幼児教育を頑張りたい

【イヤイヤ期対策】歯みがきを嫌がる子供にしまじろうミラーを使わせてみた

投稿日:

1歳半前後でスタートする初めての歯磨き。

大抵のお子さんはのけぞるように嫌がります。もちろん、私の子も例外ではありませんでした。

「まだ甘いものを食べていないし、歯磨きは適当でいいよね。」

って油断していると危険です。なぜなら、幼少期の歯磨きで将来の虫歯リスクが上がるからです。

だから、嫌がってでもしっかりと歯磨き習慣をつけないとダメなようです。

ではどうやって歯磨き習慣をつけるのか。

そう悩んでいるときに、「こどもちゃれんじぷちのしまじろう歯みがきセットがイヤイヤ期の子どもに効果的だよ!」とママ友から聞きました。

「え!そんな便利なグッズがあるの?」

と思い、ちょっとでも歯磨きが楽になるなら…とこどもちゃれんじをチェックしてみたのです。

すると、歯磨きケアだけではなく、それ以外の教材やおもちゃも良さそうだったし、月額も安かったので試しにはじめてみました。

こどもちゃれんじの資料請求(無料)はこちら

全てのグッズが効果的だったわけではなかったですが、しまじろうの歯みがきセットを使った結果、歯みがきが楽になりました!

この記事では、1歳半娘の歯みがきイヤイヤに悩んでいた私が、こどもちゃれんじのしまじろうはみがきセットを使って見えてきたメリット・デメリットをママ目線でまとめています。

これからこどもちゃれんじを申し込みしようとお考えの方は参考にしてみてくださいね

こちらの記事も合わせてどうぞ。

1歳の娘がしまじろうを利用して感じた反応とメリット・デメリット

「こどもちゃれんじを利用し始めたけど、結構良かったよ〜!」 我が家がこどもちゃれんじの利用し始めたきっかけは、ママ友からの一言でした。 楽しく遊んでいる 絵本への食いつきが良い 毎月届くので、オモチャ ...

続きを見る

イヤイヤ期の歯みがきは毎日辛い!

イヤイヤ期歯磨き

イヤイヤ期の歯みがきって精神的にも体力的にも辛くありませんか?

  • 歯ブラシを見ただけで逃げるので追いかけなければいけない
  • 暴れてうまく磨けない
  • 大泣きするので精神的に辛い

子どもの歯みがきイヤイヤで悩むママはこのような悩みを持っている方が多いです。

私も、1歳半の娘の歯みがきで四苦八苦し、「もう歯みがきしたくない!」と投げ出したくなった経験が何回もあります。

イヤイヤが凄すぎて歯磨きの時間が億劫に…でもやらなければいけないから毎日が辛かったです。

逃げる・泣き叫ぶ・暴れる娘を押さえ続けてもいいの?

1.6ヶ月検診で歯科検診があり、歯が生えている本数や虫歯の有無、歯みがき指導を受けました。

そこで、娘の歯みがき拒否について相談をしたのですが、「歯みがきを怠ると虫歯になるので嫌がってもしっかり磨いてくださいね!」と言われてしまいました…。

先生の言うことはごもっともですが、毎日嫌がる子どもを押さえつけて磨くって物凄い体力と精神力を使うんです。

嫌がらずに歯みがきができたらなぁとため息をついて1.6ヶ月検診は終わりました。

フッ素歯みがき粉やタブレットを使って負担軽減

イヤイヤ期の歯みがきを楽にする方法として、フッ素歯磨き粉の使用やキシリトールタブレットの使用が挙げられます。

うがいのできない年齢の子どもには、研磨剤の入っていない歯みがきジェルであれば問題なく使えるため我が家も使っています。

この歯みがき粉は甘いため、歯みがき粉無しよりも嫌がらず磨かせてくれる可能性があるので、まだ試したことが無い方は使ってみてはいかがでしょうか。

また、歯みがき後のご褒美としてキシリトールタブレットをあげることも有効手段の一つです。

甘みはキシリトールによるものなので、歯みがき後にあげても虫歯の心配はありません。

ただし、タブレットの場合は歯みがき後に泣き止む手段として使うことが多いので、歯みがき嫌い根本をなくすにはあまり有効ではないかもしれません…。

あの手この手で歯みがき嫌い克服を頑張りましたが、なかなか上手くいきませんね

こどもちゃれんじしまじろうパペット・ミラー・絵本を使ってみた

歯みがきセット

こどもちゃれんじぷちには、歯みがき嫌いを克服できる特化教材があることをご存知ですか?

生活習慣歯みがきプログラムは、

  • はみがきミラー&布歯ブラシ
  • 歯みがき絵本
  • しばじろうパペット

が届きます。

こどもちゃれんじは、年齢に合ったオモチャや絵本が届くため子どもが喜ぶ教材が多い印象です。

歯みがきを嫌がらず楽しく歯磨きできるように特化した内容なので、歯みがきを嫌がって苦労されているご家庭には一度試していただきたい教材です。

しまじろうパペット・絵本を見た娘の反応

娘は絵本が大好きなため、しまじろうの歯みがき絵本に大興奮していました。

歯みがきが楽しくなる内容に加え、同梱されていたしまじろうパペットを絵本と一緒に使えたり、仕掛けをめくると違う絵がでてきたりする凝った絵本です。

この絵本をとても娘は面白がっていて、「いー」の口にしましょう。というページでは、娘も一緒に「いー」と歯を出して真似をしていました。

絵本一冊で歯みがきに興味を持たせるしまじろうって凄い!

しまじろうミラーを見た娘の反応

しまじろうミラーは自分が歯みがきしている姿が見えるだけでなく、歯みがきが楽しくなる音楽が流れます。

我が家では、歯みがきをする際この鏡を持たせて音楽を流しながら磨くことにしています。

軽快な音楽と歌詞に私もはまってしまい、ミラーと一緒に「は~みがっきしましょ♪シャッカシャカ♪」と口ずさんでいます。

娘は、磨かれている自分の状況にも興味があるし、流れる音楽も気になるしで大人しく磨かれる回数が増えました!

何もしない状態で歯みがきをしていた頃と比べると圧倒的にグッズを使ったほうが楽になりました。

しまじろう歯みがきグッズの悪かった点

しまじろうデメリット

しまじろうの歯みがきプログラムは、歯みがきを嫌がるお子さんがいるご家庭に使ってもらいたい教材ではありますが、全てのグッズが効果的だったわけではありません。

我が家の場合、これが使えなかった…という内容を紹介します。

しまじろうパペットの反応がイマイチ

娘は、しまじろうパペットに興味が無いようで歯磨き中にパペットを使っても手で振り払う、無視するといった反応が多かったです。

しかし、歯みがき絵本とミラーには大興奮で何回も絵本を読んだり、ミラーから流れる音楽を聞き入ったりしていました。

教材の合う合わないは個人差があるため、実際に使ってみないと効果があるのか分かりません。

全ての教材が効果的かは個人差がありますが、1つでも気に入って歯みがきに興味を持ってくれれば大成功ですよね

しまじろうミラーをただのオモチャと認識

最初は大興奮気味のしまじろうミラーも毎日使っていると飽きてくるようで、音楽の鳴るオモチャとして認識するようになってしまいました。

歯みがきの時間以外も触っては音楽を流して、電源ボタンをつけたり消したり遊んでいました。

今ではミラー無しでも歯みがきができるようになってミラー卒業ができました!

しまじろう歯みがきグッズの良かった点

イヤイヤ期歯磨き

我が家は、しまじろうの歯みがきプログラムを使ったことで歯みがきの精神的・肉体的負担が軽減されました。

特に効果的だった点をまとめます。

しまじろうパペットと絵本が連動しているので歯磨きの楽しさを教えられる

歯みがき絵本としまじろうパペットが連動した内容になっているので、読み聞かせの時パペットを使うとより楽しい絵本の時間を過ごせます。

パペットを使いながらの読み聞かせは初めてだったので結構難しかったのですが、娘が絵本に見入っていたので読んでいて私も楽しかったです。

絵本好きの娘には効果テキメンだった歯磨き絵本に感謝です!

絵本としまじろうミラーが連動しているので歯磨きにつなげやすい

絵本の中にもしまじろうミラーから流れる音楽の歌詞がついてきます。

絵本を読みながら、一緒に歌うことができるのでいざ歯みがきをする時慣れ親しんだメロディを流しながら磨くことができます。

歯みがき絵本からミラーを使って歯磨きをする習慣を作れたので楽になりました!

まとめ

こどもちゃれんじの歯みがきプログラムは、絵本・ミラー・パペットが届くので子どもの気に入る教材があれば、歯みがきのイヤイヤが軽減できる可能性があります。

我が家は絵本とミラーのおかげで歯みがきのイヤイヤが軽減され、今ではミラー無しでも歯みがきができるようになりました。(絵本は読み聞かせとしてたまに読んでいます)

イヤイヤ期の歯みがきは、とても辛い時期ですからグッズを使うことによってストレス軽減できるのではれば、一度試して欲しい教材です。

これからこどもちゃれんじを申し込もうと思っている方は是非参考にしてくださいね。

こどもちゃれんじの資料請求(無料)はこちら

-幼児教育を頑張りたい

Copyright© Mamaney , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.