産後のカラダを引き締めたい

【意外と知らない】HMBサプリとプロテインの決定的な違い

更新日:

HMBサプリ

HMBサプリとプロテインを似ているものと思っている方が多いようですが、実はHMBサプリとプロテインは役割が全然違い、全く別物です。

二つの違いを解説すると、

  • プロテイン:筋肉の材料
  • HMBサプリ:筋肉の合成を促進する司令塔

以上のような違いがあります。

また、ダイエットやカラダを絞る目的で飲む場合、プロテインが向いている人・HMBサプリが向いている人というように、どちらが適しているのかも変わってきます。

そこで今回は、プロテインとHMBサプリの効果・飲み方の違いについて解説していきます。それぞれの違いを知っておくことで、これからのダイエットにも生かせるので、ぜひ読んでみてください。

特に、「妊娠前の理想的な体型に戻りたい!」とお悩みの産後ダイエットに奮闘中の方は、ぜひご覧ください。

なぜHMBサプリが効果的なのかをじっくり解説します。

HMBサプリのおすすめ
【産後ママにもおすすめ】「配合成分・安全性・飲みやすさ」で厳選した女性向けHMBサプリランキング(最新版)

妊娠前の体型に戻りたいから、トレーニングを再開したけど、できるだけ早く結果を出したい! そんなママに効果的なダイエット法は、「HMBサプリ+ちょっとした運動」を組み合わせたシェイプアップ法です。 HM ...

続きを見る

HMBサプリとプロテインの成分の違い

広告で、「プロテイン〇〇杯分のHMBを凝縮!」というようなものをよく見かけます。ここで疑問に思うのが、HMBサプリとプロテインは同じ成分なのか?ということですよね。

HMBサプリを初めて飲む人は、HMBサプリとプロテインの違いで頭が混乱します。

詳しい説明に入る前に、HMBサプリとプロテインの成分の違いを説明すると、

  • プロテイン:タンパク質の塊
  • HMBサプリ:必須アミノ酸であるロイシンの代謝物質

こんな感じですね。詳しい成分などに違いはあるものの、そこまで詳しく理解しておく必要はなく、今は、これだけ覚えていれば問題ありません。

プロテインはタンパク質全般を摂取できる

プロテインというのは、ギリシャ語なのですが日本語訳すれば「タンパク質」です。ですので、プロテインはタンパク質の塊ということになりますね。

よく、プロテインは「何か悪い物質」と思っている人もいますが、ただのタンパク質なのです。肉や魚を食べるのと一緒ですね。

プロテインはタンパク質全般を摂取できるものなのです。タンパク質は分解されると、ペプチド→アミノ酸というふうに姿を変えて体内に吸収されます。

それじゃあ、「プロテインじゃなくて肉や魚をたくさん食べればいいのでは?」って思いますよね。

でも、肉や魚からタンパク質を摂取するには大量に食べないといけません。それに、余計な脂質も多く含まれてしまいますからね。

だから、効率よくタンパク質を摂取するためにプロテインを飲んでいるのです。ただ、ダイエット目的なら普段の食事から摂取できるタンパク質で十分なので、プロテインは飲まなくて大丈夫ですよ。

HMBサプリは必須アミノ酸であるロイシンの代謝物質

HMBサプリの主成分である、HMBは必須アミノ酸のロイシンの代謝物質です。実は、HMBはプロテイン(タンパク質)と関りがある成分なのです。

先ほど、タンパク質は、ペプチド→必須アミノ酸というように分解されると言いました。この必須アミノ酸の1種であるロイシンがさらに分解されることで、HMBが生成されるのです。

ですから、プロテインとHMBは遠い親戚のような関係ですね。

それなら、プロテインを飲めばHMBも摂取できるのでは?」と疑問を持つでしょう。しかし、HMBはロイシンの5%しか生成されません。

もし、HMBを3g摂取しようと思うとロイシンは60gも摂取しないといけません。これをプロテインに換算すると、約20杯分になるというわけです。

これが、広告で「プロテイン〇〇杯分のHMBを配合!」と言われる理由ですね。

プロテインからだと、HMBを効率よく摂取できないので、HMBに特化したHMBサプリが作られたということです。

HMBサプリとプロテインの効果の違い

次は、効果の違いについて解説していきます。

プロテインも、元をたどればHMBに行きつくんだし効果も同じじゃないの?」って思うかもしれませんが、全然違います。

この効果の違いがわかれば、ダイエットにはどちらが効果的かマッチョになるにはどちらが効果的か、理解できるようになります。

もし、全くわからず雰囲気や値段で決めていると、効果が出ず損をすることになるので、しっかり理解してくださいね。

プロテインは主に筋肉の材料に

プロテインの主な効果は、筋肉の材料になることです。タンパク質を通常よりも、プロテインで多く摂取することで筋肉が大きくなりやすくなります。

筋肉の材料が体内で増えれば、筋トレをしたら筋肉が大きくなりやすいですよね。ですので、プロテインはゴリゴリのマッチョになりたい人向けということになります。

また、タンパク質(プロテイン)は生きていく上で、必須の栄養素です。炭水化物・脂質・タンパク質は、三大栄養素です。

皮膚や髪の毛、内臓などもタンパク質が原料となっています。でも、必須の栄養素であるからといって、プロテインを飲む必要はありません。

普段の食事から摂取しているタンパク質で十分足りるので、ダイエットのために飲む必要はないですよ。

HMBサプリは筋肉の分解を抑える指令役

HMBサプリにはいくつか、期待できる効果があります。

  • 筋力増強
  • 筋肉合成促進
  • 筋肉の分解を抑制

以上のような効果があります。主な効果としては、筋肉の分解を抑える効果ですね。HMBサプリの最大の魅力と言っていいでしょう。

筋肉というのは、日々生活しているだけでも分解されてしまいます。運動をしているときや寝ているときでも、筋肉が分解されてしまいます。

そして、筋肉が減れば、基礎代謝が悪くなり太りやすく痩せにくい体になってしまうのです。

しかし、HMBサプリを飲むことで、筋肉に「分解を抑えろ!」と指令を与えてくれ筋肉の分解を抑えてくれます。

これにより、無駄な筋肉の分解を防ぐことができるので、運動と併用することで痩せやすく太りにくいボディが手に入るというわけですね。

HMBサプリ・プロテインのメリット・デメリット

どんなものにも、メリット・デメリットが存在します。完璧な商品なんて存在しません。もちろん、HMBサプリ・プロテインにもメリット・デメリットが存在します。

それらを比べたうえで、どれが自分に合っているのか選択することが、失敗しない商品選びのやり方です。いろいろなサイトでおすすめされているからといって、全ての人に合うとは限りません。

あなたのなりたい将来や価格などを天秤にかけて、最適な商品を選びましょう。

プロテインのメリット

プロテインのメリットをいくつか挙げると

  • タンパク質を効率よく摂取できる
  • 低価格でコスパ良し
  • 薬局やスポーツ店でも購入可能
  • チョコやバナナ味などフレーバーが豊富

以上のようなメリットがあります。

なんといっても、プロテインの最大のメリットはタンパク質を効率よく摂取できることですね。筋肉を増やしたい人は、1日に体重の1.5~2倍グラムのタンパク質を摂取しないといけません。(60kgの人なら90g~120g)

これって、食事からだと大量の肉や魚を食べないといけなくて、挫折してしまいます。だから、プロテインで効率よくタンパク質を摂取しているのです。

でも、ダイエット目的なら普段の食事で十分タンパク質を摂取できているので、無理に飲む必要はありませんよ。

また、プロテインはスポーツ店や薬局など、販売しているところが多いのもメリットですね。なくなっても、すぐに買いに行けるのはありがたいです。

プロテインのデメリット

逆に、プロテインのデメリットを挙げると

  • まずいプロテインも多い
  • シェイカーでシェイクするのがめんどう
  • ジムなどに持ち運びにくい
  • 1杯約100kcalとダイエットには不向き

以上のようなデメリットがあります。

一番のデメリットは、「プロテインの味」ですね。チョコやバナナ味など種類はたくさんありますが、飲めたもんじゃないものも多くあります。

そのようなまずいプロテインに当たってしまえば、結局飲まなくなり挫折するでしょうね。ですので、プロテインを選ぶ際は、ネットで味の評判をチェックしてから購入することをおすすめします

また、プロテインはシェイクするのが面倒です。シェイカーに入れて持ち運ぶと、かさばるのでジムで飲むのもめんどくさくなってしまいます。

そして、プロテインは1杯約100kcalあるので、ダイエットに向いているとは言えませんね。それを1日に何回も飲んでいると、気づいたら300kcalほどになってしまい、ダイエットにも逆風ですよ。

HMBサプリのメリット

HMBサプリのメリットを挙げてみると

  • 1回約4~7kcalと低カロリー
  • HMB以外にも美容成分などを効率的に摂取
  • 錠剤・顆粒タイプが多く飲むのが簡単
  • 1日1回飲むだけ

HMBサプリの最大のメリットは、HMBはもちろん他にもイソフラボンやビタミン類など一気に摂取できる点ですね。

普通なら、イソフラボンはイソフラボンサプリ、ビタミンならビタミン剤というように別々で購入しないといけませんが、その必要がありません。

まさに、オールマイティーなサプリと言えます。いろいろなサプリを併用するのはめんどくさい!という人にはうってつけのサプリですね。

また、ダイエットをする上で低カロリーというのも嬉しいです。4~7kcalとプロテインの25分の1のカロリーなので、ダイエットにはもってこいです。

さらに、HMBサプリのほとんどは錠剤・顆粒タイプが多く飲みやすいのも特徴的です。ジムに行ったときや食後にサッと飲めるのは忙しい女性にはありがたいですよ。

HMBサプリのデメリット

HMBサプリのデメリットを挙げると

  • 価格が割高
  • 基本的に通販でしか買えない
  • 定期コースがほとんど

以上のようなデメリットがあります。主にお金関係ですね。プロテインは、ひと月3000円ほどですがHMBサプリは5000円ほどと割高になっていますね。

また、通販の定期コースがほとんどなので、継続して購入しないといけません。お試しができないのは辛いですね。

しかし、HMBサプリやプロテインなどは、数か月継続しないと効果が出ません。1ヵ月で効果が出るなんて、まずないですよ。

体に変化が出てくるのは、だいたい3ヵ月程度継続してからになります。だから、結局は継続して購入したいといけません。

定期コースで継続して購入すれば、2ヵ月目以降は「〇〇%オフ」で購入できることがほとんどなので、お得に購入できますよ。

HMBサプリ・プロテインが向いている人の特徴

先ほどは、HMBサプリ・プロテインのメリット・デメリットについて解説してきました。

次に疑問に思うのが

  • どんな人がプロテインに向いているの?
  • どんな人がHMBサプリを飲むべきなの?

こんな疑問を抱くことでしょう。やっぱりどんなモノにも向き不向きは存在します。

自分自身で、HMBサプリ・プロテインどちらに向いているか考えながら読み進めてくださいね。

プロテインはムキムキになりたい人向き

プロテイン向いている人は、ボディビルダーのようなムキムキになりたい人向けですね。

筋肉を大きくしようと思うと、大量のタンパク質が必要になってきます。そんなときに活躍してくれるのが、プロテインです。

プロテインで効率的にタンパク質を補給し、激しいトレーニングを繰り返すことで筋肉が太く大きく成長してくれます

ですので、「筋肉を大きくしたい!」という人以外は基本的に飲む必要はありません。

しかし、普段の食事でタンパク質が足りない人は、プロテインを飲むべきですね。忙しくてカップラーメンしか食べれていなかったり、栄養が偏っているならプロテインを飲みましょう。

タンパク質は、筋肉だけでなく髪の毛・内臓・皮膚の原料です。タンパク質が不足してしまうと、髪の毛や肌が痛んでしまうので意識的に摂取しましょうね。

HMBサプリはダイエットしたい人向き

HMBサプリは、ダイエットをしたい女性に向いています

プロテインは1杯約100kcalありますが、HMBサプリはわずか4~7kcalで済むからです。余計なカロリーを摂取することがないので、ダイエットがはかどりますよ。

また、HMBサプリを飲むことで筋肉の分解を抑えることができるので、代謝が悪くなることがありません。置き換えダイエットなどをしていると、炭水化物などを極力避けますよね。

でも、それがかえって筋肉の分解を促してしまうので、代謝が悪くなってしまうのです。だから、一時的に痩せてもリバウンドしやすくなるのです。

その点、HMBサプリは変に食事制限することがないですし、筋肉の分解も抑えてくれるのでダイエットに最適なのです。

理想はプロテインとHMBサプリの併用

理想を言うならば、プロテインとHMBサプリの併用が望ましいですね。

運動前にHMBサプリを飲み、おやつ代わりにプロテインを飲めば、筋肉の分解を抑えつつ筋肉を成長させることが可能なので、単体で飲むよりも太りにくいスポーティーな体に変わります

プロテインは1杯約100kcalですが、普通にお菓子やパンを間食で食べるよりも、低カロリーですからね。

ただ、プロテインとHMBサプリの併用はめんどくさいので、挫折しやすいです。飲む回数も飲む手間も増えてしまうので、子どもの世話で忙しいときなどは忘れやすいです。

また、お金も多くかかってしまうので経済的とも言えないですね。

ですので、ダイエット目的ならまずはHMBサプリだけで十分です。HMBサプリは、HMBだけでなく疲労回復効果のあるBCAAやビタミン類など、豊富な栄養素が配合されいるオールマイティーサプリなので。

継続することが大事なので、1つに集中する方がいいですよ。

HMBサプリのおすすめ
【産後ママにもおすすめ】「配合成分・安全性・飲みやすさ」で厳選した女性向けHMBサプリランキング(最新版)

妊娠前の体型に戻りたいから、トレーニングを再開したけど、できるだけ早く結果を出したい! そんなママに効果的なダイエット法は、「HMBサプリ+ちょっとした運動」を組み合わせたシェイプアップ法です。 HM ...

続きを見る

HMBサプリとプロテインの飲み方の違い

HMBサプリとプロテインには飲み方の違いがあります。基本的にどちらもいつ飲んでも問題ありません。

しかし、やっぱり効果を最大限引き出すには、飲み方は意識するべきです。せっかくお金を払って飲んでいるからには、最大限の効果を出したいですよね。

そのためには、適切な飲み方で飲まないといけません。適当に飲んで、効果がいまいち出なくてダイエットがスランプに陥らないためにも、この段落で飲み方を吸収してください。

プロテインは1日に何度も飲む

プロテインは、一日に何度も飲みます。ボディビルダーのようなマッチョになりたい人なら、一日に5回は最低でも飲んでいますね。

激しいトレーニングで筋肉を追い込むので、栄養補給が必須です。特に、トレーニング前とトレーニング後には欠かさずプロテインを飲みます

ゴールデンタイムと言って、トレーニング後45分はタンパク質の吸収率がアップするので、トレーニング後すぐに飲むべきですね。

また、とにかく、筋肉の材料であるタンパク質を補給しておきたいので、おやつ代わりや寝る前などにも飲んでいます。だから、どこへ行くときもプロテインを持ち運んでいますね。

職場に持っていく人もいるほどです。

プロテインは、トレーニング前後+間食が飲み方の基本です

HMBサプリは1日1包と少な目

HMBサプリはというと、顆粒タイプの場合一日1包が基本です。プロテインに比べて飲む回数が少ないので、すごく楽ですね。これなら、毎日でも続けられますよ。

飲むタイミングは、基本的に運動前に飲むのがベストです。運動前にHMBサプリを飲んでおくことで、血液中のHMB濃度を高めることができ、運動中の筋肉の分解を抑えてくれるからです。

ですので、ジムでの運動だけじゃなくて、子どもの送り迎えやスーパーへの買い物をする場合、その前に飲むことをおすすめします。

いちいちそれすら考えるのがめんどくさいという人は、一日の活動前に飲むのがいいですね。(起床後や朝食後など)

HMBサプリだけでなく、プロテインにも言えることですが継続しないと意味がないので、自分が忘れにくい時間に固定して飲むのがいいでしょう。

まずは、毎日継続して飲むことを意識してください。

HMBサプリとプロテインの副作用について

HMBサプリやプロテインを購入する上で、ある意味一番気になるのは「副作用」ではないでしょうか。

女性は男性よりも、抜け毛やニキビが増えるなど、心配する項目が多いですよね。せっかくダイエットに成功しても、ニキビが増えたり抜け毛が増えれば、ママ友に顔も合わせられないですからね。

この段落では、それぞれに副作用があるのかどうか解説していきます。

プロテインは飲みすぎると肝臓・腎臓の負担に

プロテインは、食品に分類されるので基本的に副作用はありません

しかし、プロテインの過剰摂取は危険です。タンパク質(プロテイン)は、過剰摂取すると余った分は窒素に変換されます。窒素を体外に排出するには肝臓・腎臓の働きが必要になってきます。

体内の窒素は、アンモニアに変換されます。もちろん、アンモニアは有害物質です。そのため、肝臓で尿素に変換され腎臓から尿として排出されます。

だから、タンパク質を過剰摂取するということは、肝臓や腎臓を酷使するということになるのです。そうすると、内蔵疲労を起こしてしまい、支障をきたす可能性もあります。

正確な研究結果はありませんが、健康を守るためにもプロテインの過剰摂取はやめましょう。

HMBサプリは基本的に副作用はない

HMBサプリも、食品に分類されるので基本的に副作用はありません

そもそも、HMBは人間の体内でも日々生成されているのです。1日0.2g~0.3gと微量ですが、毎日生成されています。だから、怪しい成分でもなんでもありませんよ。

日本で発売され始めたのが、2010年と新しいので不安に思う人もいますが、副作用の心配はありません。

女性の場合、ニキビやホルモンバランスの乱れなど心配すると思いますが、そのような女性特有の悩みに影響を与えることもありません

また、HMBという成分は最後まで分解された成分なので(タンパク質の場合ペプチド→アミノ酸と分解される)、プロテインに比べると内臓に負担がかかりくいです。

関連記事
HMBサプリの副作用
【女性が飲んで大丈夫?】HMBサプリの副作用をとことん解説

女性にとって、HMBサプリを飲む上で一番気になるのが副作用です。 口に入れるものですから、副作用には慎重になるものですね。最近はニュースでも、サプリ関係で体調不良・病気になったという話題もチラホラ出て ...

続きを見る

どちらも過剰摂取はNG

プロテインもHMBサプリも基本的に副作用はありませんが、どちらも過剰摂取は危険です。

どんな食べ物でも、食べ過ぎれば体を壊しますよね?水だって飲みすぎれば、水中毒で死の危険もあるほどです。

水でさえ過剰摂取すれば命の危険があるのですから、HMBサプリやプロテインも過剰摂取するべきではありません。

妊娠を期に太りすぎて、今の自分が嫌になって早く痩せたい気持ちはわかります。ただ、過剰摂取しても早く痩せることは絶対にありません

まず、簡単に早く痩せる方法は存在しません。「1ヵ月で-〇〇kg達成!」というのは幻想と思っていてください。地道にコツコツが健康的にも一番です。

ですので、用法用量は必ず守りましょう。

まとめ

プロテインとHMBサプリは、効果や役割など意外と違います。

プロテインはマッチョ向けですが、HMBサプリはダイエット向け(女性向け)と言えますね。

HMBサプリなら、一日1包飲むだけで済みますしいちいちシェイクをする必要もなく、とにかく簡単に飲めるのです。しかも、HMBだけでなく、美容成分も豊富に含まれており一石二鳥ですよ。

しかし、今やHMBサプリは20種類以上も発売されており、どれがおすすめなのかわかりません。配合されているHMB含有量や成分も商品によって違うので、余計混乱しますよね。

自分にピッタリのHMBサプリを選んで、妊娠前以上に引き締まった体型を手に入れましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmamaneyをフォローしよう!

-産後のカラダを引き締めたい

Copyright© Mamaney , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.