飲む日焼け止めを試したい

日焼け止めのSPFとはなに?SPF20とSPF50の違いと外出のシーン別にみる選び方

更新日:

日焼け止めを選ぶときの基準のひとつにSPFがあります。

ですが、SPFの意味や、SPF20やSPF50といった数値がなにを示しているか分かりづらいですよね。

じつは、SPFは数値が大きくなるほど日焼け止めの持続時間が長くなりますが、肌へのダメージも比例して大きくなります。

そのため、やみくもにSPF50の日焼け止めを使うことはかえって肌のためによくありません。

そこで、外出のシーン別に応じたSPF値の使い分けや、日焼け止めを使うときの注意点について、まとめました。

「どうやって日焼け止めのSPF値を選んだらいいか分からない」という場合は、ぜひ参考にしてください。

日焼け止めを塗っても効かない原因と子育てママにおすすめの効果的な日焼け対策

児童館、公園、プール・・・子供が小さいと外遊びをする機会が増えますよね。 子供の喜ぶ顔が見たいという優しいママほど、外にいる時間も長くなりがちです。 ですがこの季節、やはり気になるのは紫外線です。 日 ...

続きを見る

日焼け止めのSPFとは?

オゾン層を超えて地上に届く紫外線には、紫外線A波と紫外線B波の2種類があります。

SPF(Sun Protection Factor)とは、この紫外線B波によって日焼けがおきるまでの時間を何倍にのばせるか示したものです。

例えば、日焼け止めを塗らないと20分程度で日焼けしてしまう人が、SPF2の日焼け止めを塗った場合、

「20×SPF2=40」

で、日焼けがおきるまでの時間を20分から2倍の40分までのばすことができます。

平均的な日本人は、約20分間にわたって紫外線を浴びると、日焼けがはじまると言われています。

そのため、SPFの効果を計算する場合は、「20×SPF値」を基準とします。

SPFの数値は1から50までと50以上(50+と表記する)があり、数値が大きいほど効果が高くなります。

余談ですが、SPFと対をなすPAは、紫外線A波の防御力を示しています。

SPF20とSPF50の違い

SPF20とSPF50は、日焼け止めとしての持続時間の長さが違います。

具体的には、

SPF20の場合は、「20×SPF20=400」で400分間

SPF50の場合は、「20×SPF50=1000」で1000分間

で、「1000-400=600」で600分間ほどの差があります。

つまり、SPF20と比べてSPF50の場合は、日焼けがおきるまでの時間をおよそ10時間長くのばすことができるのです。

プールや海、山など紫外線の強い場所に長時間いる場合は、SPF20よりもSPF50のほうが向いています。

ただし、期待される効果をきちんと発揮するためには、容量・用法を守り、1~2時間おきのこまめな塗り直しが必要です。

【注意】SPF値は高いほど肌へのダメージが大きい

「SPF値が低いよりも高いほうが安心感がある」

「日焼けしたくないので、とりあえず最高指数SPF50+の製品を使っている」

このようなママも多いのではないでしょうか。

じつはSPF値は高くなるほど、肌へのダメージが大きくなるので、注意が必要です。

日焼け止めには紫外線防止剤として、紫外線散乱剤と 紫外線吸収剤の2つが組み合わされて配合されています。

それぞれの特徴についてはつぎのとおりです。

成分 紫外線散乱剤 紫外線吸収剤
働き 肌にのせた粒子(おもに白色顔料)によって、紫外線を反射させる 紫外線を吸収して、熱エネルギーや赤外線にかえて放出する
特徴 紫外線防御力は低いが、肌へのダメージが少ない 紫外線防御力は高いが、肌へのダメージが大きい

SPF値に比例して、紫外線吸収剤の占める割合が高くなります。

紫外線吸収剤は紫外線散乱剤に比べて、紫外線防御力が高く、日焼け止めとしてすぐれている一方、

  • 人体に有害な影響をおよぼす有機化合物が含まれている
  • 紫外線を吸収するときに肌の上で化学反応をおこす

というデメリットがあり、肌荒れやアレルギーを引き起こす要因となっています。

そのため、SPF値の高い日焼け止めを日常的に使うことは、かえって肌を痛めることになるのです。

外出のシーン別に使い分けたい、SPF値の選び方

「SPF値が低い日焼け止めを使えば、肌は痛まないの?」

「プールや海などのレジャーでも、SPF20程度でいいの?」

SPFについて理解を深めると、かえってこのような迷いがうまれますよね。

じつは、いつ・どこで・なにをするかという状況に応じてSPF値を使い分けることが、肌を守るためにもっとも大切なのです。

そこで、外出のシーン別に使い分けたいSPF値の選び方について、まとめました。

日常使いならば、SPF20程度がオススメ

買い物や散歩、子供の送り迎えなどの日常使いならば、SPF20程度がオススメです。

持続時間については、「20×SPF20=400」で400分間、およそ6時間以上あるので十分です。

ただし、つぎのような紫外線の強い季節や時間帯については、注意が必要です。

  • 4月から9月の季節
  • 正午10時から14時の時間帯
  • 鹿児島や那覇など南寄りの地域

一年をとおしてもっとも紫外線量が増える4月から9月にかけてや、正午の外出については、南寄りの地域に住んでいなくても、しっかりとした紫外線対策が必要です。

この場合はSPF値が高い日焼け止めを使うよりも、「SPF20の日焼け止め+飲む日焼け止め」の併用がオススメです。

飲む日焼け止めは服用タイプの日焼け止めなので、紫外線吸収剤をはじめ界面活性剤や添加物などで肌を痛める心配がありません。

また汗で日焼け止めの成分が流れる心配がないので、こまめな塗り直しが前提の塗る日焼け止めのような手間がかかりません。

忙しい日常使いにこそ、「肌に負担をかけずに、手軽に紫外線対策ができる」飲む日焼け止めをうまく活用しましょう。

プールや海などのレジャー使いならば、SPF20以上がオススメ

プールや海などのレジャー使いならば、紫外線の強さによって、SPF30以上を使い分けることがオススメです。

とくに紫外線が強い水辺や山へ出かける場合は、短時間の滞在でもSPF50もしくはSPF50+を使いましょう。

意外に見落としがちですが、じつは標高が高くなるにつれて空気がうすくなる山は、紫外線が強くなりがちです。

紫外線量はおよそ1000メートルごとに10%から20%増えると言われているので、水辺以上に注意しましょう。

屋外での軽いスポーツならば、SPF30程度で十分です。

「SPF値を使い分けることはむずかしい」

「SPF30とSPF50どちらを使えばいいか分からない」

もしもこのように迷った場合は、SPF値が高い日焼け止めを使うようにしましょう。

レジャーなど数日かぎりの場合は、日焼け止めの成分で肌を痛める可能性は低いです。

そのため肌への負担よりも、「紫外線ダメージを防ぐこと」に注意して、SPF値を選ぶようにしましょう。

日焼け止めを使うときの3つの注意点

日焼け止めは容量・用法を守らなければ、正しい効果は得られません。

たとえ外出のシーン別にSPF値を使い分けたとしても、効果が薄れてしまっては、あまり意味がないのです。

そこで、日焼け止めをつかうときに気をつけたい3つの注意点について、まとめました。

「絶対に日焼けしたくない」という場合は、ぜひ参考にしてください。

適切な量を使用すること

日焼け止めは使用量を守らないと期待どおりの効果が得られません。

そのため、適切な量を塗るようにしましょう。

日焼け止めの効果を示すSPF値は、1cm四方の肌に対して、2mgの日焼け止めを塗った場合の効果として測定されています。

顔に使用する場合は、

  • クリームタイプの場合は、パール粒1個分
  • 液状タイプの場合は、1円硬貨1個分

ほどの量が必要です。

ですが、一般的な女性の多くが、適切な量の4分の1程度しか日焼け止めを塗っていないといわれています。

その場合の日焼け止めの効果は、10分の1まで下がります。

仮にSPF20の日焼け止めを使用した場合は、SPF2程度の効果しかないということです。

製品説明に書かれている容量を必ず守るようにしましょう。

塗り忘れがないように塗ること

日焼け止めは肌の上にあることで効果を発揮します。

そのため、塗り忘れがないようにしましょう。

日焼け止めの塗り方については、つぎのとおりです。

部位 足や腕など広範囲
塗り方 額、鼻、頬、顎にわけて置き、顔全体に伸ばす 容器から直接、直線を描くように置き、手のひらでまるを描きながら全体に伸ばす
ポイント 太陽にさらされやすいので、2度塗りする 肩や背中などは、塗り忘れが多いので注意する

塗り方としては、身体の数か所に日焼け止めを置き、そこから全体に伸ばすように塗ることで、塗り忘れを防ぎます。

また顔や首、肩や背中など太陽にさらされやすく、日焼けしやすい部位については、日焼け止めを厚めに塗ることがオススメです。

こまめに塗り直しすること

日焼け止めを使ううえでもっとも大切なポイントが、こまめに塗り直しをすることです。

日焼け止めは時間が経つと汗で落ちたり、紫外線を吸収すると効果が下がるので、1時間から2時間おきの塗り直しが必要です。

とくに汗をかきやすい夏場や家事で水仕事をする場合などは注意しましょう。

また水に強いウォータープルーフタイプの日焼け止めについても、塗り直しは必要です。

プールや海などのレジャーのときに使用することが想定されているので、ふつうの日焼け止めよりも落ちにくいですが、やはり汗や肌の摩擦で成分が流れてしまいます。

そのため製品によっては1時間で塗り直しを推奨しているものもあります。

「海に行くと必ず焼けてしまう」

「日焼け止めを塗っても、日焼けしてしまう」

という場合は、 塗り直しが足りていない可能性があるので、使い方をもう一度見直してみましょう。

こまめな塗り直しがむずかしい場合は、飲む日焼け止めと併用することがオススメです。

日焼け止めに関するQ&A

最後に飲む日焼け止めの服用に関するよくある質問について、Q&Aとしてまとめました。

SPF20の日焼け止めにSPF30のファンデーションを重ねたらSPF50になるの?

SPF20の日焼け止めにSPF30のファンデーションを重ねても、SPF50の効果はありません。

ですが、日焼け止め効果はファンデーションを重ねたほうが高まります。

じつは、ファンデーションやルースパウダーには、肌の上で紫外線を反射する紫外線散乱剤と同じ効果があります。

紫外線散乱剤のひとつである酸化チタンは、白色原料として、ファンデーションの肌色をつくるために使われているからです。

そのため、UVケア用のファンデーションではなくても、ある程度のUVカット効果が期待できます。

日常的にSPF50の日焼け止めを使うよりも、SPF20の日焼け止めとファンデーション(UVケア用ではなくてもいい)を重ねて使うほうが肌を痛めないのでオススメです。

ファンデーションを重ねて使用する場合のポイント

日焼け止めを塗ったら、成分を肌に馴染ませるために10分程度時間を置きます。
そのあとに、パウダーファンデーションをはたくようにして、軽くつけます。

SPF50の日焼け止めとSPF50の化粧下地、どちらのほうが効果が高いの?

SPF50の化粧下地よりもSPF50の日焼け止めのほうが、紫外線防止剤の含有量が高いため、より日焼け止め効果が高いです。

そもそも日焼け止めは、紫外線ダメージから肌を守ることを目的につくられています。

対して化粧下地は、肌の色味を整えたり、化粧崩れをふせぐといった肌ケアを目的につくられてるため、日焼け止めと比べると、紫外線防御力は高くありません。

また日焼け止め成分配合の化粧下地を使っていても、薄く塗った場合は効果は期待できません。

むしろ「日焼け止め+化粧下地」の厚塗りで、かえって肌を痛めてしまううえ、見た目にもよくありません。

化粧下地を使わなくても肌に問題はないので、「SPF20程度の日焼け止め+ファンデーション」のほうがオススメです。

【効果・成分・国内生産にこだわった】飲む日焼け止め厳選ランキング

ネットや雑誌で最近、ジワジワ話題になっているのが、飲む日焼け止めです。 海外のモデルや美容家から火がついて、日本でも知られるようになってきました。 塗るタイプの日焼け止めとは違い、肌への負担が一切なく ...

続きを見る

まとめ

日焼け止めのSPFは、数値が大きくなるほど持続時間が長くなりますが、肌へのダメージも比例して大きくなります。

そのため、日焼け止めをやみくもに使うのは、かえってよくありません。

外出のシーン別にSPF値を使い分けることや、飲む日焼け止めを併用するなど工夫することがこれからの紫外線対策には大切です。

まもなく、一年でもっとも紫外線が強い時期にさしかかります。

日焼けして後悔する前に、まずは美容効果も高い「ホワイトヴェール」のサンプルから試しからはじめてみてはいかがでしょうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmamaneyをフォローしよう!

-飲む日焼け止めを試したい

Copyright© Mamaney , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.