産後に増えたシミを消したい

ビタミンC誘導体は産後のシミケアに効く?5つの効果と2つのデメリット

更新日:

「ビタミンC誘導体の効果って本当にあるのかな・・?」
「産後のシミケアにも効くのかなぁ・・?」

産後のスキンケアに効果的な方法を調べていると、「ビタミンC誘導体」という言葉をよくみます。

この成分は美肌ケアやニキビケアなどに効果的な成分として注目されていますが、一方でデメリットもあります。特に、敏感肌の方は、メリットとデメリット両方知ってからビタミンC誘導体を使用しないと肌トラブルの原因になります。

しかし、逆に言えば、正しい使い方をすると、肌の悩みを解決させる優れた効果が期待できます。

そこで、この記事では、産後のスキンケアには必須の栄養素であるビタミンC誘導体について、詳しく解説します。

産後に増えたシミのケアは時間との勝負!正しい知識を持ち、産後のシミに負けない綺麗な肌を取り戻してくださいね。

今からでも間に合う!産後にシミが増えた原因と自宅で簡単にシミを消すスキンケア

『あれっ!これってシミだよね?』 『出産してから急にシミが増えた気がする!どうにかならないの!?』 ある日、鏡に写った自分の肌に「今まで無かったシミ」が出来ていて、愕然とした経験はあなたにもありますか ...

続きを見る

ビタミンC誘導体とは?

ビタミンC誘導体とは熱や光、時間の経過で起こる酸化や水分に溶けやすい性質のビタミンCを安定させるために改良された成分です。

ビタミンCがメラニン色素の抑制やニキビの改善、活性酸素の除去等、お肌に嬉しい成分であることは昔から言われてきました。

美肌や美白に必要不可欠な成分がビタミンCですが、残念ながらビタミンCは空気に触れると酸化しやすい性質があり、お肌へ直接塗ることはタブーとされていました。

そこで、開発されたのがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体とすることで、様々な化粧品やスキンケア等に使用することが出来るようになりました。

お肌への浸透を安定させる

ビタミンC誘導体はお肌への浸透に優れ、お肌の角質層まで届きます。

そして、角質層まで届いたビタミンC誘導体はお肌の中でビタミンCに変化しシミや色素沈着の原因になるメラノサイトへ働きかけ効果を発揮します。ビタミンC誘導体で隠れシミや新たにできてしまったシミのケアにも効果的なのです。

ビタミンC誘導体は角質層でビタミンCに変化すると、シミや美白効果油分コントロール等、長時間保ちながら留まってくれるので、美肌のビタミンと呼ばれています。

ビタミンCとの違い

ビタミンCは抗酸化作用に優れています。しかし残念ながらビタミンCは空気に触れると酸化してしまい、逆にシミの原因の1つである活性酸素を作り出してしまいます。

直接お肌に塗ってもビタミンCは肌の奥へは届きません。ですが、ビタミンC誘導体はお肌の奥の角質層まで安定して届き、シミやくすみの改善に有効なのです。

ビタミンC誘導体の3つの種類とそれぞれの特徴

ビタミンC誘導体には3つの種類があり、それぞれメリットとデメリットがあるので、使い分けすることが肝心になります。

化粧品や医薬部外品の成分表にはビタミンC誘導体との表記は無く、成分表示には難しい名前での表記になっているので、スキンケアを選ぶときには、成分表を確認してどの種類のビタミンC誘導体が配合されているのかチェックしてから使用しましょう。

水溶性ビタミンC誘導体は即効性がある

水溶性のビタミンC誘導体のメリットは美白効果に優れ、即効性あります。ビタミンCの8倍の浸透力があり、効果は12時間持続します。しかしデメリットとして、乾燥しやすく紫外線に弱い事が挙げられます。

アスコルビルリン酸エステル塩、アスコルビルリン酸Na等と表記されていることが多く、この成分は厚生労働省が美白有効成分と認めた成分です。

脂溶性ビタミンC誘導体は持続性がある

脂溶性ビタミンC誘導体は持続性に優れており、24時間の持続性があります。

その他メリットとしてあるのが、ビタミンCに比べ20~30倍の浸透力があり、肌への刺激が少ないビタミンC誘導体になりす。

デメリットとして水溶性ビタミンC誘導体に比べ即効性がなく、シミが消えたと実感できるのには時間がかかります。また、紫外線に弱いデメリットもあります。

アスコルビン酸パルミチン酸エステルやテトライソパルミチン酸アスコルビルと表示されている事が多く、肌に馴染みやすいのでジェルやオールインワンスキンケアに使用されることが多くあります。

APPS(アプレシエ)は浸透性(進化型)がある

APPS(アプレシエ)と言われるビタミンC誘導体は水溶性と脂溶性両方のメリットを集めた新型のビタミンC誘導体です。

浸透性が高く、即効性があり、持続性もあります。しかし、APPS(アプレシエ)は開発されて間もないこともあり最大のデメリットとして高額な成分になります。

成分表記としてパルミチン酸アスコルビルリン酸3Naとあり、高級なスキンケアに用いられることが多いです。

ビタミンC誘導体の2つのデメリット

美白成分が有効なこともあり、シミやくすみの改善に使用されるビタミンC誘導体ですが、全てが良いことばかりではありません。

使用する前にビタミンC誘導体のデメリットを知って、かしこくスキンケアに取り入れ、自分にあったスキンケアを使用することで産後のシミケアも有効になります。

特に産後の肌は以前と比べ敏感肌に変化する人も多く、産後のスキンケア選びには慎重になる位が良いでしょう。そして、デメリットを知っておけばスキンケア選びの時も選択肢が広がります。

ビタミンC誘導体には刺激性がある

ビタミンC誘導体には刺激性が少なからず報告されています。どのような症状があるかというと、「赤みが出る」「使用後ピリピリする」等の報告があります。

私たちの肌は弱酸性ですが、ビタミンC誘導体が配合されたスキンケアはアルカリ性に近い性質になります。

特に乾燥肌は角質層の水分が不足しているので、皮膚のバリア機能が弱くなります。乾燥肌の方が特に赤みがでたり、ピリピリしたりすることがあります。

ビタミンC誘導体は乾燥肌になりやすい

ビタミンC誘導体は乾燥肌になりやすいとされていますが、その理由として皮脂分泌をコントロールする性質があるからです。

ビタミンC誘導体を使用したスキンケアは必ず保湿成分が多く配合されているので、ヒアルロン酸やコラーゲンなどが一緒に使用できるスキンケアをライン使いすれば乾燥肌のデメリットは解消できます。

ビタミンC誘導体が高濃度で配合されているスキンケアもあるので、まずはトライアルやお試しセットなどで使用するのが安全な方法です。

ビタミンC誘導体の5つの効果・効能

ビタミンC誘導体の効果や効能は大きく分けて5つあります。それぞれなぜビタミンC誘導体が効果的なのか調べてみました。

また産後のシミケアに欠かせないビタミンC誘導体を上手に使用することで、意外にも簡単にシミ対策ができます。

産後のママ達に多いのが寝不足やホルモンバランスの乱れなどから来る老け顔。くすみがちな肌は老けてみえたり、疲れきった育児をしていると思われてしまいます。そこで、ビタミンC誘導体を使用することで育児中のママに嬉しい老け顔予防にもなるんです。

シミ・くすみの改善と予防

ビタミンC誘導体にはシミのもとになるメラニン色素が作られるのを抑制する作用があり、シミの予防に効果があります。また、角質層までビタミンC誘導体は浸透するので、シミの改善にも効果的です。

日々のスキンケアの1つとしてビタミンC誘導体入りの化粧水などを使用することで、お顔全体のくすみも改善され、その結果できてしまったシミにも有効とされています。お肌のトーンが明るくなるとすっぴんでもOKな肌になります。

ターンオーバーを正常にする働き

ターンオーバーと言われるお肌の生まれ変わりのサイクルがあります。年齢や生活環境、ホルモン状態などでターンオーバーの期間は変化しますが28日~40日前後と言われています。

ビタミンC誘導体には新陳代謝を促進し、ターンオーバーを促す作用があり、肌の生まれ変わるサイクルを正常化してくれます。

ターンオーバーが長期化すると、シミやくすみの原因になります。逆に短期間でターンオーバーが行われてしまうと肌の奥にあるコラーゲンの生成が間に合わず、たるみやシワの原因にもなります。

ターンオーバーは正常に機能することでハリが保たれ、シミやくすみのの無い若々しいお肌を保つことが出来るのです。

ターンオーバーが乱れてシミができる仕組みとシミを消す方法

『ターンオーバーがシミを消すのに必要!』とか『ターンオーバーの乱れがシミの原因!』という言葉を聞いたことがある方も多いでしょうが、「ターンオーバーの正しい仕組みや乱れを治す方法」を理解している人はほと ...

続きを見る

ニキビの予防とニキビ跡の改善

ビタミンC誘導体には皮脂を抑える作用があり、できてしまったニキビの炎症にも効果があります。

皮脂の分泌を抑えることでニキビの原因、アクネ菌や酸化した皮脂から作られる活性酸素を除去する働きがあるからです。また、上にも書いたターンオーバーを正常化させるので、新しいキレイなお肌へ生まれ変わることができます。

デコボコしてしまったクレーター型のニキビにも有効です。

コラーゲンを正常化させる

ビタミンC誘導体は、お肌の角質層まで届き活性化するとコラーゲンを正常化させる効果もあります。

コラーゲンが正常化することで、肌にハリが出てきて、目の下のたるみやほうれい線などの改善にも効果があります。

特に産後は寝不足などでお肌のハリが失われ、疲れきったお顔になってしまいますよね。そんな時はビタミンC誘導体のコラーゲンを正常化させる効果を使用し、ハリのある若々しいお肌に変身出来るのです。

毛穴の広がりを改善と予防する働き

毛穴の広がりと一括りにしましたが、比較的多いのが皮脂が酸化して起きるすり鉢状毛穴です。

ビタミンC誘導体には皮脂の分泌を抑制する効果があるので、すり鉢状毛穴の広がりに効果的です。

また、加齢で起こるたるみ毛穴にも効果的な理由は、コラーゲンを正常化することでたるんだお肌がピンとし効果が出やすいとされます。

ビタミンC誘導体の効果的な使い方

ビタミンC誘導体の効果は厚生労働省も認めたものなのでシミに効果的ですが、ビタミンC誘導体の効果的な使用方法を知らないと、有効に使えません。そこで、ビタミンC誘導体の効果的な使用方法と、スキンケアの選び方を見てみましょう。

ビタミンEと一緒に使用する

そもそもビタミンC誘導体単体では効果が出にくいことも事実です。そこで、スキンケアとして使用する際には、ビタミンCと相乗効果のあるビタミンEが入ったスキンケアを選びましょう。

ビタミンEは血流改善の効果があるので、代謝が良くなりお肌のターンオーバーを助けてくれます。血流が良くなり、お肌のハリも戻るとお顔全体のイメージがだいぶ変化します。ビタミンC誘導体を使用する時はビタミンEは一緒に使用しましょう。

デイリー使いできる刺激の少ない基礎化粧品を選ぶ

ビタミンC誘導体には刺激があると書きましたが、その原因として添加物や香料、防腐剤がお肌に刺激になる要因でもあります。添加物や香料、防腐剤は肌ストレスが高く、肌ストレスになるものを排除し毎日ノンストレスで使用できるスキンケアが望ましいです。

ドラッグストアなどで見かける美白スキンケアの多くに防腐剤や添加物が使用されており、毎日使用することでビタミンC誘導体が刺激の1つとなるので、無添加のスキンケア選びをしましょう。

まとめ

ビタミンC誘導体はシミやくすみの改善とシミ予備軍にも効果的です。厚生労働省が美白有効成分として認めた成分なので、産後にシミが気になるならマストなアイテム。また、シミだけではなく産後のハリの消えたお肌にも有効的なので、取り入れなきゃ損ですよね。

しかし、刺激もあり乾燥しやすい性質なので、スキンケアを選ぶ時はトライアルやお試し等で、自分の肌に刺激がないかチェックしてから基礎化粧品として使用しましょう。

毎日のスキンケアで使用することで、肌がワントーン明るくなり産後の疲れたお肌も元気になります。お肌に自信を持つだけで気分がアガって楽しい子育てができますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmamaneyをフォローしよう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-産後に増えたシミを消したい

Copyright© Mamaney , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.