シミに効くサプリが欲しい

シミをメイクで自然に隠す方法はこれ!簡単メイク術とおすすめコスメ紹介

更新日:

化粧品

シミを隠すためにコンシーラーを買ったのに、逆にそこだけ不自然に目立ってしまう。

毎朝メイクでシミを隠しているのに、昼になると浮き出てくる。一体どう隠したらいいの!?

こんな風に顔のシミをメイクで隠そうとしても、時間が経つといつの間にかシミが浮き出てしまったり、うまく隠せなかったりして苦労している女性は多いです。

確かに、ファンデーションやコンシーラーの選び方や使い方を間違えると、時間が経つと隠した部分がよれて逆に目立ってしまったり、メイクが取れてシミが浮き出てしまったりします。

しかし、メイク道具の選び方やメイク道具の使い方をちょっと工夫するだけで、シミを自然に隠した状態を朝から夜まで維持することは可能です!

そこでこの記事では、

  • 顔のシミをきれいに隠すファンデーションとコンシーラーの選び方
  • おすすめのファンデーションとコンシーラー
  • ファンデーションとコンシーラーの使い方のコツ

を徹底解説します!ぜひ参考にしてくださいね。

人気記事
サプリ
【シミに効く美白サプリを厳選】人気がある5つの商品を効き目と成分でランキング

妊娠中にできてしまったシミ…。美白化粧品を使ってもなかなか消えない。サプリがいいって聞くけど、一体どのサプリが効くの? 美白サプリって種類がありすぎて、どれがいいのか選び切れない… と、シミへのインナ ...

続きを見る

シミを隠すメイクで大切なポイント

シミをメイクで自然に隠すために大切なポイントは2つ!

  1. シミをしっかりカバーできるファンデーションとコンシーラーを選ぶ
  2. シミをきれいに隠すコツを知り、そのコツでメイクする

1つは、シミをしっかりカバーできるファンデーションとコンシーラーを選ぶこと。

いくら口コミが良いファンデーションとコンシーラーを使っても、選び方が間違っているときれいにシミを隠すことができません。

2つ目は、ファンデーションとコンシーラーでシミをきれいに隠すコツを知り、そのコツでメイクをすることです。

ここからはこの2つのポイントについて詳しく解説していきます。

シミを隠すファンデーションの選び方

リキッドファンデーション

ファンデーションを選ぶときは、【種類】と【色】の2点に気をつけましょう。

ファンデーションの種類の選び方

シミを隠すのにぴったりのファンデーションは、【リキッド】と【クリーム】タイプです。

リキッドファンデーションやクリームファンデーションは伸びがいいのでシミを隠しやすく、肌にしっかり密着してくれるので時間が経ってもよれにくいです。

また、リキッドやクリームタイプのファンデーションは美容液成分の入っているものが多いため、肌の乾燥を防いでシミができるのを予防してくれる効果もあります。

ファンデーションの色の選び方

ファンデーションを選ぶときには、種類の他に「色」にも気をつけましょう。

色を選ぶときのポイントは、首とほほの境のフェイスラインに合わせた色を選ぶこと。

フェイスライン

顔色にあった色のファンデーションを選びがちですが、それだと首の色が暗すぎて顔が白浮きしてしまい不自然な印象になります。

首と顔の境のフェイスラインに合わせて、自然な肌の色を選ぶのがポイントです。

ポイント

・ファンデーションはリキッドまたはクリームタイプを選ぶ

・ファンデーションの色はフェイスラインに合った顔より少し暗めの色を選ぶ

シミ隠しにおすすめのファンデーション

リキッドファンデーション

ここではシミを長時間しっかりカバーしてくれる人気のファンデーションを2つ紹介します。

マナラ BBリキッドバー

マナラ・BBリキッドバー

マナラのBBリキッドバーは、発売からたった1か月で10,000本も売れた大人気商品。

これ1本で美容液・日焼け止め・下地・コントロールカラー・ファンデーション・コンシーラーという6つの機能を持っています。

「リキッドバー」というと固くて伸びにくいような印象がありますが、マナラのリキッドバーはとろけるようになめらかなテクスチャー。

するする伸びるので短時間で均一に広げることができ、メイクの苦手な人でも使いやすいのが特徴です。

「コラーゲン」「セラミド」などの美容液成分がたっぷり配合されているため1日中潤いが続き、肌への密着度も高くカバー力があるため、シミを自然にカバーしてくれます。

「シミをきれいに隠したいけどメイクが苦手」という人ほど使ってほしいのが、マナラBBリキッドバーです。

マナラBBリキッドバーの詳細はこちら

マナラBBリキッドバーの口コミ

肝斑とシミが気になっていろいろなファンデーションを試してきたのですが、よれたりシワが目立ったりしていいものに出会えませんでした。

ですが、これは厚塗りっぽく見えないのに綺麗にシミが隠れて、こればっかり使っています。

思っていたよりやわらかいテクスチャーで伸びがよくて、化粧の時間が短ったのも良かったです。

(40代前半・女性)

「思っていたより小さい」という口コミを見ていたのですが、実際に届くと本当に小さかったです。

ただ、ポーチに入れて持ち歩けるので便利だし、減りが遅いので公式サイトにあった通り3、4か月は持つと思います。

スティックファンデははじめてで固そうなイメージがあったのですが、これは本当に肌の上で溶けてすいすい塗りやすい!

それなのにしっかりカバーしてくれて、薄いシミならこれだけで十分隠せます。友人にも使ってもらったら気に入ったようで、後日自分で購入したそうです。
(30代後半・女性)

アットコスメの口コミの総合評価でも☆5.2と高い評価を得ています。

お得に購入する方法・特典

マナラBBリキッドバーは通常価格3,672円(税込)ですが、毎月先着300名限定で、初回限定価格、20%オフの2,937円(税込)で購入可能。

送料・代引き手数料もかかりません。

さらに商品到着後8日以内なら使用後でも色の変更ができるので、試しに使ってみて色が合わなくても変更ができます。

また、特典としてもっときれいに仕上げられるスポンジとマナラのスキンケアセットもついていて、BBリキッドバーへのマナラの自信を感じるかなりお得なセットとなっています。

  • 商品名:マナラ BBリキッドバー
  • 毎月先着300名限定で20%オフの2,937円(税込)で購入可能
  • 送料・代引手数料無料
  • SPF35 PA+++ で紫外線をしっかりカット
  • 標準、明るめの全2色
  • 商品到着後8日以内なら色交換OK
  • 45日間全額返金保証
  • スポンジ&スキンケアセットプレゼント

マナラBBリキッドバーの詳細はこちら

リソウ リペアファンデーション

リソウ・リペアファンデーション

リソウのリペアファンデーションは、医学誌にも論文が掲載されるほど品質が高く評価された美容液、リペアジェルから生まれたファンデーション。

100%天然素材でできているため、肌への負担が少なく敏感肌の方でも安心して使えます。

「肌に優しいファンデーション」というとカバー力が劣るイメージがありますが、リペアファンデーションは微粒子化したミネラルパウダーがシミはもちろん毛穴・シワまでしっかりカバーしてくれます。

さらに光の反射効果でくすみのない透明感のある肌に見せ、素肌感と透明感を演出。

自然な仕上がりなのにありとあらゆる肌悩みをカバーしてくれるのがリソウ リペアファンデーションの魅力です。

リソウリペアファンデーションの詳細はこちら

リソウ リペアファンデーションの口コミ

天然素材なので安心して使えて、数年前から愛用しています。濃いシミにはコンシーラーを使っていますが、薄いシミはこのファンデーションだけできれいに消えてくれます。

カバー力もあって崩れにくいので、敏感肌だけどしっかりした着け心地がいいという人におすすめです。
(40代前半・女性)

正直本当にカバー力があるのか疑っていたのですが、口コミが良かったので思い切って購入!結果、買って良かったです♪

肌なじみが良くて毛穴やシミは自然にカバーしてくれるのに、厚化粧っぽくなくて素肌のような仕上がりになります。

あと、朝からメイクをしていると、夕方くらいになると肌がメイクに疲れたのか顔が重たく感じるのですが、リソウのファンデーションは不思議とその重たさを感じません。

天然素材でできているのがいいのかもしれません。
(30代後半・女性)

お得に購入する方法

リソウ リペアファンデーションは、リキッドファンデーション、パウダーファンデーション、フェイスパウダーなど豪華8点が入ったトライアルキットを1,980円(税抜)でお試しできます。

このトライアルキットはWEB限定で送料無料、さらに14日間の返金保証もあるためぜひ一度使ってみてくださいね。

  • 商品名:リソウ リペアファンデーション豪華8点セット
  • リキッドファンデ、パウダーファンデ、フェイスパウダーなど8点のトライアルセット(WEB限定)
  • たっぷり50日分で1,980円(税抜)・送料無料
  • 100%天然由来成分
  • 14日間返金保証

リソウリペアファンデーションの詳細はこちら

シミを隠すコンシーラーの選び方

コンシーラーファンデーション同様、コンシーラーも【種類】と【色】に気を付けて選ぶのがポイント

コンシーラーには、スティック、ペンシル、リキッド、パレッドなど様々な種類がありますが、それぞれで油分や粉体の配合割合が異なるためカバー力やテクスチャーに違いが出ます。

そのため、どこのどんなシミを隠すかによって、どの種類のコンシーラーを使うのかが変わってきます。

コンシーラーの種類の選び方

シミを隠すときは、固形タイプのコンシーラーを使うとカバー力が高いためきれいに隠すことができ、持ちも良いです。

固形タイプのコンシーラーにはペンシルタイプとスティックタイプがありますが、シミの大きさや濃さ、範囲によってどちらかを使い分けましょう。

  • 1~5mm程度の小さなシミ : ペンシルタイプ
  • 大きめのシミ :スティックタイプ
  • 広い範囲に小さなシミが点在していて一つ一つを消すには時間がかかるとき:スティックタイプ

1~5mm程度の小さなシミ、色の濃いシミにはテクスチャーが固くカバー力が高いペンシルタイプのコンシーラーを使います。

反対に5mm程度以上の大きめのシミには、ペンシルよりも一気に広く塗ることができるスティックタイプのコンシーラーを使いましょう。

広い範囲にそばかすのようなシミが点在していて、一つ一つのシミを消していると時間がかかりすぎる場合も一気に広く塗ることができるスティックタイプのコンシーラーを使います。

コンシーラーの色の選び方

コンシーラーの色は、フェイスラインを基準に選んだファンデーションと合うように、実際の顔の色より少し暗めの色を選びます。

明るい色のコンシーラーを使うとかえってシミが悪目立ちしてしまいますが、シミに近い暗めの色を選ぶと自然になりますよ。

ポイント

・シミの大きさやシミがある範囲によってスティックまたはペンシルコンシーラーを使う

・コンシーラーの色は、フェイスラインに合わせたファンデーションに合わせて顔より少し暗めの色を使う

シミ隠しにおすすめのコンシーラー

小さいシミ隠すためのペンシルタイプ、大きめのシミ、点在するシミを隠すためのスティックタイプのコンシーラーの中でも、それぞれ人気で使いやすいものを紹介します。

小さなシミに!ミュウ ペンシルコンシーラー

ミュウ・ペンシルコンシーラー

ミュウの部分隠し用ペンシルコンシーラーはピンポイントでシミを隠すことができるため、小さなシミや濃いシミに使うコンシーラーにぴったりです。

「ペンシル=かさつきやすい」というイメージがありますが、ミュウのコンシーラーはアルガンオイル、ローズマリー葉エキスなど美容保湿成分をたっぷり配合。

そのため、化粧崩れの原因となる乾燥から肌を守って潤いを与えつつシミをしっかりカバーしてくれます。

ミュウ ペンシルコンシーラーの口コミ

やわらかめだけど、やわらかすぎないテクスチャーで使いやすいです。

目元にわりと濃いシミがあるのですが、これを使うときれいに消えてくれます。
(40代前半・女性)

コンシーラーは時間が経つとよれて汚くなることが多く、なかなか「これ!」というものに巡り合えなかったのですが、たまたまLOFTで発見して口コミも良さそうだったので購入。

ぼってりはつかないのにしっかりシミをカバーしてくれるし、自分でもどこに塗ったか分からなくなるくらい自然に隠してくれて想像以上の使いやすさにびっくりしました。

ポーチにも入るコンパクトサイズで、気になるときにさっと取り出してメイク直しができるので重宝しています。
(30代前半・女性)

ペンシルタイプですが、なめらかで使いやすいテクスチャーといった口コミや、夜まで乾燥せずしっかりシミをカバーできるといった口コミが目立ちました。

ミュウのペンシルコンシーラーは定価1,620円(税込)とお財布に優しいうえ値段以上の働きをしてくれるので、1本持っておいて損はありません。

  • 商品名:ミュウ ペンシルコンシーラー
  • 定価:1,620円(税込)
  • SPF20 PA++
  • 93%天然由来の保湿・美容成分配合で重ねても崩れにくく、肌に密着して潤いを保つ
  • シリコンフリー・パラベンフリー
  • 汗・皮脂に強いのに石けんで落とせる

ミュウのペンシルコンシーラーの詳細はこちら

大きめのシミ・点在するシミに!POLA ミュゼル ノクターナル スティック コンシーラー

POLA・ノクターナルコンシーラースティック

POLAのミュゼル ノクターナル スティックコンシーラーは、大きめのシミ・点在する小さなシミを隠しやすくカバー力の高いスティックコンシーラーです。

桜色のパールで光を反射させることで、シミを見えにくくするのが特徴。

固形のコンシーラーはかさつきやすいイメージがありますが、ミュゼル ノクターナル スティック コンシーラーは「カミツレ花エキス」「マカダミアナッツ種子油」「高浸透コラーゲン」などの保湿成分を配合しています。

そのため乾燥を防ぎ、肌になじむみずみずしさを与えつつシミのない肌に見せることができます。

POLA ミュゼル ノクターナル スティック コンシーラーの口コミ

頬にある濃いめのシミをきれいに消せるコンシーラーになかなか出会えませんでしたが、こちらはかたすぎず、やわらかすぎずちょうどよくて塗りやすいし、シミがきれいに消えてくれます。

崩れにくいのでメイク直しも楽になりました。

目の下のクマにも使っているのですが、桜色パウダーのおかげか目の周りがぱっと明るくなって顔全体のくすみがなくなったかのような印象になります。
(40代後半・女性)

40代になって今までは気にならなかったシミが急に気になるようになりました。

今まではファンデーションだけでコンシーラーはまともに使ったことがなかったのですが、娘にすすめられてこちらのコンシーラーを使い始めたところ、きれいに隠せるようになりました。

あまりに自然に隠せるのでびっくりしています。
(40代前半・女性)

シミをきれいにカバーできたといった口コミがいくつも見受けられました。

固形とはいえ固すぎず使いやすく、またべたつきにくいので塗ったところが目立つこともありません。

肌にしっかり密着してくれるので時間が経ってもよれにくいのもポイント。

スティックタイプでポーチにさっと入れられるので、外出先でのメイク直しにも便利です。

  • 商品名:POLA ミュゼル ノクターナル スティック コンシーラー
  • 定価3,780円(3g)
  • L(ライト)、N(ナチュラル)の全2色
  • SPF30・PA+++
  • 桜色パール配合で肌に自然になじみ肌浮きしにくい

POLA ミュゼル ノクターナル スティック コンシーラーの詳細はこちら

ファンデーションとコンシーラーの使い方のコツ

メイクアップ

自分のシミに合うファンデーションとコンシーラーを選んだら、あとはちょっとしたコツでシミをきれいに、自然に隠すことができます。

メイクするときのコツは4つ。

  1. ファンデーションを厚塗りしない
  2. コンシーラーは一度で厚塗りするのでなく、薄く何度も重ねるように塗る
  3. コンシーラーはシミよりも一回り大きく塗って、シミからはみ出した縁の部分を指でぼかし境界線を自然にする
  4. 最後にコンシーラーの上に軽くフェイスパウダーを重ねる

ここでは、このコツをもとにメイクするときの手順と方法を紹介します。

シミを隠すベースメイクの手順

ベースメイクは、化粧下地、リキッドorクリームファンデーション、コンシーラー、フェイスパウダーの順番でつけます。リキッドやクリームファンデーションを使うときは、ファンデーションのあとにコンシーラーを使うのが鉄則です。

もしパウダーファンデーションしかない場合は、パウダーファンデーションを重ねる前にコンシーラーを使いましょう。

シミを隠すベースメイクの方法

洗顔後化粧水などで肌を整えたら、まずは化粧下地をつけます。

次に手の甲に適量のリキッドファンデーションまたはクリームファンデーションをとり、

  1. 顔の中心から外側に向かって左右対称になじませていきます
  2. あごにものばします
  3. おでこの中心から外側に向かって塗りのばします
  4. 残ったファンデーションで目の周りにのばし、
  5. 小鼻のわきにも伸ばします
  6. 最後に残ったファンデーションを、鼻筋、首筋にものばします

ファンデーションの塗り方

このときシミを隠そうとして厚く塗ってしまうと化粧崩れの原因となるため、薄くのばしていきます。

ファンデーションを塗ったら、小さいシミや濃いシミにはペンシルタイプのコンシーラーをそのまま当ててひとつひとつのシミをピンポイントで隠していきます。

大きなシミや小さなシミが広範囲に点在している場合はスティックタイプのコンシーラーを指または平筆にのせてシミを隠します。

このとき、一気に厚塗りするのでなく、少しづつ上に重ねるようにして、シミの大きさより一回りほど大きくのせるのがポイント。

さらに、大きめに塗ったコンシーラーの縁を手で軽くポンポンとタッチして、シミとの境界線をなじませます。

シミの隠し方

シミの上から指でタッチするとコンシーラーが薄くなってシミが見えてしまうので、上からでなく縁をタッチしてなじませるようにしましょう。

最後に、パフやブラシを使ってシミの上に軽くフェイスパウダーを重ねます。

最後にパウダーを重ねるというひと手間で見た目も自然になり、メイクの持ちも良くなるので、忘れてはいけないポイントです。

これで厚塗りにならない、時間が経ってもくずれない、よれないシミをきれいに隠すメイクの完成です!

シミをつくらない予防法・薄くするための対策

できてしまったシミはちょっとしたコツでメイクで隠すことができますが、できれはシミ自体を作らないのが一番。

すっぴんも美肌でいたいれたら嬉しいですよね。

そこでここでは新しいシミを作らない、また今あるシミを濃くしないためのシミの予防方法を紹介します。

紫外線対策をしっかりする

シミができる主な原因は、紫外線を浴びることでシミの原因であるメラニンが生成されることです。

そのため、そもそものシミの原因であるメラニンを生成させないために紫外線から肌を守るのが最重要。

外に出るときはもちろん室内にいても紫外線を浴びているので、屋外・室内問わず常に日焼け止めを塗るようにして、こまめに塗りなおす習慣もつけましょう。

また、日傘やつばの広い帽子をかぶったり、目から入る紫外線を防ぐためにサングラスを活用するのも大切です。

関連記事
【効果・成分・国内生産にこだわった】飲む日焼け止め厳選ランキング

ネットや雑誌で最近、ジワジワ話題になっているのが、飲む日焼け止めです。 海外のモデルや美容家から火がついて、日本でも知られるようになってきました。 塗るタイプの日焼け止めとは違い、肌への負担が一切なく ...

続きを見る

美白化粧品を使う

基礎化粧品は、「美白」に特化したものを使いましょう。

美白化粧品にはシミの原因であるメラニンの生成を抑制したり、すでにできたシミを薄くする美白有効成分が配合されているので、シミのケアに有効です。

美白化粧品に配合されることの多い、シミに効く有効成分には主に以下のようなものがあげられます。

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • リノール酸
  • カモミラET
  • m-トラネキサム酸
  • 4MSK
  • ハイドロキノン
サプリ
【シミに効く美白サプリを厳選】人気がある5つの商品を効き目と成分でランキング

妊娠中にできてしまったシミ…。美白化粧品を使ってもなかなか消えない。サプリがいいって聞くけど、一体どのサプリが効くの? 美白サプリって種類がありすぎて、どれがいいのか選び切れない… と、シミへのインナ ...

続きを見る

栄養バランスの取れた食事をする

いくら日焼け止めや美白化粧品などで体の外側から紫外線対策をしても、体が健康でないと肌が紫外線の刺激を受けやすくなり、シミができやすい状態になります。

また肌の生まれ変わりであるターンオーバーが乱れると、メラニンの排出が蓄積のスピードに間に合わずシミができやすい状態に。

紫外線から肌を守り、ターンオーバーを促進してシミができやすい状態になるのを避けるためには、栄養バランスの取れた食事をとることが大切です。

具体的にはビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの3つのビタミンを積極的に摂るように心がけると、シミ対策にも肌の老化にも効果的です。

  • ビタミンA…

老化の原因となる活性酸素の除去や目や皮膚の健康を維持する働きがあり、にんじん、ホウレンソウ、小松菜などに多く含まれるβカロテンから摂れる。

  • ビタミンC…

メラニンの生成を抑制したりコラーゲンの合成を助けたりする働きがあり、イチゴ、キウイ、キャベツなどの淡色野菜に多く含まれる。

  • ビタミンE…

血行促進を促進することでターンオーバーを促しメラニンの沈着を防ぎシミをできにくくする。アボカド、玄米、大豆、落花生などに多く含まれる。

ただ、仕事や子育てで忙しいなか毎日食事の栄養バランスに気を使うのは大変です。

そこで、手軽に必要な栄養を補うことができるサプリを活用すると、手間もかからず簡単に体の内側からシミを薄くする効果が期待できます。

シミに効く美白サプリを活用する

サプリにはたくさんの種類がありますが、シミのケアには「Lシステイン」と「ビタミンC」が配合されている美白サプリが有効。

Lシステインは私たちの肌や髪の毛に存在するアミノ酸で、ビタミンC同様、シミの原因となるメラニンの生成を抑制する効果があります。

ただ体内のLシステインは年齢を重ねるとともに減っていき、さらに食べ物からだけでは十分な量を摂ることは困難。

そのため、Lシステインはサプリで補うのが一般的です。

LシステインはビタミンCと一緒に摂ることで相乗効果でよりシミへの高い効果が期待できるため、シミケアのサプリを選ぶときはビタミンCとLシステインの両方が配合されているサプリを選ぶのがポイントです。

関連記事
Lシステインのシミ・そばかすへの効果とは?おすすめ美白サプリと正しい飲み方

Lシステインは皮膚や髪の毛、爪などに多く存在しているアミノ酸の一種。 くすみのない肌にしたり、ハリのある髪、折れづらく健康的な爪を維持するには欠かせないものです。 ただ、美容に欠かせないLシステインは ...

続きを見る

まとめ

紹介したシミを隠すメイクのコツをまとめると、

  • ファンデーションはリキッドorクリームファンデーションを使って、フェイスラインの色に合わせる
  • コンシーラーはシミの大きさやシミの範囲によってペンシルorスティックタイプを使い、肌より暗めの色を選ぶ
  • ベースメイクの順番は 化粧下地 → ファンデーション → コンシーラー → フェイスパウダー
  • コンシーラーはシミより大きめに塗る
  • 大きめに塗ったコンシーラーの縁を指でぼかして境界線をなじませる
  • 最後にフェイスパウダーを軽く重ねる

といったことがあげられます。

ファンデーションとコンシーラー選びに気を付けて、ちょっとしたコツをつかむだけで朝から夜まで自然にシミを隠すことができます。

シミ自体を消すには時間がかかりますが、メイクで隠すことは今日からでもすぐに実行できますよ。

もうシミを気にせず自信を持った日々を送れるように、このコツを参考に毎日のメイクを楽しんでくださいね!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmamaneyをフォローしよう!

-シミに効くサプリが欲しい

Copyright© Mamaney , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.