産後に骨盤矯正したい

産後1年経っても痩せない!下半身太りの5つの原因と効果的な産後ダイエット

更新日:

育児や家事などでバタバタしていてダイエットどころではなかったけど、やっぱり家族のため、自分のためにきれいなママでいたい。

でも、産後1年も経ってしまったから、今さらダイエットを初めてももう手遅れなんじゃ…?どうしたらいいの?

出産して1年あまり経った後で、出産前とは違う体型になった自分の姿に、少しの焦りを感じている方はいませんか?

 

実は、わたしも同じでした。

産後1年経った頃、「今更ダイエットを初めても難しいよね。それに子供の世話でそれどころじゃない!」って思っていました。

 

でも、産後太りの仕組みを知り、効果的な対策を実践すれば、妊娠・出産によって太った体を、もとのスリムな体型に戻すことは、通常のダイエットよりも簡単だということがわかりました。

 

確かにダイエットを成功させ、理想の体型を手に入れることは簡単ではありません。でも、そのまま放置すると、下半身デブはどんどん進行し、もう戻れない体型になってしまいます。

 

産後ダイエットは産後1年経った今から始めても効果が期待できるので大丈夫。

原因を知り、正しい方法でコツコツ頑張れば、太った下半身を元に戻すのは誰だってできます。

この記事では、今の体型に悩みを抱えている忙しいママのために

  • 産後の下半身太りの原因
  • 産後ダイエットを始める時期
  • 産後1年経った今からでもできる効果的な産後ダイエットの方法

を解説します。簡単に実践できるので、ぜひご覧くださいね。

 

人気記事

産後の下半身ダイエットに最適の方法
産後の下半身・脚痩せダイエットに最適な7つの方法はどれが一番効く?

上半身は割とすっきりしてるのに、下半身が太くてまさに洋ナシ体型… 妊娠前の細身のパンツも履きたい 腰回りや太もも、脚の太さを隠すファッションをやめてオシャレしたい その産後の体型の悩み、もしかしたらち ...

産後1年経っても痩せない5つの原因

産後1年経っても痩せない5つの原因

産後1年経ってもなかなか痩せないのには、実は5つの原因があるんです。おそらくどれも心当たりがあるものばかりではないでしょうか?

それでは解説していきます。

 

育児ストレス(脳疲労)により「脂肪を貯めるホルモン」が分泌される

育児中は家事や好きなことを思い通りに進められなかったり、寝不足だったりとストレスが多いですよね。そのようなストレス過多の状態の時に分泌されるのが「コルチゾール」というホルモン。

コルチゾールは脂肪を貯める働きがあり、特にお腹周りにぽっちゃりさせてしまうようです。

また、コルチゾールの分泌により食欲抑制ホルモン(レプチン)が減少し、“食べ過ぎ”を引き起こす原因ともなっています。
ストレスが痩せない悪循環を作っているのですね。

授乳により食生活&食事内容が乱れ栄養過多になる

授乳期間はすごくお腹が減ります。本当に食べても食べてもお腹がすぐに空いてしまいますよね。

でも、隣に赤ちゃんがいるとバランスの良い食事を作ってゆっくり食べることはなかなか難しいものです。

そういう時、ついつい手っ取り早く食べられるパンやお菓子などでお腹を満たしていませんか?

このような食生活が続くと、バランスは悪いのに摂取カロリーは多いという状態になり、結果として痩せにくい状態になっています。食べ過ぎというほどの量は食べていないのに痩せなくて困っているというママはこの状態であることが多いです。

基礎代謝が低下しカロリー消費が少なくなる

育児中は運動不足になりがちです。赤ちゃんの抱っこやおんぶはしょっちゅうしているけど、長時間ウォーキングしたり、筋トレをしたりと定期的に体を動かす余裕はあまりないもの。

よって、育児中のママの体は基礎代謝が低下しており、摂取したカロリーは多いのに消費しきれていない状態になっているのです。

また、授乳中は痩せやすいといわれていますが、授乳による消費カロリーは1日に500kcal程度。

メロンパン1個が500kcalほどであることを考えれば、菓子パン系を食事代わりにしていると、消費カロリー>摂取カロリーにすることは結構難しいことがわかります。

妊娠中についた脂肪が残っている

妊娠中は赤ちゃんを守るためにどうしても皮下脂肪がつきやすくなります。

この皮下脂肪はお腹だけでなく、顔、胸、お尻、太もも、さらには産道などあらゆるところについているそうです。

出産後は痩せやすいとは言いますがそれは授乳による消費カロリーが大きい人や、食べる量やバランスをコントロールできる人についてのこと。

妊娠中についたこれらの脂肪は、産めば自然と落ちるわけではありません。妊娠中でないときについた脂肪と同じく、運動をするなり、基礎代謝を上げるなどして落とすしかありません。

【これは簡単!】産後に気になる太ももの酷いセルライトをスッキリ消す方法とそのコツとは?

ふとお風呂上りに自分の太ももを見て うわ…太ももボコボコ…こんなに酷かったの? セルライトって自分ではどうにもできない?諦めるしかないの? 人に見せるわけじゃないけど、これからずっとこんな足だと思うと ...

産後太りは「骨盤の歪みが主な原因」と言われる3つの理由

骨盤の歪みが産後太りの大きな原因と言われますが、それは骨盤の歪みによって

  • 血行不良
  • 筋力低下
  • 内臓の位置の低下

が体に引き起こされるためなんです。それぞれを詳しく見ていきましょう。

骨盤が歪むと血行が悪くなる

骨盤が歪んでいると体の血流が悪くなります。

血流が悪くなると体内の老廃物や余計な水分が排出されにくくなり、それによって代謝が悪くなってしまいます。代謝が悪いほどダイエットをしても効果が出にくかったり、痩せにくいといえます。

骨盤の歪みでお尻の筋肉が下がる

骨盤が歪んでいると体の筋肉バランスが崩れてしまい、猫背になったり反り腰になったりして歩くときに脚の筋肉をうまく使えなくなります。

そうすると、お尻から太ももの裏にかけての筋力も弱まってしまい、結果としてお尻がたれたり太ももがたるんだりします。また、腰回りの筋肉も落ちやすく脂肪がつきやすくなってしまいます。

内臓の位置も下がってしまう

骨盤には内臓を支えるという大事な役割があります。

骨盤が開いたり歪んだりしていると、本来は正しい位置に支えられているはずの内臓が支えられずに下に下がってしまい、ぽっこりお腹になってしまいます。

 

ちなみに、今話題の骨盤矯正ケア用のショーツ「スリムシェイプ」は着けた方の92.3%が満足している人気商品です。

人気の理由は、「着けるだけ」で骨盤ケア&下半身ダイエットの効果が期待できるからです。

出産後、体型が戻らない方の愛用者も多く、

  • 着けるだけで効果がある手軽さ
  • 普段使いできる可愛いデザイン
  • 違和感がない着け心地

というコメントもあるように、現在人気の骨盤ショーツです。「着けるだけ」で効果が得られるなら、できるだけ早く試した方がいいですね。

 

産後ダイエットを始める最適な時期は?

産後ダイエットを始める最適な時期

産後ダイエットを行うのに最も適しているのは産後半年までの間。それには理由があります。

しかし、その時期を外すともう痩せられないということではありません。正しい知識を身につけて、恐れずに産後ダイエットに取り組みましょう!

産後ダイエットは産後2か月~半年の間に始めるのがベター

妊娠中は水分や脂肪を蓄えやすいホルモンバランスとなっていたものが、出産を終えて徐々に妊娠前のホルモンバランスに戻っていきます。

その時期が産後半年までの間。

脂肪自体は代謝を上げたりカロリー摂取量を抑えて消費していかなければ落とせないことは前述のとおりですが、産後半年までの時期はホルモンというブースターのおかげで痩せやすくなっているのです。

ただし、産後1か月は出産のダメージから体を回復させるが最優先の時期。

ここで無理をするとその後のママの体調にかなり影響します。産後ダイエットを始めるなら1か月検診でOKをもらってからにしましょう。

産後1年経っていても痩せることはできる!

産後1年近く過ぎちゃったし!もう手遅れなの?と焦っているあなた。

大丈夫です!

たしかに産後半年までの間が痩せやすいのは間違いありませんが、これからご紹介する方法をできることからコツコツ続けていくことで、少しずつ妊娠前の体型に戻していくことは可能です。

骨盤矯正は産後いつからできる?最適な時期や気になる効果・方法などを徹底解説

なんとなくいつも体調が優れない 腰が痛くて抱っこがつらい 産後すぐからの恥骨痛が治らない そんなに食べているつもりはないのになかなか痩せない もうすぐ職場復帰なのに体型が戻らない このような悩みは、骨 ...

産後の太もも・下半身太りを解消する5つの方法

産後の太もも・下半身太りを解消する5つの方法

では産後の太もも・下半身ダイエットに効果的な方法を5つご紹介します。この中で出来そうだと思ったものから取り組んでみてくださいね。

骨盤体操・エクササイズで筋力・基礎代謝アップ

産後1年経っていても効く骨盤体操・エクササイズをご紹介します。体操やエクササイズで筋力をつけて基礎代謝をアップすることは産後ダイエットに必須です。

テレビを見ながら、赤ちゃんと遊びながら行える簡単な体操ですが、継続すれば効果は期待できるものばかりです。まずはおしり歩き体操から始めてみてください!

おしり歩き体操

骨盤体操といえばおしり歩きというくらい代表的なものです。1日数回行えばOKです。

  1. 床にマットなどを敷き、足をまっすぐ伸ばして座る。
    (背筋をピッと伸ばし、足はしっかり閉じてつま先が天井を向くようにする)
  2. 腰をひねってお尻を左右に動かしながら、
    お尻で10歩前進→10歩後退→10歩前進
    を繰り返す。ロボットの動きを座って行うイメージです。
    (ひじをお尻と右腕を同時に前に出し、次に左のお尻と左腕を同時に前に出すような感じ)
  3. これを5分間続ける。

足をまっすぐ伸ばして行うのが難しい場合は、ヒザを曲げた状態から試してOK。足で進むというよりお尻で骨盤を押し出すように意識しましょう。

腰回し

この体操も骨盤矯正に効く代表的な体操です。腰痛改善や下半身のむくみにも効果的な体操なのでぜひやってみてください。

これも1日数回、気づいたときに行えばOKです。

  1. 肩幅に脚を開き、腰に手をあてる。
  2. 腰を左右交互に動かす。
  3. これを10回繰り返す
  4. 同じように今度は前後に10回腰を動かす
  5. 最後に、円を描くように骨盤を大きく1回まわす。
  6. 反対まわりも大きく1回まわす。

 

とおーい、ちかーい体操

赤ちゃんと一緒にできる簡単な体操です。

  1. 骨盤を立てて座り、膝を45度にまげて赤ちゃんを寝かせる。
  2. 赤ちゃんの頭が後ろに落ちないようにそっと支える。
  3. 息を吐きながら背中を丸めないようにゆっくりとおへそを丸めるようにして赤ちゃんに顔を近づける。
  4. 息を吸いながら骨盤をゆっくりと元の位置にもどす。
  5. この動きを数回繰り返す。

赤ちゃんとお話しながら行うといいですよ。

ねんねでばぁ体操

  1. 両足を開き、赤ちゃんを足の間に寝かせる
  2. 骨盤を立てて、膝を軽く持ち上げて座る
  3. 足先は自然な角度にしておく(あまり膝を高くしないようにする)
  4. 息を吐きながら股関節からゆっくり前屈する
  5. ももの後ろにハリを感じるようにする
  6. ももの裏側にハリを感じたらそのままの体勢で赤ちゃんと視線を合わせ、5つかぞえる
  7. 息を吸いながらゆっくりと上体を起こす

 

骨盤矯正(骨盤ベルト・骨盤ガードル・骨盤ショーツ)

骨盤の歪みは上記のような体操を継続して行ったり、整体、ヨガ、ピラティスなどで定期的に体を動かしたりすることで少しずつ改善していきます。

骨盤体操は自宅で簡単にできますが、整体などに外に行くのはなかなか難しいと感じるママは多いです。受けに行く時間もお金もかかるし、何より子供を預けるのも大変ですしね。

そのようなママの骨盤矯正をサポートしてくれるのが骨盤ベルトや骨盤ガードル、骨盤ショーツのような骨盤ケアグッズです。骨盤ケアグッズは着けることで骨盤の歪みや開きを矯正することができます。

着脱のしやすさや締め付けの度合いなどで好みのものを使えば問題ありませんが、なかでも骨盤ショーツは気軽に履きやすいのに骨盤矯正機能はしっかり備えているものもたくさん出ているのでおすすめです。

効果的な産後ダイエット法
産後の痩せない下半身に「骨盤ショーツの着るだけダイエット法」は本当に効果があるのか試してみた

「妊娠前に履いていたジーパンが入らない」 「体重は戻ったのに体型が戻らないのはなんで?」 「もうすぐ職場復帰なのに、お尻もお腹もへこまない…焦る…」 赤ちゃんが生まれて育児や家事に忙しい毎日。そんな日 ...

サプリ・青汁で便秘改善・デトックスで代謝アップをサポート

サプリや青汁は便秘改善・デトックスで代謝アップをサポートするという面で取り入れたいものです。赤ちゃんが泣いていて行きたいときにトイレに行けないことも多く、また食生活の乱れやバランスの悪さから便秘がちだというママの声も多く聞きます。

本来は食生活や生活習慣を改善したいところですが、それらをいきなり100点にすることはおそらく不可能。なので、まずはサプリメントや青汁・スムージーなどを取り入れて、体質改善の手助けをしてあげましょう。

また代謝アップをすることでエクササイズもより効果が出やすくなります。

産後ダイエットの定番

人気記事
【産後ダイエットには酵素サプリが効く】実感できる効果とおすすめ酵素まとめ

産後、いろいろダイエット法を試しているのになかなか痩せないのはなぜ? 育児や家事で忙しいから、できるだけ楽に痩せられる方法があればいいのに。。。 そう思うことはありませんか? 産後ダイエットといっても ...

食生活の見直し

できるだけバランスの良い食事を心がけましょう。基本は「まごわやさしい」です。

  • ま=まめ類、味噌、豆腐など
  • ご=ごま、ナッツ類
  • わ=わかめ(海藻類)
  • や=野菜
  • さ=魚
  • し=しいたけ(キノコ類)
  • い=いも類

とはいえ、こんなにしっかりとした食事を作るのも大変ですよね。

そんな時は、具沢山のお味噌汁と白いご飯、というのでも大丈夫。また、献立を考えるのが苦手なママは宅配食材を頼んでしまうのも手です。

規則的な生活

お子さんがまだまだ夜泣き続きだとなかなか難しいかもしれませんが、子供と一緒に早寝早起きをして3食バランスよく食べる生活を意識しましょう。

産後の下半身ダイエットの疑問

産後の下半身ダイエットの疑問

産後の下半身ダイエットに取り組むにあたって、あなたが気になっていることに答えます!

産後1年経っていても本当に痩せられるの?

産後1年経っていても痩せられます。

ただし、短期間で劇的に痩せることは無理ですし、そんな方法は危険です。上でご紹介した方法を、まずは1つからで良いので実践してみてください。

続けることで必ず痩せられます。

芸能人もやっている骨盤矯正ってホントに痩せる?産後に痩せない原因から分かった骨盤矯正のリアルな効果

産後に「さあ、妊娠前の体型に戻るぞ!」とダイエットに取り組むママは多いですよね。 だけど、なかなか思ったように痩せなくて悩んでいる人がとても多いのもまた事実。 産後にどんなダイエットをしても痩せないの ...

骨盤の歪みを直すとぽっこりお腹も解消する?

ぽっこりお腹の原因は骨盤の歪みや開きによって内臓が下がってしまっていること。骨盤の歪みを直すことで内臓は正しい位置に戻るのでぽっこりお腹は解消されます。

産後ダイエットの注意点

産後ダイエットの注意点

無理のない範囲で行う

産後1年経っていて、普通のダイエットは行っても大丈夫な時期ではありますが、無理は禁物です!

極端な食事制限やストイックすぎる運動は、体に負担がかかり体調を崩してしまいかねませんし、なかなか続けられません。過度なストレスをかけるとコルチゾールの影響で逆に太りやすくなって逆効果です。

あくまでも続けられる範囲で行いましょう。

小さなことからでOK!継続することが大事

産後ダイエットを制することができるのは、自分が続けられる範囲の内容を継続して行える人です。

  • おしり歩き体操を毎日5分必ず続ける。
  • 骨盤ショーツだけは毎日履く。
  • 間食を1回だけ我慢する。
  • サプリだけは毎日ちゃんと飲む。

など、小さなことを1つだけでもOKなので、継続することが大事です。

産後1年経ったママでもダイエットを成功させるコツ

産後1年近く経って早く痩せなきゃ、、、と焦りがあるママも多いかもしれません。

でも上記に書いた2点だけを守れば必ず効果は出てきます。おしり歩き体操が習慣になったら、もう一つ何かを追加するというイメージで、

一つずつ習慣化していきましょう。それが、産後ダイエットを成功させるコツですよ!

まとめ

一番初めにも書いた通り、短期間で劇的に痩せる産後ダイエットの方法はありません。

”小さなことからコツコツと継続”が基本です。

また、”できるだけストレスをためない”こともとても大事です。なので、

  • おしり歩き5分+骨盤ショーツを履く
  • 間食1回をダイエットスムージーに変更

など、まずはできそうなことから始めて習慣になるまで続けましょう!

それが産後の下半身太り解消への一番の近道です。

始めのうちはなかなかダイエットの結果が目に見えず嫌になったりイライラしたりもすると思いますが、今思い立って行動を始められたあなたはきっときれいママに近づいています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmamaneyをフォローしよう!

-産後に骨盤矯正したい

Copyright© Mamaney , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.