産後のニキビを治したい

ニキビ肌にも相性抜群!ミネラルファンデーションの4つの効果

更新日:

  • 肌荒れを悪化させるから、メイクはしない方がいい
  • 肌荒れがひどいからこそ、外出する時はメイクで隠したい

鏡の前で、この相反する2つの気持ちで思い悩んでいませんか?

ミネラルファンデーションは、肌にやさしく敏感肌にも使えることで知られていますが、それだけではありません。

ミネラルファンデーションは、「ニキビ肌でも使える」のではなく「ニキビ肌だからこそ使いたい」4の効果があります。

今使っているファンデーションをミネラルファンデーションに変えることで、赤みをやさしくカバーしながらニキビの悪化を防ぎ、肌バリア機能を回復させることができます。

あなたもミネラルファンデーションの特徴や使い方を知って、今までの厚塗りベースメイクとさよならして、キレイな素肌を取り戻しましょう。

人気記事
産後ニキビは化粧水で変わる!自分に合うスキンケア商品の選び方と人気商品5選

毎日のスキンケアの度に、鏡に映ったニキビ肌を見ては、 「なんとなく、出産してからニキビが増えてきた。。。ニキビの治りも遅くなっているし、産後のニキビはどうすれば治るのかな」 と産後ニキビに悩む女性はと ...

続きを見る

ミネラルファンーションとは?

ミネラルファンデーションは、「ミネラル」という言葉の響きから、肌に栄養を与えてくれるようなイメージがありますよね。

実際は、肌に栄養を与えるのではなく、肌への負担が少ないのがミネラルファンデーションです。

ミネラルファンデーションは、火傷の跡や手術の傷跡にも使えるように、医療用として開発されました。

最近のオーガニックブームもあってナチュラル派志向の方に人気ですが、意外にも歴史は古く、1970年代のアメリカが発祥です。

ミネラルファンデーションの主な成分と特徴

ミネラルファンデーションの「ミネラル」とは、酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄、マイカ、シリカなどの「天然の鉱物」を差しています。

主な成分 役割・特徴
酸化チタン 紫外線散乱剤や白色顔料として使われる。
酸化亜鉛 軽い白色の粉末。抗炎症効果があり、医薬品にも使われる。
酸化鉄 代表的な天然の顔料で肌への密着性が高い。
マイカ 原石である白雲母や金雲母からとれ、スベスベとしてツヤがある。
シリカ 石英、メノウ、ケイ藻土からとれ、日焼け止め製品にも使われる。

実はこれらの成分は、ミネラルファンデーションだけではなく、通常のファンデーションやアイシャドウなど、化粧品全般に昔から使われています。

ミネラルファンデーションと普通のファンデーションとの違い

ミネラルファンデーションも通常のファンデーションも、酸化チタン、酸化亜鉛など同じ成分が配合されていますが、決定的に異なるのは添加物です。

通常のファンデーションは、パウダー、リキッド、クリームなど様々なタイプがありますが、いずれも、カバー力や使用感を高めるための合成界面活性剤やシリコンなどが配合されています。

そして、酸化防止剤や防腐剤、合成着色料、香料など、ケミカルな成分が多数添加されています。

一方、ミネラルファンデーションは、そのような肌トラブルとなる化学成分が使われていません。

基本的には、ミネラル成分や天然由来成分100%で、水分や油分もほとんど含まれていません。

そのためミネラルファンデーションは、仕上げ用のフェイスパウダーのような粉状の商品で、軽いつけ心地であるのが特徴です。

ニキビ肌に最適なミネラルファンデーションの4つの効果

ニキビがある時は、できれば化粧はしない方がいい。それは分かっているけど、ニキビがあるからこそノーメイクでは外出できませんよね。

そんなあなたのニキビ肌に最適なのが、このミネラルファンデーションです。

石鹸で落とせてクレンジング剤が不要

ミネラルファンデーションは、肌に大きな負担をかけるクレンジング剤を使う必要がありません。

通常のファンデーションのように油分を含まないので、洗顔料でキレイに落とすことができます。

メイクを綺麗に落とすために、念入りなクレンジングをすると

  • メイクを落とすだけでなく、肌に必要なうるおいや皮脂も奪ってしまう
  • 皮膚のバリア機能が低下し、外からの刺激に弱くなり、ターンオーバーも乱れる
  • 乾燥から肌を守ろうと、過剰に皮脂が分泌される

つまり、クレンジング剤で、ますますニキビができるという悪循環におちいってしまうのです。

ミネラルファンデーションが、このようなクレンジング剤を使わずに落とせるというのは、ニキビ肌にとって、とても大きなメリットですね。

関連記事
ニキビ肌の正しい洗顔方法と洗顔料選びで失敗しない3つのポイント

ニキビが治ってきても、また新しいニキビができてしまって、常にニキビがある状態… もしかして、洗顔で汚れを落としきれてないから、ニキビが治らない? それとも、今の洗顔方法は産後の肌に負担になっているから ...

続きを見る

毛穴をふさがないので肌への負担が少ない

ミネラルファンデーションは、油分やシリコンを含まないので、毛穴をふさいでしまうことがありません。

通常のファンデーション、特にリキッドやクリームタイプは、カバー力が高い代わりに毛穴をふさいでしまいます。

そして、今あるニキビを悪化させるだけでなく、新しいニキビもできやすくなってしまいます。

ミネラルファンデーションは、とても軽いつけ心地で、細かな粒子が肌のキメを整え、素肌っぽいキレイな肌に仕上がります。

しかも、肌から分泌された皮脂をパウダーが吸着してくれるので、化粧崩れしにくいのも特徴です。

主成分の酸化亜鉛は抗炎症作用あり

ミネラルファンデーションの主成分の1つである「酸化亜鉛」は、あせもや火傷、ニキビなどの炎症を抑える作用があります。

赤ニキビやニキビ跡の炎症を、やわらげてくれます。

ただし、酸化亜鉛はステロイド剤ほどの抗炎症効果はなく、殺菌作用もありません。

メイクしながら、ついでに少しずつ炎症が治まっていくなら、一石二鳥で嬉しいですよね。

敏感肌でもOKの日焼け止め効果あり

ミネラルファンデーションの主成分である酸化チタン・酸化亜鉛・酸化鉄・シリカは、いずれも敏感肌にも使える紫外線散乱剤の効果があります。

UVカットは大きく分けると

  • 肌荒れしやすい紫外線吸収剤
  • 肌にやさしい紫外線散乱剤

の2つがあります。

紫外線吸収剤は化学合成された成分であり、紫外線を吸収する際に化学反応が起こります。そのため、敏感肌の人には肌荒れの原因になってしまうことがあります。

その点、紫外線散乱剤は紫外線を跳ね返す天然成分であり、肌への刺激が少ないのが特徴です。

ニキビ肌は、紫外線によるダメージを受けやすい状態になっているので、UV対策は必須です。

ミネラルファンデーションでメイクをしながら、肌に負担をかけずUVカットができるのが嬉しいですね。

ただし、ミネラルファンデ―ションはSPF20~30 PA++程度の商品が一般的なので、対応できるのはあくまでも日常生活のUVカットです。

もし、アウトドアレジャーなどで長時間紫外線に当たる場合は、日焼け止め効果の高い下地と併用しましょう。

ミネラルファンデーションのデメリットと注意点

いいことずくめのミネラルファンデーションですが、はやりデメリットも存在します。

初めてミネラルファンデーションを使って「思っていたのと違う…」とならないためにも、デメリットと注意点を解説しておきます。

カバー力が弱い

通常のファンデーションと比較すると、やはりカバー力は劣ります。

シミやニキビ跡など、気になる部分を完全に隠すことは難しいですが、肌そのものの質感を良くすることで目立たなくしてくれます。

コンシーラーやファンデーションの重ね付けをすると、かえってアラが目立って、肌が汚い印象になってしまうことがありますよね。

その点ミネラルファンデーションなら、重ね付けしても厚塗り感が出ないので、ある程度カバーしながら自然な仕上がりが実現できます。

毛穴やしわ、くすみに関しては、通常のファンデーション以上に美しくカバーしてくれます。

品質のバラつきに注意

実は、ミネラルファンデーションと記された商品の中には、保存料や合成着色料などの化学成分がたっぷり添加されているものが存在します。

そもそも、ミネラルファンデーションと名乗るための基準が定められているわけではないのです。

ミネラル成分が少ししか含まれていなくても、商品パッケージに「ミネラルファンデーション」と書くことで売れやすくなるため、そのような商品が出回っているのが現実です。

  • 多少高くても信頼できるメーカーを選ぶ
  • 成分表をしっかり確認する

ということに気を付けましょう。

ニキビなどの肌トラブルを早く治すためにも、肌に直接つけるものは慎重に選ぶことが大切です。

粉の飛散と吸い込むリスク

ミネラルファンデーションの多くは粒子が細かいサラサラのパウダーなので、ブラシで肌に乗せてる際に、粉が舞って吸いこんでしまうリスクが一部では指摘されています。

やはり、コンパクトタイプのパウダーファンデやリキッドタイプと比較すると、粉が舞いやすいのが特徴です。

ただこれは、パウダータイプのチークやアイシャドウをブラシで塗る時も同様です。

このような、空気中のパウダーを吸い込むことによる健康被害への対策は、商品の製造工場で働いている人にとっての課題であり、一般ユーザーが使用する範囲では問題ありません。

どうしても気になる場合は、

  • ブラシに粉をつけすぎない
  • 空気清浄器や扇風機の近くでメイクをする
  • ブラシで塗る間は息を止める

といった対策をとることで、吸い込む量を減らすことができます。

「つけたまま寝てもいい」は本当?

ミネラルファンデーションの商品によっては、「つけたまま眠れる!」「寝化粧しながらスキンケア」などとうたっているものがありますが、そのまま真に受けないようにしましょう。

「メイクを落とさなくていい」とか「むしろ寝ている間も化粧をしていた方が肌がきれいになる」と捉えてしまうのは、ちょっと危険です。

  • 通常のファンデーションと比較すると、つけたまま寝ても肌への負担が少ない
  • どうしても寝化粧をしたいときは、ミネラルファンデーションの方がよい

このように考えましょう。

ミネラルファンデーションであっても、時間が経つと、皮脂や汗、ホコリ、と混ざり合って、徐々に雑菌も増えますので、きちんと洗顔をして落としましょう。

ミネラルファンデーションなら、クレンジング剤を使う必要がないので、疲れた夜でも簡単にメイクオフできますよ。

金属アレルギーの人は要注意

ミネラルファンデーションの「ミネラル」とは、自然界にある金属の一種です。

そのため、金属に肌が敏感に反応してしまう方は、使う前に必ずパッチテストをしたり、かかり付けの皮膚科医に相談しましょう。

ミネラルファンデーションに含まれる酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄、マイカ、シリカなどは、一般的な日焼け止めや化粧品全般にもよく使用されています。

特定の化粧品にかぶれた経験がある場合は、成分表を確認してみて下さい。

ミネラルファンデーションの使い方のコツ

ミネラルファンデーションの特徴を理解して、使い方のコツをおさえることで、より満足度の高い仕上がりを実現することができます。

もし、過去にミネラルファンデーションを使って満足できなかったという方も、改めて使い方のコツをチェックしてみて下さい。

ミネラルファンデーションに最適な下地

粒子が細かいパウダータイプのミネラルファンデーションは、基本的に下地は不要です。

洗顔後に、いつも使っている化粧水や保湿剤等でお肌を整えるだけでOKです。

ただし、スキンケア直後で肌がベタ付いた状態だと、ムラになってキレイに仕上がらないことがあります。

ミネラルファンデーションを美しく仕上げるためには、

  • サッパリとした仕上がりの基礎化粧品を選ぶ
  • 保湿剤はしっかりと馴染ませ、肌がサラサラになってから塗る
  • メーカー推奨の下地用パウダーを使う

このようなコツがあります。

必要に応じてUVカット効果がある下地を使っても、もちろん大丈夫です。

レビュー
ファンケル アクネケアは産後ニキビに効果なし?使って分かったメリット・デメリット

無添加で有名なファンケルのニキビ専用スキンケア「アクネケア」。 「大人ニキビはもちろん、思春期ニキビにも使える」とのことですが、ホルモンバランスの影響を受けてる産後ニキビにも効果はあるのでしょうか? ...

続きを見る

カブキブラシの上手な使い方

ミネラルファンデーションで仕上がりよくメイクするためには、カブキブラシの扱い方がポイントになります。

  • ごく少量のパウダーを、ブラシ全体にまんべんなく付ける
  • 肌の上でブラシをクルクルと動かす
  • ブラシはまめに洗って清潔に保つ

この3つがポイントになります。

ミネラルファンデーションの人気メーカー「レイチェルワイン」の公式サイトには、イメージしやすい画像付の解説ページがありますので、そちらもご覧ください。

クマ・シミ・ニキビ跡のカバー方法

ミネラルファンデーションは厚塗り感が出ずナチュラルに仕上がるので、何度か重ねづけすることで、お肌の悩みをカバーすることができます。

くすみや毛穴、小じわなどは、普通のファンデーションよりもミネラルファンデーションの方が、仕上がりよく自然にカバーしてくれます。

肌全体の印象がアップすることで、多少のシミやニキビ跡は気にならなくなります。

ただ、濃いシミやクマ、真っ赤なニキビ跡などを完全に消すことは難しいので、どうしてもお肌のアラを隠したい場合は部分的にコンシーラーを併用しましょう。

ミネラルファンデーションと一緒に、部分用コンシーラーも製造・販売しているメーカーがあります。

  • ミネラルファンデーションとコンシーラーを同じメーカーでそろえると、質感や色合わせがしやすい
  • 肌負担が少ないコンシーラーが用意されているので、ニキビ肌にも安心して使える

といったメリットがありますよ。

肌にやさしい人気のミネラルファンデーション

肌の刺激になる添加物を徹底的にカットした、高品質のミネラルファンデーションで、特に人気がある3つをご紹介します。

いずれも国産ミネラルファンデーションで、日本人の肌色に合うカラーバリエーションが用意されています。

是非、あなたにピッタリのミネラルファンデーションを見つけ、肌への優しさと仕上がりの違いを実感して下さい。

【人気No.1】ブラシがかわいいレイチェルワイン

レイチェルワイン

  • SPF27 PA+++
  • 12色のカラーバリエーション
  • 30日間の返金保証あり
  • 送料無料1,980円(税込)のトライアルセットあり

送料無料1,980円(税込)のトライアルセットに、定価4,536円のカブキブラシがセットでついてきます。

このカブキブラシは、とても優しい肌触りと耐久性、衛生面も兼ね備えた高級人工毛です。

薄紫色の毛先と持ち手の花柄が可愛くて、メイクタイムが楽しくなりますよ。

レイチェルワインの詳細はこちら

ニキビ肌のために作られたエトヴォス

ETVOS(エトヴォス)

  • SPF30 PA++
  • 4色のファンデーションカラー
  • 返品は未開封のみで商品到着後8日以内
  • 送料無料1,800円(税抜)のスターターキットあり

ミネラルファンデーションスターターキットなら、5,800円相当が送料無料で1,800円(税抜)です。

2,000円相当のフェイスカブキブラシや、下地や夜用ファンデとしても使えるナイトミネラルファンデーションもセットでついてきます。

返品については、未開封のみ商品到着後8日以内、しかも送料自己負担という点にご注意下さい。

ETVOS(エトヴォス)の詳細はこちら

使いやすいパフタイプのヴァントルテ

VINTORTE

  • SPF25 PA++
  • 選びやすい5色のファンデーションカラー
  • もし肌トラブルが出た場合は、30日間の全額返品保証付
  • 送料無料3,300円(税抜)の初回限定特別セットあり

ブラシではなくパフで乗せるタイプの商品で、使いやすいのが人気のヴァントルテ。

天然ミネラル成分に加えて、保湿力が高いピュアシルクが配合されているので、乾燥肌の方でも潤いやすいのが特徴です。

VINTORTEの詳細はこちら

まとめ

ミネラルファンデーションならメイクを我慢する必要もなく、むしろニキビ肌だからこそ使いたい、うれしい効果がたくさんあります。

メイクをする時間もメイクを落とす時間も短くて済むので、産後の忙しいママとの相性もバッチリです。ファンデーションが赤ちゃんの肌に触れても安心ですね。

普通のファンデーションでは味わうことができない素肌のような感覚と、素肌よりもきれいな肌を、あなたも手に入れて下さい。

鏡の前でため息をつきながら、罪悪感に満ちた気持ちでメイクをするのは、これでおしまいです。

お気に入りのミネラルファンデーションで、楽しくてワクワクするお化粧タイムになりますように!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmamaneyをフォローしよう!

-産後のニキビを治したい

Copyright© Mamaney , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.