シミに効くサプリが欲しい

30代でシミが急増するには理由があった!原因と今すぐできる簡単対処法まとめ

更新日:

シミ

「今までは全く気にならなかったのに、30歳過ぎてから急にシミができ始めた……」

「あれ?こんなところにシミなんてあったっけ??」

こんな風に、今までは気にならなかったのに、30代になって思わぬところにシミを見つけたりシミができはじめたりすると焦ってしまいますよね。

「この歳でシミができるって、私の肌やケアが悪いのかな?」と思うかもしれませんが、決してあなただけが特別なわけではなく、多くの30代女性が20代では悩むことのなかったシミに悩まされています。

それは、30代になるとシミができやすい原因がたくさんあるからです。

そのため、20代と同じ生活、同じスキンケアをしていては30代の肌の変化、シミの増加に対応しきれません。

さらに、「もうこんな歳だしシミができても仕方ないのかな。」とあきらめていると、40代、50代になってどうしようもないほどシミが増えて、「もっと早く何とかしておけば良かった!!」と後悔する日がくるでしょう。

でも、今のうちに30代でシミができる原因を知り、正しいシミのケアを習慣にしておけば、今あるシミを薄くしたり、今後年齢を重ねてもシミを増やさず若々しい肌を維持することは可能です!

そのためにこの記事では、

  • 30代でシミが増える原因
  • シミを増やさない・濃くしないための対処法
  • 30代のシミケアにおすすめの化粧品

を徹底解説します。

「一刻も早くシミを消し去りたい!!」と思い悩んでいるなら、ぜひ参考にしてください。

人気記事
サプリ
【シミに効く美白サプリを厳選】人気がある5つの商品を効き目と成分でランキング

妊娠中にできてしまったシミ…。美白化粧品を使ってもなかなか消えない。サプリがいいって聞くけど、一体どのサプリが効くの? 美白サプリって種類がありすぎて、どれがいいのか選び切れない… と、シミへのインナ ...

続きを見る

なぜ30代でシミが増える?その原因

30代からのシミを撃退するには、その原因を知りそれに見合った対処をすることが大切。

そこでここではなぜ30代になるとシミができはじめるのか、その原因を解説します。

自分にも当てはまるところがないか、普段やこれまでの生活を振り返りながら読んでみてくださいね。

肌のターンオーバーが遅れる

30代になると血行が悪くなったり新陳代謝が低下したりして、冷え性や太りやすくなるといった体の変化が現れます。

そして血行不良や新陳代謝の低下といった変化は肌にも影響を及ぼし、ターンオーバーを乱れさせます。

ターンオーバーとは、肌の奥にある古い角層が約28日周期で肌表面に移動しアカとなってはがれていく、肌の生まれ変わりのこと。

そもそもシミの原因となるのは、紫外線などの刺激を受けると肌を守るために生まれる黒褐色の色素の「メラニン」です。

メラニンは通常ターンオーバーによってはがれていきますが、ターンオーバーが乱れるとメラニンの排出が生成のスピードに追い付かず肌に沈着したままになり、結果的にシミとなってしまいます。

ターンオーバー

体に現れる血行不良や新陳代謝の低下といった症状は、実は肌にも大きな影響を及ぼしているのです。

妊娠・出産による女性ホルモンの影響

30代になると妊娠・出産を経験する女性が多いですよね。実は妊娠を機にシミに悩まされる女性はたくさんいます。

その理由は、妊娠中の女性ホルモンの変化のため。

妊娠中に急増するプロゲステロンという女性ホルモンは、シミのもとであるメラニンを生成するメラノサイトを刺激してメラニンの生成量を増やし、シミができやすい肌状態にしてしまいます。

これはいくら普段から紫外線や美白ケアに気を付けていても避けては通れない変化です。

妊娠中にできたシミは、出産後女性ホルモンの分泌量が正常になると消えていくものもあります。

しかし、産後は慣れない育児や仕事・家事・育児の両立に忙しく、しっかりと肌のケアする時間をとれず精神的余裕がなくなりがちなために、妊娠中のシミが消えずにずっと残ってしまうことがあります。

仕事や育児のストレス

30代は、責任があり重要な仕事・ポジションを任されたり、家庭では子育てに忙しかったりと日常のストレスが急増する年代です。

ストレスを感じると自律神経のバランスが乱れて血行不良に。 血行不良になると皮膚の温度が下がって紫外線などの刺激を受けやすくなりシミができやすくなります。

さらにストレスは体内の活性酸素を増加させます。

活性酸素は本来細菌から肌を守るものですが、量が多すぎると逆に体内の健康な細胞と結びついて肌を老化させてしまいます。

また、その活性酸素による細胞へのダメージを抑制するのもメラニンの役割。

活性酸素が増えることで、活性酸素に対抗するためメラニンの生成も増えてシミができやすいという悪循環が生まれます。

10代~20代の紫外線対策・肌ケア不足

紫外線が原因のシミは、紫外線を浴びたらすぐに現れるわけでなく、何年もかけて少しずつ肌内部に積もり積もったメラニンがシミとなって現れるものです。

そのため10~20代のころに長時間紫外線を浴びたり、紫外線を浴びたあとのケアをできていなかったツケが今となってシミになり肌表面に現れているのです。

30代になると20代に比べて紫外線を浴びた合計時間も多く、肌へのダメージもより蓄積されているのでシミができやすくなります。

保水力の低下

年齢を重ね特に30代に入ると、皮脂の分泌量は減り、肌にある保湿成分であるセラミドやヒアルロン酸の量が徐々に減っていきます。

自分の肌に潤いが少なくなると同時に、水分を保持する力自体が弱まっているため20代と同じ化粧品でケアをしているのに乾燥してしまうことがあります。

潤いがなく乾燥した肌は、潤いのある肌に比べて同じ紫外線を同じ時間浴びても刺激を受けやすい状態。

つまり20代に比べて30代の肌は紫外線の刺激を受けやすいため、20代と同じ紫外線対策やお肌のケアをしていてはメラニンの生成やシミができるスピードに私たちのケアが間に合わないのです。

30代はニキビ跡がシミになることもある(炎症後色素沈着)

ニキビ跡

「シミ」と聞くと紫外線によってできるシミをイメージしがちですが、ニキビ跡が色素沈着して黒や茶色のシミになることもあります。

ニキビ跡によってできるシミを「炎症後色素沈着」といいます。

炎症後色素沈着も紫外線によるシミと同様、30代になって血行不良や新陳代謝の低下の影響で肌のターンオーバーが遅れ、炎症した肌の回復が遅くなっていることが原因。

歳をとると、以前より傷跡が治るのに時間がかかるのと同様、ニキビ跡が治るのにも時間を要してしまうのです。

ただ、ニキビ跡も紫外線によるシミと同様の対処法で、早く消したりそもそもニキビができづらい体質に変えることができます。

30代で増えたシミ・ニキビ跡の対処法と予防法

紫外線対策

30代に入るとシミが増える原因が分かったところで、シミをこれ以上増やさない・今あるシミをできるだけ薄くするにはどうしたらいいのか、その具体的な方法をご紹介します。

シミケアは1日でも早く始めることが大切なので、ぜひ参考にして今日からあなたの生活に取り入れてくださいね。

ピーリング

ピーリングは、専用の薬剤を使って古い角質を取り除くケアです。

紫外線やニキビ跡によるシミを改善したり、肌のターンオーバーを促すことで、沈着したメラニンをシミになる前に排出してシミの予防にもつながります。

ニキビ跡がシミとなった炎症後色素沈着にはピーリングが最も効果的。

ピーリングには、自宅でできるホームピーリングと、皮膚科や美容皮膚科などのクリニックで治療を受けるピーリングがあります。

関連記事
シミを消すピーリングに副作用やリスクはある?注意点や対処法を徹底解説

「ピーリングって肌を傷めそうな気がするけど、リスクや副作用はないの?」 「ピーリングするとぴりぴりするって聞いたけど、本当に安全なの?」 このように、顔にできたシミを薄くするためにピーリングを検討して ...

続きを見る

ホームピーリング

自宅でピーリングをする場合は、ドラッグストアやバラエティショップ、通販で購入できるピーリングジェルやピーリングクリーム、洗顔とピーリングが同時にできるピーリング石けんなどを活用します。

特にピーリング石けんは普通に顔を洗う感覚でピーリングができるので、忙しいときでも手間なく古い角質を取り除くことが可能。

ピーリング化粧品は800円~3,000円程度で購入できるのでお財布に優しく、手軽に購入できるのですぐにでも始められますよ。

ただ、ピーリングはシミに有効である一方、乾燥肌や敏感肌の人にとっては刺激が強すぎる場合があります。

そのため、天然成分からできていて肌に優しいAHA(リンゴ酸、クエン酸などの総称でフルーツ酸とも呼ばれる)が使われているもの、「敏感肌でも使える」といった記載があるものを選ぶと肌への負担を最小限にしてピーリングできますよ。

さらに肌への負担が心配なら、化粧品に記載のある間隔より間を空けて使ってみたり、1回を短時間でするなど気を付けながらピーリングしましょう。

おすすめのピーリング石けん

洗顔と一緒にピーリングもできるため、家事に育児にゆっくり肌ケアする時間のないママにおすすめのピーリング石けんが、サンソリットのスキンピールバー。

サンリソット・スキンピールバー

サンソリットは日本におけるケミカルピーリングのパイオニアで、サンリソットの商品・技術は国内の医療機関の約80%のシェアを誇っています。

スキンピールバーは、サンソリットと皮膚科ドクターの共同開発によって誕生したピーリング石けん。

AHAの中でもキメの細かい東洋人の肌に合うグリコール酸を配合しているため、古い角質を優しくはがし、肌本来のキレイになろうとする力をサポートしてくれます。

AHA濃度の濃さや肌のタイプに分かれた4種類がセットになっているので、いろいろ試して自分に合った石けんを見つけることができますよ。

  • 商品名:サンソリット スキンピールバー ミニ4種トライアルセット
  • 1,200円(税抜・送料無料)
  • サンリソットは医療機関向けのケミカルピーリングで国内約80%のシェアを誇る
  • ニキビにも効く「赤」、肌くすみにも効く「黒」、敏感肌でも使えるマイルドな「青」、皮脂や毛穴が気になる人に「緑」の、4色セット

スキンピールバーの詳細はこちら

ケミカルピーリング・レーザーピーリング

皮膚科や美容皮膚科などのクリニックで受けられるピーリングには、サリチル酸などの科学薬品を肌に塗って古い角層を取り除くケミカルピーリングや、レーザーを使って治療するレーザーピーリングがあります。

クリニックによって料金は異なりますが、1回の治療につき10,000円~20,000円ほど。

月に1回程度のクリニックでのピーリングを5~10回続けることで、次第にターンオーバーが正常になりシミ・シワなどの肌老化が改善していきます。

クリニックによってはケミカルピーリングとレーザーピーリングの両方を併用して肌を綺麗にしていく施術もあります。

クリニックで行うピーリングは自宅で行うピーリングと違って高額ですが、即効性があり確実な効果を感じることが可能。

そのため、自宅でのピーリングになかなか効果を感じなければシミケアの1つとして候補に入れてみてください。

美白有効成分配合のスキンケア化粧品(基礎化粧品)に変える

シミケアのために必ず活用すべきなのが、美白系のスキンケア化粧品。

今あるシミを薄くするためにも、これからシミをできにくくするためにも、スキンケア化粧品は美白有効成分が配合されているもの、なおかつ保湿もできるものに変えましょう。

30代に入って美白化粧品を選ぶときは、うたい文句やパッケージなどの見た目にだまされるのでなく「美白有効成分」がきちんと配合されているかを確認するのが大切。

美白有効成分はメラニンの生成抑制や肌に沈着したシミ予備軍のメラニンを排出する効果があるため、シミの予防やシミを薄くする効果が期待できます。

さらに30代は20代と比較して肌のうるおいは減り、水分を保持する力も弱まるため保湿できる化粧品を選ぶのも重要です。

シミに効果がある美白有効成分には、主に以下のようなものがあげられます。

  • ビタミンC誘導体
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • ルシノール
  • カモミラET
  • m-トラネキサム酸
  • 4MSK
  • エナジーシグナルAMT
  • アルブチン

これらの美白有効成分を配合、かつしっかり保湿もできる30代女性にぴったりのスキンケア化粧品を2つ紹介します。

シミの予防に!ディセンシア・サエル

ディセンシア・サエル

ディセンシア(DECENCIA)は、ポーラ・オルビスグループから生まれた敏感肌専門ブランド。

ディセンシア・サエルの化粧水、美容液、クリームには全て美白有効成分、アルブチンを配合しています。

さらに、美容液に配合されているトラネキサム酸は肝斑に効果を発揮するため、妊娠中や産後に女性ホルモンの影響でできやすいシミにも効果を発揮します。

トライアルキットはサエルの基礎化粧品を一通り、10日間もお試しできるお得なセットになっています。

  • 商品名:ディセンシア サエル じっくり試せる10日間トライアルセット
  • 内容:美白化粧水(20ml)、美白美容液(10ml)、美白クリーム(9g)、CCクリーム1回分 
  • 価格:1,480円(税込)、送料・手数料無料
  • 30日間返品保証つき
  • アルコール・合成香料不使用、アレルギーテスト済み

ディセンシア・サエルのお試しはこちら

できてしまったシミに!ハイドロキノン配合・ビーグレン・QuSomeホワイトクリーム

「シミの漂白剤」と言われるほど強力な美白効果があり、すでにできてしまったシミを薄くしてくれる美白有効成分が、ハイドロキノン。

ハイドロキノンは効果が高い一方で、濃度が高いものを敏感肌の人が使うと刺激が強く逆に肌荒れしてしまうことがあります。

そのためハイドロキノン配合化粧品を買うときは、

  1. 敏感肌でも使える、安全性の高いもの
  2. トライアルなどお手頃価格でお試しできるもの

という2つの条件を満たすものを選ぶと、「せっかく高いお金を出して現品を買ったのに肌荒れしてしまった」という失敗をすることがありません。

「安全性が高い」「お手頃価格でお試しできる」という2つの条件を満たし、口コミも良く30代になってシミが気になり始めた女性に人気なのが、ビーグレン QuSomeホワイトクリーム 1.9。

ビーグレン・ハイドロキノンクリーム

肌への刺激が少なく、ビーグレンの独自技術により美白成分を素早く肌トラブルの元まで届けてくれるのが特徴です。

ビーグレン QuSomeホワイトクリームは現品を購入すると1本15gで6,000円ですが、化粧品や美容液も入ったトライアルセットなら1,800円(税抜)・送料無料で購入可能。

トライアルセットには、ビーグレン QuSomeホワイトクリームが5g、現品価格にすると2,000円分入っているので、現品の量・値段と比べるとクリームだけで元がとれる計算になります。

ハイドロキノンクリームが入ったトライアルセットは毎月の販売個数が限られています。

「一刻も早くシミを消し去りたい!」と思い悩んでいるなら、1日でも早く試してみてくださいね。

  • 商品名:ビーグレン ホワイトケアトライアルセット(7日分)
  • 内容:クレイウォッシュ(15g)、QuSomeローション(20ml)、Cセラム(5mL)、QuSomeホワイトクリーム1.9(5g)、QuSomeモイスチャーリッチクリーム(7g)
  • 価格:1,800円(税抜)、送料・手数料無料
  • 独自技術により美白成分を肌トラブルのもとまで素早く届ける
  • 365日返品保証(勧誘の電話は一切なし)
  • リピート率98.5%

ビーグレン QuSomeホワイトクリームのお試しはこちら

食生活の改善

ピーリングや美白化粧品を使って体の外側からのシミケアをするのと同時に、食生活を改善して体の内側からもシミケアしてあげましょう。

「今食べたものが10年後の美しさを決める」という言葉をご存知ですか?

これは、今はジャンクフードや適当にあしらったコンビニ弁当など偏った食生活をしていても何ら影響がなく、「大丈夫」と思っていても、10年後になってそのツケがあなたの肌に目に見えて現れることを表した言葉です。

食生活を改善して体の内側からもケアしてあげることで、長期的にシミのできづらい肌の基盤を作ることができます。

シミの予防、かつシミを薄くするために積極的に取り入れたいのがビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの3つです。

ビタミンA(βカロチン)

ビタミンAはβカロチンが含まれた食品を食べることで体内で生成されるビタミンです。

ビタミンAには皮脂の分泌のコントロールや、炎症を抑える、皮膚や粘膜の健康を維持するといった働きがあります。

体内でビタミンAに変化するβカロチンは油脂と一緒に食べると吸収が早いので、油で炒めたりナムルにして食べると効率的に摂取できますよ。

βカロチンを多く含む食品

ニンジン、ホウレンソウ、かぼちゃ、ニラ、小松菜、モロヘイヤ、うなぎ、レバー、豚肉など

ビタミンC

ビタミンCには、シミの原因であるメラニンの生成を抑制する働きののほか、風邪の予防やストレスを緩和させる効果もあります。

ビタミンCは熱に弱く、水で流れやすい性質があります。

そのため、茹でるのでなく炒め物にしたり、レンジを使って少量ずつ短時間で温めるとビタミンCをより多く残した状態で食べることができますよ。

ビタミンCを多く含む食品

ピーマン、ブロッコリー、キャベツ、パプリカ、じゃがいも、れんこん、レモン、キウイ、イチゴなど

関連記事
シミ消しに必須のビタミンC!簡単で効率的な摂り方と逆にシミになるNG行動とは

「ビタミンCがシミに効くって聞いたけど、本当なの?」 「ビタミンCってどうやって摂ったらいいの?」 「ビタミンCの入った食べ物を食べてるのに全然シミが薄くならない」 こんな風に、ビタミンCがシミに効く ...

続きを見る

ビタミンE

ビタミンEは老化の原因となる活性酸素から肌を守り、さらに肌の新陳代謝をアップさせターンオーバーを促進してくれる働きがあります。

その優れた働きから「若返りのビタミン」とも言われていて、シミのみならず肌のハリやツヤにも効果的。

エイジングケアのために積極的に摂りたいビタミンです。

ビタミンCを多く含む食品

アーモンド、アボカド、かぼちゃ、ホウレンソウ、いくら、すじこ、たらこ、うなぎなど

美白サプリを活用する

シミを増やさないためには毎日の食事からたっぷりの栄養を摂るのが一番。

しかし、仕事に育児に忙しくしていると、実際は毎食の自分の食事にまで十分に配慮するのは難しいのが現状です。

そんなときは、食後30秒もあればシミに効く栄養素をしっかりと摂ることのできるサプリメントを活用しましょう。

今あるシミを薄くし、またこれ以上シミを増やさないためには、「Lシステイン」と「ビタミンC」が多く入ったサプリメントが有効です。

Lシステインは私たちの髪の毛や皮膚にあるアミノ酸でメラニンの生成を抑制する効果があり、特にビタミンCと一緒に摂ることでより美白効果を発揮してくれます。

Lシステインは食べ物から十分な量を摂取することが難しいですが、シミに効く美白サプリに配合されています。

食事のように調理する必要もなく水さえあれば飲めるので、毎日忙しく頑張っているママこそサプリを上手に活用しましょう。

関連記事
Lシステインのシミ・そばかすへの効果とは?おすすめ美白サプリと正しい飲み方

Lシステインは皮膚や髪の毛、爪などに多く存在しているアミノ酸の一種。 くすみのない肌にしたり、ハリのある髪、折れづらく健康的な爪を維持するには欠かせないものです。 ただ、美容に欠かせないLシステインは ...

続きを見る

ストレス発散

毎日に余裕がなくストレスが溜まっていると、肌の新陳代謝が悪くなりメラニンが排出されず、シミができやすくなります。

さらにストレスは、健康な細胞と結びついて老化を加速させる活性酸素を増やします。

休みの日には映画鑑賞や運動など自分の趣味に少しでも時間をさいたり、1日の間でリラックスできる時間をつくったり、ゆっくり湯船に浸かったりして日頃のストレスを発散するようにしましょう。

睡眠時間をしっかりとり良質な睡眠をする

私たちが起きて活動をしている日中は、血液の流れはほとんど脳に集中するため、肌には栄養が行き渡りません。

一方、「寝る子は育つ」という言葉があるように、夜眠っている間には成長ホルモンが分泌されて、血液が体内の各所に流れ込み、傷んだ細胞の修復やターンオーバーの始まりとなる細胞分裂ががせっせと行われてます。

そのため、睡眠時間が短かかったり眠りが浅かったりすると、新しい細胞の生成が活発に行われずターンオーバーが遅れ、シミができやすい状態に。

睡眠は健康のためだけでなく美しい肌を保つためにも大切なのです。

睡眠時間は毎日最低6時間とり、また深い眠りにつくために、寝る前は携帯電話を見ない、電気を消して寝る、暑すぎず寒すぎず快適な室温を維持するといったことを心がけましょう。

できたシミはファンデーションとコンシーラーで隠す

美白化粧品やサプリなどを活用して一度できたシミを徐々に薄くすることは可能ですが、魔法のように一瞬で消すことはできません。

とはいっても顔にシミがあると自分に自信もなくなるし、仕事に行くのも億劫になってしまいますよね。

そんなときは、女性の武器である「メイク」を活用して、見た目ではシミがあることが分からないようにしましょう。

シミを隠すメイクで大切なのが、「ファンデーションとコンシーラーの選び方と使い方」。

ファンデーションはカバー力の高いリキッドまたはクリームタイプを、コンシーラーはピンポイントでシミを隠すことのできるペンシルまたはスティックタイプを使います。

ファンデーションは厚塗りにするのでなく薄くのばし、コンシーラーはシミより一回り大きく塗って、はみ出した縁の部分を手でぼかして境界線をなじませるとシミを自然に隠すことができますよ。

関連記事
化粧品
シミをメイクで自然に隠す方法はこれ!簡単メイク術とおすすめコスメ紹介

シミを隠すためにコンシーラーを買ったのに、逆にそこだけ不自然に目立ってしまう。 毎朝メイクでシミを隠しているのに、昼になると浮き出てくる。一体どう隠したらいいの!? こんな風に顔のシミをメイクで隠そう ...

続きを見る

皮膚科でレーザー照射

できてしまったシミを綺麗になくすのに即効性があるのが、美容皮膚科などのクリニックで受けられるレーザー治療です。

シミに特殊なレーザーを照射することでシミの部分がやけどのような状態になり、かさぶたとなって剥がれ落ちていきます。

「クリニックで受けるシミ取りのレーザー治療は高い」というイメージをお持ちかもしれませんが、クリニックによっては小さなシミだと1万円もかからず治療可能。

サプリメントや美白化粧品で毎日の美白ケアをしつつ、頑固なシミや一刻も早く消したいシミにはレーザー治療も検討してみましょう。

関連記事
シミ取りのレーザー治療は産後いつからできる?時期や料金・安心のクリニック選びなど徹底解説

「妊娠中にできたシミを一刻も早く消し去りたい!早く消すにはレーザー治療がいいって聞くけど、産後いつから始められるの?」 「産後のレーザー治療に副作用はないの?」 「シミ取りのレーザー治療って高いんじゃ ...

続きを見る

まとめ

30代の肌は20代と違ってシミができやすい要因がたくさんあります。

そのため、これまでと同じケアをしていては今後さらにシミが増えていき、40代、50代になったときに「30代のうちからもっとちゃんとケアしておけば良かった」と後悔することになります。

シミは毎日継続してケアすることで薄くしたり予防したりできるので、「やばい!」と感じているなら1日でも早く美白化粧品や美白サプリを活用してシミケアを始めてくださいね!

そうすることで年齢を重ねても美しい肌を手に入れることができ、今まで以上に、お子さんが友達に自慢したくなる素敵なママに近づくことができますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmamaneyをフォローしよう!

-シミに効くサプリが欲しい

Copyright© Mamaney , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.