老け顔をどうにかしたい

【産後のシミをサプリで消す】シミに効くおすすめ美白サプリ3選

更新日:

美白サプリの選び方

育児が一息ついた頃、目につくようになった肌のシミ。シミを隠すためのコンシーラーが手放せなくなっていませんか?

お肌のシミに悩みながらも、結局はどうにもならないと諦めているママも多いようです。

  • もう若くないから、肌にシミが出来てしまった。。。
  • 出来てしまったシミはどうにもならない。。。
  • 大金を出してレーザー治療や美白化粧品を使わないとシミは消えない。。。

もしかして、そのような勘違いや思い込みをしていませんか?

シミの悩みを本気で解決したいママへの朗報です。

産後に出来たシミの悩みは、厚生労働省も認定する美白成分が配合されたシミケアサプリを活用する事で消すことが可能です。

シミケアは、紫外線対策や美白化粧品などのスキンケアだけではありません。

シミに効く医薬品や美白サプリを取り入れ、身体の内側からお肌をケアする事で、産後のシミに効果があると言われています。

そこで、この記事では、シミの悩みを解消するための「インナーケア」の重要性と効果的な美白サプリを紹介します。

妊娠・産後にシミが増えて濃くなった3つの原因

妊娠中や出産後に新しいシミを見つけたり、シミ・そばかすが濃くなったように感じるのは、気のせいではありません。

「肌のシミ」には、妊娠・出産・育児が大きく関係する3つの原因があります。

  1. 女性ホルモンのバランスが乱れた
  2. 正しい紫外線対策を行えなかった
  3. 寝不足やビタミン不足

加齢や体質だけではない、妊娠・出産を経験したママ特有のシミの原因を1つずつ説明していきます。

女性ホルモンのバランスが乱れた

妊娠するとプロゲステロン(黄体ホルモン)と呼ばれる女性ホルモンが激増します。

プロゲステロンは、妊娠を維持し胎児の成長を守る役割を担っている大切な女性ホルモンです。

  • 受精卵の着床準備を整える
  • 妊娠した子宮筋の収縮を抑制し、妊娠維持作用を行う

赤ちゃんのために必要で大切なホルモンですが、実はお肌には困る働きもあります

プロゲステロンはシミが出来る原因になるメラノサイトを刺激する働きがあります。メラノサイトが刺激されるとシミの原因となる「メラミン」が生成されます。

プロゲステロン大量増加
 ↓
メラサイト刺激
 ↓
刺激されたメラサイト大量のメラミン生成
 ↓
大量なので排出しきれない
 ↓
肌に残ってシミになる

メラミンは、肌のターンオーバーにより皮膚から排出されますが、メラミンが大量に生産されると、排出が間に合わず肌に残りシミとなってしまいます。

妊娠中の乳首が黒ずんでくる原因も「プロゲステン」の影響です。このプロゲステロンの増加は、妊娠中にシミが出来てしまう主な原因と言われています。

また、出産するとエストロゲン(卵胞ホルモン)と呼ばれる女性ホルモンが激減します。

エストロゲンは、肌のハリや潤いを与えるコラーゲンの生成を維持する働きがあるため、エストロゲンが激減すると、当然、コラーゲンも減るので肌が弱くなります。

外部刺激や紫外線のダメージを受けることで、皮膚の細胞が「メラミン」を生成します。

弱くなった肌
 ↓
バリア機能が低下
 ↓
外部刺激や紫外線の影響を受けやすくなる
 ↓
ダメージを受けてメラミン生成

ターンオーバーが乱れるので、メラミンの排出が遅くなり肌に残りシミとなってしまいます。

弱くなった肌
 ↓
肌の新陳代謝であるターンオーバーが乱れる
 ↓
メラミンの排出が遅くなる
 ↓
肌に残ってシミになる

これがシミが増える原因となります。

正しい紫外線対策を行えなかった

紫外線がシミの原因になることは広く知れ渡っています。

  • 外出時には欠かさず日焼け止めクリームを塗る。
  • 日傘をさして遮光する。

どちらも基本的な紫外線対策ですが、妊娠中はつわりが辛く、出産した後も匂いに過敏になるママもいます。妊娠・産後に体質が変化して、肌が過敏肌に変わるママも少なくありません。

  • 日焼け止めの匂いが我慢できず使えなかった
  • 皮膚が過敏になって、使っていた日焼け止めが肌に合わず使えなかった

そして、もしも転んだ時などを考えると日傘をさして子供とお出かけするのはお勧めできません。

ママは、いつでも赤ちゃんが最優先になります。

紫外線対策の重要性を理解していても、自分のケアは後回しになってしまうのは自然の流れかもしれません。

睡眠不足・ビタミン不足

お肌には、睡眠が大事といわれている主な理由は2つあります。

1 自律神経のバランスを調整して、心身を健やかに保つため
  ~昼夜規則正しく生活できないと、ホルモンバランスが崩れ、活性酸素が発生し、メラニンが過剰生成されます

2 夜に分泌される成長ホルモンで、肌細胞の生成(ターンオーバー)を促すため
  睡眠不足では、肌細胞の生成が停滞気味になり、肌のターンオーバーが乱れメラミンが排出されません

こういった睡眠の大切さを理解していても、妊娠中はホルモンのバランスで眠りが浅くなります。

出産後は、夜間の授乳や夜泣きなど昼夜関係なく赤ちゃんのお世話をするので、まとまった睡眠時間を取るのも難しいです。

妊娠中はお腹の赤ちゃんの成長促進のため、産後は子宮回復や母乳をつくるためにビタミンを大量に消費します。

お肌にシミを増やさないために大切な事は2つあります。

  1. メラニンの生成を抑える
  2. 肌のターンオーバーを促進し、メラミンを正常に排出する

ビタミンは、この2つの作用を担う大切な働きを持っています。ビタミンが不足することは、そのままシミが増え、濃くなることを意味します。

産後のシミに効果的な美白サプリの正しい選び方

シミの原因は「メラニン色素が肌に沈着して残る」ことです。

メラニン色素が肌に沈着する大きな原因は2つあります。

  1. メラニン色素の生成が多く排出が間に合わない
  2. 肌のターンオーバーが遅く排出されずに沈着する

この2点を改善できれば、シミを改善できることになります。

産後のシミに効く美白サプリは、この2つを改善するための有効成分が含まれているかどうかがとても重要です。

メラニン生成の抑制成分が配合されていること

紫外線や摩擦などの外部刺激、女性ホルモンやストレスなどの内部刺激でメラノサイトは刺激されます。

どんなに頑張っても、メラノサイトが全く刺激を受けないことは不可能です。

しかし、メラノサイトが刺激されても、メラミンの生成を抑制できれば、メラミンは過剰生成されません。

メラニンの排出を促進する成分が配合されていること

肌のターンオーバーの周期には個人差もありますが、20代では28日周期。

30代~40代では、40~55日周期と言われています。

年齢を重ねると新陳代謝が低下し、肌の酸化することで肌のターンオーバーが大幅に遅れる傾向にあります。

血行を促進することで、新陳代謝を促し、肌細胞を活性化させさせます。

肌の酸化とは、活性酸素により、肌細胞がダメージを受けて老化することを言います。この肌の酸化を遅らせる抗酸化作用のある成分は、肌のターンオーバーを正常化させます。

シミに効果的な美白成分

★L-システイン

厚生労働省から美白有効成分として認可された成分。
皮膚、髪の毛、爪などタンパク質を構成するアミノ酸です。

チロシナーゼというメラニンをつくる酵素の活性を抑制する働きがあるので、メラニン生成の抑制します。

抗酸化物質であるグルタチオンを生成するので、抗酸化作用もあります。

★アスコルビン酸(L-アスコルビン酸)

水溶性ビタミンで「ビタミンC」と呼ばれています。

紫外線によって発生する活性酸素を捕捉し、無害化する強い抗酸化作用があります。

チロシナーゼ酵素の働きを阻害する働きがあるので、メラニン生成の抑制します。

表皮に栄養を送るコラーゲンが劣化すると、肌細胞が機能低下し、ターンオーバーが乱れます。
ビタミンCはコラーゲン合成に必要な酵素の働きを助けるので、コラーゲン合成を促進し、ターンオーバー機能を正常化させます。

★ニコチン酸アミド

厚生労働省から美白有効成分として認可された成分。
水溶性ビタミンで、ビタミンB群の一つ。「ナイアシン」「ビタミンB3」とも呼ばれています。

メラノサイトで作られたメラニンが、表皮細胞に送り出されるのを抑制するメラミン生成の抑制作用があります。

肌の血行を良くする作用もあるので、ターンオーバーも活性化させます。

 

シミに効く美白サプリ(医薬品)ランキング

ここでは、具体的に産後のシミに効くおすすめ美白サプリをランキングでご紹介します。

【第1位】ロスミンローヤル[医薬品]

第1位の『ロスミンローヤル』は累計販売数が70万箱を超える大人気の商品です。

品質・安全性、そして「シミ」「小ジワ」への効果は厚生労働省が承認しています。

だから『ロスミンローヤル』は国から有効性が承認された「医薬品」なのです。

とても嬉しいことに多くのママが悩む「冷え性」「肩こり」「腰痛」症状の緩和に効果があります。

9種類の生薬成分を含む22種類の有効成分を配合し、肌のトラブル改善とアンチエイジングの効果も期待できます。

産後のママの悩みを解消する成分がギュッとつまった『ロスミンローヤル』は副作用のリスクの少ない第3類医薬品となります。

公式HPでも、妊娠中や授乳中などの栄養補給として推奨されているので、授乳中のママや2人目を考えているママも安心して飲める産後のシミに効く医薬品です。

ロスミンローヤルの詳細はこちら

【第2位】ホワイピュア[医薬品]

ホワイピュア

テレビや雑誌の各メディアでも紹介されている『ホワイピュア』

品質・安全性、シミ・そばかすへの有効成分は厚生労働省が承認しています。

国が「黒色メラニンに効く」と認めたL-システインが最大限の240mgとアスコルビン酸(ビタミンC)1000mgとたっぷり配合。

シミ・そばかすに特化した美白成分の含有量が多く、顔だけではなく全身のシミ対策に購入される方もいるのが『ホワイピュア』です。

L-システインとビタミンC・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンEと、バランス良く含まれているので、メラニンの抑制だけではなく、肌のターンオーバーを促し、コラーゲンを生成するための有効成分の効果も期待できます。

シミ・そばかすへの効果を期待できる『ホワイピュア』は副作用のリスクの少ない第3類医薬品となります。

ホワイピュアの詳細はこちら

【第3位】マスターホワイト

美白や美肌を追求する芸能人がSNSやInstagramで使用報告をしている美白サプリメント『マスターホワイト』

『マスターホワイト』は、希少で高価な美容成分が配合されています。

注目すべきは、「プロテオグリカン」や「アスタキサンチン」

「プロテオグリカン」は、その高い保水能力の効果を認められながらも、希少性や抽出の手間から「幻の成分」と言われていました。

30年以上の研究効果から、やっと手に届くようになり美容業界はもちろん、健康・医療業界でも注目されている成分です。

「アスタキサンチン」は、その強い抗酸化力で注目される希少サプリメント成分です。

美白で有名な成分アスコルビン酸(ビタミンC)の約6000倍の抗酸化力があります。

活性酸素を強力に除去してくれるということは、黒色メラニン生成の抑制やシワの予防にもなります。

日焼け予防効果はもちろん、アンチエイジング効果も期待できる成分が「アスタキサンチン」なんです。

実年齢より若く見られたいママに効果を実感してほしい贅沢な美白サプリメントが『マスターホワイト』です。

マスターホワイトの詳細はこちら

【タイプ別】シミができる理由と効果的な治し方

紫外線を浴びたり、ホルモンの影響などで、肌の奥ににあるメラサイトが刺激を受けるとメラミンという黒い色素を生成します。

メラミンを持った細胞は肌のターンオーバーによって表皮に浮き上がり、身体の外にアカとして排出されます。

ですが、妊娠・出産などに伴う「女性ホルモン」「紫外線」「睡眠不足・ビタミン不足」等の要因から

  1. 肌のターンオーバーのリズムが遅れる
  2. メラミンが過剰に生成される

「肌のターンオーバー」と「メラミン生成」のバランスが崩れ、排出されなかったメラミン色素がシミになります。

排出されなかったメラミン色素が「シミ」になりますが、実はシミには様々な種類があります。種類によって、シミになった原因が異なるので、治し方も違います。

ここでは代表的な4種類のシミを見分けて、効果的な治し方を説明します。

日光性黒子(老人性色素斑)

別名→老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

できた原因→長い間浴び続けてきた紫外線ダメージが蓄積されて、肌に現れたシミ

どんなシミ→褐色のシミ

シミができる場所→紫外線を浴びやすい部分(顔や手の甲、背中の上部など)

注意→長年放置すると老人性いぼに進展する場合がある

予防→紫外線から肌を守る

治し方→肌のターンオーバーの促進・レーザー治療なども有効
抗酸化力を上げて肌老化を防ぐ・黒いメラニン色素の排出

炎症後色素沈着

できた原因→ニキビ・傷、虫刺され、かぶれ湿疹、火傷などで肌に炎症が起きて沈着したシミ

どんなシミ→炎症で赤くなった後に茶色く残ったシミ

シミができる場所→ニキビ・傷、虫刺され、かぶれ湿疹、火傷などで肌に炎症が起きた場所

注意慢性的に炎症を繰り返すと、ダメージが膚の奥まで深く到達して色素沈着する

予防炎症を起こした箇所を紫外線から保護する

治し方肌のターンオーバーの促進・色素沈着をケア

肝斑(かんぱん)

できた原因→妊娠や更年期などで、女性ホルモンのバランスが乱れて出来るシミ

どんなシミ→顔の左右対称に、もやもやとした輪郭が薄く境目のはっきりした薄茶色~淡褐色のシミ

シミができる場所→頬骨の部分からおでこに多く、目の回りを避けてできる(左右対称に出来る)

注意→擦ったり、摩擦を与えるとシミが濃くなる場合がある
レーザー治療では、かえってシミの色が濃くなったりする場合がある

治し方→ホルモンバランスを整える・メラミン生成の抑制・色素沈着を抑制

そばかす(雀卵斑)

別名→雀卵斑(じゃくらんはん)見た目がスズメの卵の表面と類似するから

できた原因→遺伝子の要素が強い。
紫外線から皮膚を守る働きの弱いフェオメラニンが生成されるため紫外線のダメージを強く受けて出来たシミ。

どんなシミ→両側の頬を中心に点在する薄茶色のシミ

シミができる場所→頬骨の部分からおでこに多く、目の回りを避けてできる(左右対称に出来る)

予防→紫外線から皮膚を保護

治し方→ターンオーバーの促進・黒色メラニンの排出

シミ対策をサプリメントで行う時の気になる疑問

医薬品とサプリメントとの違いは?

日本では、口から摂取するものを「食品」か「医薬品」の2種類で分けます。

医薬品は、細胞実験・動物実験などのデータがあり国の承認を得た治療効果が期待できる薬品です。

サプリメントは、形状や摂取方法が薬に似ていますが名称の部分に「医薬部外品」「●●含有食品」等と表記されています。

つまり、サプリメントは食品に分類されます。

サプリメント=健康食品=栄養補助食品 という位置づけになります。

副作用は?

一般用医薬品は 「副作用」「ほかの薬との相互作用」「効能・効果」 などの項目でリスクを評価して分類しています。

「ロスミンローヤル」「ホワイピュア」は(医薬品)となるので、副作用のリスクは低いです。

「マスターホワイト」は全て自然由来の材料で構成されているサプリメントなので、副作用などについての表記はありません。

そして、シミをどうにかしたいママが特に気になるのは、妊娠・授乳中でも飲めるかな?という部分だと思います。

「ロスミンローヤル」「ホワイピュア」のどちらも公式サイトに「妊娠・授乳期に、問題なく服用していただけます」と書かれているので安心です。

ただし、体質や体調に合わないと感じたら、服用を中止してください。

用量・用法をきちんと守り、副作用が気になる方は医師に相談の上服用しましょう。

サプリメントの効果的な飲み方や注意点は?

サプリメントには「1日4粒を目安に…」などの1日の摂取量の目安程度の記載しかありません。

薬のように「下記の1回量を1日3回、食後または食間に…」というような具体的な飲み方が書いていません。

これは、薬機法(旧薬事法)で用法の指定や用量を明確に指定してはいけないことになっているからです。

表記されていないとはいえ、サプリメントにも成分を効率よく取り入れる効果的な飲み方があります。

まず、サプリメントの成分がきちんと胃に届くように「コップ1杯位の十分な量の常温の水」で飲むことが基本です。

緑茶(カテキン)・コーヒー(カフェイン)等は、吸収を妨害する可能性もあるので避けましょう。

次にサプリメントを飲むタイミングを考えたいです。

水溶性のビタミンCやビタミンB群は、体内に溜めることが出来ない性質があるため、時間が経つと体に吸収される前に尿から排出されてしまいます。

1日分を1回でまとめて飲むより、数回に分けて飲む方がビタミン吸収率が上がります。

サプリメントは特に指示がないので、飲むタイミングは自由ですが、消化器官は食事で動きが活発になります。

成分の吸収率を考えると「食後30分以内」を目安に飲むのがベストのタイミングといえます。

そして一番大事なことは、肌が生まれ変わるまで忘れずに飲み続けることです。

産後のママのターンオーバーが遅くなっている肌は、肌が生まれ変わるのに2~3ヵ月はかかると考えて良いです。

効果が実感できる期間は人それぞれですが、シミに効くサプリメントは、副作用のリスクが低いこともありが効果の実感は穏やかです。

肌のターンオーバーを考えて、最低でも3ヵ月は飲み続けましょう。

  • コップ1杯位の十分な量の常温の水で飲む
  • 1日分の摂取量は数回に分けて飲む
  • 消化器官の動きが活発な「食後30分以内」がベスト
  • 肌のターンオーバーを考えて3ヵ月は飲み続ける

毎日欠かさす、焦らずに飲み続けることで、本当の「シミに効く」効果を実感できます。

 


 

たかの友梨開発のアイクリーム

目元の小じわが消えていく

たかの友梨アイクリーム

目元のくすみや小じわなどの「目元トラブル」を解消してくれるたかの友梨ビューティークリニックのアイケアクリーム「エステファクト」がかなり人気です。

 

インスタ上で紹介され始めて以降、30代〜50代を中心に利用者がユーザーが増えています。

 

次のキャンペーンサイト限定ですが、初回購入に限り、1,980円でお試しできるので、気になる方はキャンペーンサイトをチェックしてみてください。

 

65%OFFで購入できるキャンペーンサイトはこちら

上記のサイトから注文すると初回のみ65%オフ(1,980円)&購入回数縛りなしで試せます。

 

まとめ

ママになって、可愛い我が子と過ごす幸せな時間。写真や動画…たくさんの想い出を記録する機会も多いです。

キラキラしたママライフに老け顔の象徴の「シミ」は似合いません。

厚生労働省が「シミに効く」と認めた美白成分を試さないのはもったいないです。

今回紹介したシミに効く医薬品と美白サプリは、一番心配な副作用のリスクも低く、産後のシミに悩むママこそ効果が実感できる商品です。

同年代のママと差がつく若々しい肌へ近道は、美白医薬品や美白サプリメントで「+α」のインナーケアです。

キラキラしたママライフは、内側から作られる美肌から始まります。

産後のシミに悩む生活とはお別れです。産後のシミに効く美白のインナーケアを今すぐに始めましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmamaneyをフォローしよう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-老け顔をどうにかしたい

Copyright© Mamaney , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.