壮絶なニキビ悩みから解放されたい

【実話】ニキビ治療薬の副作用で死にかけながらもセルフケアのみで美肌を手に入れた方法

投稿日:

ニキビ治療薬で死にかける

ニキビを治すには、肌を清潔にするために念入りに洗顔することが大切

ニキビ治療は皮膚科に通って処方薬を服用すれば、効率よくすぐ治る

って思っていませんか?

私も最初はそう信じていました。

そして、小学校高学年から始まったニキビや毛穴、角栓の悩みに苦しんいる私は、皮膚科に通院したり、評判の良いニキビケアアイテムは片っ端から試してきたのです。

その結果、皮膚科で処方された治療薬の副作用で死にかけるという笑えない大事件が起こったのです。

そして追い討ちをかけるように、おでこからアゴ先までびっしりニキビで埋め尽くされるという悲惨な状態に。。。

これは全て実話です。

かなり苦しい思いをしてきた今だから言えます。

辛いニキビに悩んでいるなら、私の様な回り道をせずに本当に正しい方法でニキビケアした方がいい!

その思いで、私が試行錯誤して美肌を手に入れた方法と数々の失敗の体験談をご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

この記事を読んだ感想やご質問があれば下のコメント欄よりお問い合わせくださいね。体験に基づくアドバイスとなりますが、喜んで返信させていただきますね。

ニキビ治療薬の副作用で死にかけた壮絶な体験談

ニキビ治療薬で死にかける2

学生時代、ニキビに悩んでいた私は皮膚科に通っていました。

定期的に通って治療を受けていたのですが、ある日突然信じられない事態に見舞われて...

その壮絶な体験を紹介します。

抗生剤と漢方を服用したらアナフィラキシーショックを起こしICUへ

大学時代も相変わらずのニキビ面に悩んでいた私は、近所の皮膚科に通っおり、そこで、抗生剤ミノマイシンのジェネリック、「ミノペン」と漢方薬の「十味敗毒湯」を処方されました。

ミノペンは以前から処方されていて、十味敗毒湯は初めて。化膿を抑え、皮膚の腫れや赤み、かゆみを取る薬とのこと。

薬を飲んで入浴したところ、だんだん足の裏から痒くなってきて、痒くてたまらず足の裏を床に擦り付けていたら、だんだん痒みが上の方に上がってきて、息苦しくなって顔が腫れ上がってきたんです。

ただ事ではないと思って、急いで救急病院に行ったところ「アレルギー症状」ということで抗アレルギー薬を点滴されました。 点滴中に意識を失った私が、次に気づいたのはベッドの上。

酸素マスクをされてズボンは下ろされて体の色んなところからチューブが出ていて心電図も取られていました。 どうやら血圧が急激に下がって危ない状態だったようです。

皮膚に出るような蕁麻疹が内臓にも出ており、お腹は痛いし喉に蕁麻疹が出て気道をふさぐと呼吸困難で死んでしまうから今夜が山だ。と医師に言われてびっくり!

十味敗毒湯には、アレルギー体質や化膿しやすい体質の改善をはかる効果もあるらしいので原因はミノペンでしょうか?しかし、ミノペンは今までも飲んでいた薬なので突然の副作用に本当に驚きました。

ニキビ治療のための薬の副作用で死にかけるなんて夢にも思わず、薬の怖さを改めて思い知らされました。

ディフェリンゲルで肌の皮が剥けまるでミイラ

ディフェリンゲルは、毛穴の詰まりやはじめにできる白や黒のニキビに作用し,ニキビの進行を防ぐ塗り薬です。

毛穴が詰まり安い肌質の私には最高のアイテムなんですが、副作用がキツいんです・・・

  • 乾燥
  • ヒリヒリ感
  • 皮膚が細かくはがれる
  • 赤くなる
  • 痒くなる

主にこの様な症状が表れるのですが、決められた用法用量を守ればだんだんと症状が落ち着いてくるものです。

しかし、花粉症の私が3月に使ったところ、花粉症の症とWパンチで皮剥けがひどいことに!

保湿していても肌の皮がボロボロ剥けてくるんです。机に向かっていても皮膚がボロボロ落ちてきて気持ちが悪くて、友達にも顔大丈夫?と心配されるレベルに・・・

恥ずかしくて、顔がヒリヒリ痛すぎて、とても続けられませんでした。

ディフェリンゲルは妊婦さんや、授乳中のママが使えないのも残念ですね。

【え!これがダメなの?】私が間違っていた自己流スキンケア

自己流ケアでニキビまみれ

洗顔に20分かけていた

ニキビがひどいとき、私は朝晩の洗顔に20分かけていました。 ニキビ用の洗顔フォームを念入りに泡立てて、祈る様な思いでニキビだらけの顔面をクルクルなでて、黒ずみが気になる鼻とその周辺は特に気合を入れて洗いました。

「キレイになれーキレイになれー」

と、念入りに洗えば毛穴の汚れが浮き出てくると信じていたのですが、結果的に肌をバリアする脂をとって乾燥させてしまい、余計に脂が分泌されてしまう状態に。

洗顔のやりすぎは肌をキレイにはせず、余計に脂っぽい肌を作ってニキビを悪化させてしまいました。

肌断食

ニキビ用の基礎化粧品ラインを使って、念入りに洗顔してもニキビがひどくなる一方の私を見て、母が「もう全部やめたら?水だけで顔洗って化粧水もやめたら?」と言ったことから私は肌断食を始めました。

結果は、肌がどんどん脂っぽくなってニキビが悪化し、小さかった白ニキビが膿んできました。

さらに乾燥で肌は痛いし、肌断食はとても続けられませんでした。

ニキビ肌だろうが、保湿はとっても大切です。化粧水だけでは、水分が蒸発してしまうので蓋をする役割の乳液やクリームが必要です。

化粧水が蒸発するときに、肌の潤いがも一緒に奪われてしまうので、保湿ケアはなくてはならないんですね。

肌断食で、ニキビのない部分はカサカサ、ニキビはひどく悪化してしまった私は保湿の大切さを身を持って体験しました。

オイルクレンジングで肌をこする

洗顔に20分かけていた私は、ダブルクレンジングにも余念がありませんでした。

とにかく、鼻の黒ずみ角栓を浮かせるにはオイルクレンジングが一番だと信じていたのでひたすらに肌をこすっていました。

オイルクレンジングをつけて肌をこすっているときにザラついてくると「汚れが浮き出している!」と嬉しくてたまらなかったのですが、その後ダブルクレンジングをしてお風呂から出て鏡を見ると毛穴の黒ずみはあまり改善していない様子。

続けてもいちご鼻が治った実感はなく、結局指で角栓を押し出して余計に毛穴を広げてしまう悪循環に陥っていました。

広がった毛穴にファンデーションが入り込みさらに毛穴が目立ち、鼻に大きなニキビができてしまうことも多々ありました。

【ターニングポイントは医師のススメ】正しいスキンケアで変化した私の肌

皮膚科医の言葉がターニングポイントに
「オイルクレンジングは肌に負担が大きすぎるから、今すぐやめたほうがいい。

このままオイルクレンジングを続けていたら、40代になったときに絶対後悔する。あなたのメイクの濃さならメイクも落とせる固形洗顔石鹸で十分。

メイクが肌に残るより強力なオイルクレンジングで肌の潤いも全て根こそぎ取り去るほうが肌にダメージがでかい。」

これは私が20代前半の頃通っていた皮膚科で、女性医師の診察時に言われた言葉です。

とにかくオイルクレンジングで汚れを浮かせて、さらに洗顔料で汚れを掻き出すことが大切だと思っていたダブル洗顔信者の私にとっては目から鱗でした。

医師によれば、ちょっと残ったメイクも肌のターンオーバーで剥がれ落ちるんだそうです。それより刺激の強いオイルクレンジングを続けたほうが肌にダメージが大きく、質の悪いオイルクレンジングは顔にガソリンを塗って落としているようなものなんだそうです。

オイルクレンジングとシートクレンジングは界面活性剤がたっぷり含まれているので肌の負担は強烈です。

それを20年以上続けると肌がボロボロになって老化が進むと聞いて、その日からオイルクレンジングをやめました。

(ウォータープルーフマスカラなどのポイントアイメイクを落とすには必要ですが・・・)

  • 暴飲暴食せず栄養のある食事をとって体を労わる
  • 22時からのターンオーバーに合わせて夜更かしせずに睡眠をとる
  • 体を冷やさないように冷たい飲み物や食べのもはたくさん取らない
  • ストレスを溜め込みすぎないように適度に発散させる

など、面倒臭いけど地道な努力が美肌を作るんですよね。

飲めばすぐに肌がキレイになる薬とか、劇的に肌質が改善する化粧品なんてこの世には存在しません。普段の生活が整っていてこその美肌です。

トラブルのない美肌を手に入れた私のスキンケアルーチン

スキンケアルーチン

朝の洗顔はテカる部分だけ

毎日20分かけて洗顔していた私ですが、おでこ、鼻、あごといったテカリやすい部分だけ洗顔料をつけて洗って、他の部分はぬるま湯ですすぐだけにしたところほっぺは乾燥しなくなりました。

過剰に洗顔して、肌に必要な脂まで取り除いても何もいいことはありません。

「こんなに一生懸命ケアしているのに、なんで肌が荒れるの!?」とストレスがたまる一方です。私がそうだったので・・・。

毛穴ケアは別の方法でやればいいので、洗顔は気軽にサラッとテカるところだけ泡をつければOK。

ふき取り化粧水を使ってコットンで洗顔するくらいでも大丈夫です。

ポイントメイクリムーバーと拭き取り化粧水でメイクオフ

私が愛用しているのは、ビオデルマのふき取りクレンジング水です。 サラサラの液体なのにメイクはするっと落ちるので気持ちがいいです。

私はお湯でオフできるマスカラを使っているので、アイメイクもリップもビオデルマのクレンジング水だけでキレイに落ちます。

しかし、ウォータープルーフの濃いアイメイクをされている方は部分的にポイントリムーバーを使うことをおすすめします。

オイルクレンジングを使わなくてもメイクがするっと落ちて、さらにメイクをオフした後の肌がつっぱらず、あまり乾燥しないことに衝撃を受けました。 

角栓ザラつき除去はディフェリンゲルとビオレのおうちエステ

オイルクレンジングでひたすら肌をこすったり、ダブル洗顔しなくても肌のザラつきを取る方法はあります。

先ほど花粉症と副作用のコンボで肌がボロボロと剥けてしまったとお話ししたディフェリンゲルですが、肌のザラつきを取り除くにはとっても良い薬です。

肌が荒れてから使うのではなく、日常的にザラつきをためないように使い続けることでニキビをできづらくします。ボロボロの皮剥けとヒリヒリとした痛みに耐えれば、だんだんと塗っても痛くなくなります。

しかし、現在妊娠中の私は使えないので、肌がざらつく時は「ビオレのおうちエステ」を使っています。

私の場合、「ビオレのおうちエステ」も肌がピリピリして顔全体に塗るのは痛いです。

気になるポイントに抑えて塗るようにしていますが、効果は抜群です。

鼻の角栓が浮いて毛穴が小さくなり、メイクをしても角栓が浮いて目立つこともなくなりました。

毛穴パックとか、泥パック、まゆ玉でこする、スクラブクレンジング、酵素洗顔など角栓、ザラつきを取り除くための方法をたくさん試してきましたが、私の一押しは「ビオレ おうちdeエステ 肌をなめらかにする マッサージ洗顔ジェル」です。

まとめ

抗生剤や漢方の副作用で死ぬような目にあって、薬の怖さを思い知った私ですが今は何も服用しなくてもトラブルのない肌を保っています。

ニキビができてからケアをするのではなく、ニキビができないようにすることがとっても大切です。できてしまったニキビの治療は時間がかかるし精神的にも苦痛ですよね。

毛穴が詰まらないように、ディフェリンゲルやおうちdeエステで角栓をクリアする。

肌への負担を減らすためにオイルクレンジングをせずに、ふき取り化粧水やクレンジング効果もある洗顔石鹸を使ってダブル洗顔しない。

ニキビ肌にも化粧水、保湿は必要なため、肌断食はしない。

そして、正しい食生活、睡眠、ストレス解消をして、寝具やタオルなど清潔に保つ。

肌が強くて、何もしなくてもツルピカ毛穴レスな方もいますが、私のように肌の弱い人間はこういったことを努力した上で初めて美肌に近づくことができます。

あきらめないで、地道にお手入れしていきましょう!

-壮絶なニキビ悩みから解放されたい

Copyright© Mamaney , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.