシ洗う
  • 体を温めるためにお湯の温度を高くしている

これらの間違った入浴法をすると背中だけではなく全身の肌を乾燥させます。理想なのは少し暖かいと感じるくらいの温度のお湯で、優しく入浴することです。

お風呂から上がった後何もケアをしないとお肌はどんどん乾燥していきます。必ず保湿を意識したスキンケアをしましょう。

皮膚科に通えない妊婦におすすめ!背中ニキビのセルフケアアイテム

背中は顔に比べて皮膚の厚さが約5倍!また蒸れや摩擦などいつニキビができてもおかしくない環境です。そのため背中専用のケア商品を使っていくことが重要です。

チェックポイントは2つあります。

背中ニキビの炎症を抑える“抗炎症成分”が配合されているか

今できている背中ニキビを治すことが期待できる主な抗炎症成分は

  • サルチル酸
  • グリチルリチン酸ジカリウム

などがあります。そのほかにも間接的に炎症を抑える「ビタミンC誘導体」や「ビタミンE」も有効成分です。

皮膚が分厚い背中の奥まで浸透する“保湿成分”が配合されているか

これ以上新しい背中ニキビを作らせないためには、徹底的な保湿が必要です。

そこで皮膚の分厚い背中をしっかりと保湿してくれるとされる主な成分は

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

などです。

抗炎症成分と保湿成分がバランスよく配合された商品を選んでいくことが重要です。

 

背中ニキビ専用のケア商品には大きく分けて2つあります。

  • スプレータイプ
  • ボトルタイプ

それぞれにメリットとデメリットがあるので詳しくみて行きましょう。

スプレータイプのメリットとデメリット

スプレータイプのメリットは手軽さと清潔さです。

  • 体が硬くても一人で簡単にケアできる
  • 中身を触らないので清潔に保てる
  • 直接肌にスプレーするので肌に触れなくて良い
  • ペタ付きがなく使用感が良い

背中ニキビ専用のケア商品のほとんどが、ボトルを逆さにしてもスプレーできる特殊な作りです。

一人暮らしの方や家族にも見せたくない!という方は、こっそりケアできるので嬉しいですよね。

逆にデメリットは「保湿力が弱い」商品が多いということ。

そのためスプレータイプを選ぶ場合、保湿力の高い商品を見極める必要があります。

ボトルタイプのメリットとデメリット

ボトルタイプの最大のメリットは「保湿力の高さ」です。

クリームやジェルでお肌に蓋をするイメージですね。

逆にデメリットは、

  • 体が硬いと背中全体に塗りにくい
  • ベタつきが気になる
  • 直接ボトルに手を入れるので衛生面が気になる
  • 肌に触るので刺激がある

などが挙げられます。

ただ体が硬い人は、専用のグッズを使えば簡単に塗ることができます。

 

また保湿力があるのに、ベタつきが少ないさらっとした使用感の商品もあるのでお好みに合わせて選んでいきましょう。

私が厳選した背中ニキビ専用クリームベスト3

背中ニキビ専用の高保湿クリーム

【1番人気】ルフィーナ

ルフィーナ

  • 定価 9,720円
  • 初回 2,689円
  • 背中ニキビ専用クリーム
  • 保湿しながら予防していく
  • 有名人やモデルのユーザーが多い人気商品
  • ニキビからニキビ後まで対応
  • 120日間返金保証付き
  • 朝晩2回のケアでOK
  • 購入回数縛りあり(2回)

公式サイトを見てみる

 

【2番人気】ジュエルレイン

ジュエル レイン

  • 定価 6,723円
  • 初回 2,689円
  • 背中ニキビ専用クリーム
  • 保湿しながら予防していく
  • ニキビからニキビ後まで対応
  • 3度リニューアルした人気商品
  • 60日間返金保証付き
  • 朝晩2回のケアでOK
  • 購入回数縛りあり(4回)

公式サイトを見てみる

【3番人気】ジッテプラス

ジッテプラス

  • 定価 6,980円
  • 初回  980円
  • 背中ニキビ専用クリーム
  • ニキビからニキビ後まで対応
  • モンドセレクション銀賞受賞
  • 90日間返金保証付き
  • 朝晩2回のケアでOK
  • 購入回数縛りあり(4回)

公式サイトを見てみる

 

妊娠中の背中ニキビケアQ&A

背中ニキビは産後もずっと続く?自然に治るの?

背中ニキビは一度できると繰り返す可能性が高いうえ、完全に治すためには専用のケアが必要です。

妊娠が原因ならすぐに産後に治るのでは?と思いますよね。でも背中は元々皮膚が厚いため、ターンオーバーがゆっくりで完全に治るまでに時間がかかります。

その上刺激を受けやすい場所なので、すぐに新しいニキビができてしまいます。

一度できてしまった背中ニキビを治すためには、根気強く専用のケアを続けていくことが重要です。

背中ニキビが産後に悪化するケースってあるの?

産後は慣れない育児や授乳により、妊娠中よりも背中ニキビが悪化する可能性があります。

  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 食生活の乱れ
  • 慢性的な睡眠不足

子供はとても可愛いですが、初めての育児はこれまで以上にストレスがかかります。さらに産後も授乳があるためホルモンバランスは大きく乱れる時期。

また子供を第一に優先しなければならないので、ついつい自分の食事や睡眠は後回しとなります。

そのため、産後に背中ニキビが悪化する可能性も十分に考えられます。

妊娠中にNGなニキビケアは?ステロイドは使っていいの?

妊娠中は自己判断による薬の使用は絶対にNGです!特にステロイド系の薬は要注意。

市販薬を使用する場合でも、必ず産婦人科の先生に相談をしましょう。

またあまりにも重度であれば皮膚科にかかることも必要ですが、妊娠中に処方される薬はどうしても限られています。

出産入院の際にニキビケアの薬は処方してもらえる?

一般的に皮膚科でニキビ薬として処方される薬は妊娠中だけではなく、授乳中も使えません。

入院時に相談することはできますが、授乳中に使える薬の処方も限られます。

もちろん皮膚科や産婦人科で相談することもできますが、改善よりも悪化させないことが目的の治療となります。

そのため「薬」ではなくスキンケアに力を入れることを意識すると良いでしょう。

妊娠中に背中ニキビに悩む方は多いの?

妊娠中に背中ニキビに悩む先輩ママは非常に多いです!

特に今まで一度もニキビができなかった人は「湿疹かな?」と思うこともあるようです。

初期の段階でケアを始めればこれ以上の悪化を防ぐことができます。

まとめ

妊娠中はどうしても体の不調に悩む時期です。

ただ背中ニキビはそのまま放置していると悪化するだけではなく、さらに厄介なニキビ跡になってしまいます。

背中にニキビ跡が残ってしまうと、完全に綺麗に治すまではさらに時間がかかってしまいます。

今後ニキビ跡を残さないためにも、できるだけ早くスキンケアを始めてツルツルの背中を取り戻しましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmamaneyをフォローしよう!

-背中ニキビを治したい

Copyright© Mamaney , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.