コラム

【年収は?貯金額は?】人には聞けないお金の疑問をネットの100人に聞いてみた!

投稿日:

【年収は?貯金額は?】人には聞けないお金の疑問をネットの100人に聞いてみた!

隣の旦那さんの年収っていくらぐらいなんだろう?

ママ友の貯金額が気になる〜!

そう心で思っていても、聞けないのが「お金の疑問」。

もし、ストレートに聞いたところで、適当にかわされて、そのあとの関係にヒビが入るのは目に見えています。

でも、知りたいですよね?

そこで私がインターネットアンケートを活用して女性100人にアンケートを取ってみました。

 

質問したのは次の項目です。

  • ご主人の職業は?
  • ご主人の年収は?
  • あなたの年収は?
  • 貯金額は?
  • ローン残高は?
  • 投資や資金運用・積立保険は?
  • 将来の経済面に不安はありますか?
  • 生活費の節約で意識していること

上記のアンケート結果を独自の視点で集計しましたので、表やグラフを用いて発表します。

世帯年収と貯金額の実態

では、まずは回答のあった100人のアンケート結果のうち

  • 旦那さんの仕事内容
  • 旦那さんの年収
  • 奥さんの年収
  • 合計年収
  • 貯金額

を一覧にまとめて発表します。

数字の単位は「万円」であり、「年代→年収(夫)→年収(妻)」の順で並び替えています。

旦那さんの仕事

年代

年収(夫)

年収(妻)

合計年収

貯金額

接客業

20代

200

100

300

100

会社員

20代

300

0

300

200

会社員

20代

300

0

300

10

サービス業

20代

300

0

300

10

建築業

20代

350

10

360

130

教師

20代

350

220

570

300

SE

20代

380

250

630

100

会社員

20代

400

250

650

50

整備士

20代

400

0

400

100

会社員

20代

450

0

450

10

会社員

20代

450

0

450

10

会社員

20代

450

0

450

500

会社員

20代

500

100

600

400

会社員

20代

525

50

575

250

自動車エンジニア

20代

550

0

550

300

いません

30代

0

200

200

130

いません

30代

0

280

280

70

会社員

30代

70

0

70

200

会社員

30代

200

200

400

700

会社員

30代

200

150

350

0

鍼灸師

30代

250

70

320

30

会社員

30代

300

0

300

100

会社員

30代

300

150

450

300

建設業

30代

300

0

300

0

アルバイト

30代

360

0

360

30

運送業

30代

380

200

580

50

会社員

30代

380

50

430

250

公務員

30代

400

400

800

200

公務員

30代

400

0

400

30

会社員

30代

400

0

400

200

会社員

30代

400

80

480

100

公務員

30代

400

0

400

1,000

理学療法士

30代

400

500

900

300

会社員

30代

400

0

400

30

会社員

30代

400

0

400

50

会社員

30代

400

0

400

200

団体職員

30代

400

400

800

150

会社員

30代

400

0

400

150

会社員

30代

400

400

800

400

会社員

30代

400

100

500

200

会社員

30代

400

0

400

10

技術作業員

30代

420

20

440

120

会社員

30代

450

0

450

100

会社員

30代

450

20

470

400

製造業

30代

450

0

450

160

会社員

30代

500

0

500

0

技術職

30代

500

0

500

200

プログラマー

30代

500

0

500

300

SE

30代

500

400

900

500

飲食の製造業

30代

500

0

500

100

会社員

30代

500

100

600

200

大学講師

30代

500

0

500

0

建築関係

30代

550

0

550

50

教師

30代

550

250

800

200

ドライバー

30代

550

100

650

150

会社員

30代

600

100

700

200

SE

30代

600

400

1,000

800

会社員

30代

600

0

600

700

会社員

30代

600

0

600

3,000

会社員

30代

600

0

600

300

会社員

30代

650

100

750

500

会社員

30代

700

8

708

100

公務員

30代

700

0

700

150

法人保険

30代

700

0

700

400

会社員

30代

700

0

700

1,000

教員

30代

900

0

900

1,000

自営

30代

900

300

1,200

1,500

会社員

30代

1,000

400

1,400

1,800

運送業

40代

300

70

370

100

会社員

40代

400

150

550

100

会社員

40代

400

30

430

50

自営業

40代

400

0

400

200

会社員

40代

400

100

500

50

製造業

40代

400

10

410

200

会社員

40代

400

140

540

500

会社員

40代

400

100

500

500

会社員

40代

400

300

700

400

会社員

40代

450

0

450

300

会社員

40代

450

0

450

50

会社員

40代

500

80

580

0

会社員

40代

500

0

500

300

SE

40代

500

300

800

300

会社員

40代

500

100

600

1,000

会社員

40代

500

250

750

300

会社員

40代

600

0

600

200

会社員

40代

600

0

600

200

団体職員

40代

600

100

700

2,000

公務員

40代

890

0

890

200

団体職員

40代

900

100

1,000

700

会社員

40代

1,200

10

1,210

2,000

自営業

50代

350

0

350

0

自営業

50代

400

50

450

300

会社員

50代

450

100

550

700

会社員

50代

600

300

900

2,000

会社員

50代

700

100

800

不明

会社員

50代

700

100

800

500

会社員

50代

800

0

800

5,000

会社員

60代

700

50

750

2,000

 

いかがでしょうか。非常に面白い結果が出ていますよね。

あなたはどれぐらいの位置に属していますか?

では、上記のアンケート結果を踏まえ、わかったことを書き出していきます。

年代別の旦那さんの平均年収

  • 20代の旦那さんの平均年収は393万円
  • 30代の旦那さんの平均年収は480万円
  • 40代の旦那さんの平均年収は531万円
  • 50代以上の旦那さんの平均年収は587万円

 

世帯全体の年収合計

  • 20代の旦那さんの世帯年収の平均は459万円
  • 30代の旦那さんの世帯年収の平均は564万円
  • 40代の旦那さんの世帯年収の平均は615万円
  • 50代以上の旦那さんの世帯年収の平均は675万円

 

年代別の貯金額の平均

  • 20代の旦那さんの世帯貯金額の平均は164万円
  • 30代の旦那さんの世帯貯金額の平均は355万円
  • 40代の旦那さんの世帯貯金額の平均は439万円
  • 50代以上の旦那さんの世帯貯金額の平均は1,500万円

 

旦那さんの年収が1,000万円を超えている割合→2%

専業主婦の割合→44%

世帯年収が1,000万円を超えている割合→5%

貯金額が100万円以下の割合→33%

貯金額が1,000万円以上の割合→12%

 

このようなデータとなりました。

将来の経済面に不安があるかどうかについて

この設問の回答は次の通りです。

将来の経済面に不安があるかどうか

92%の方が「将来の経済面に不安がある」と答えました。これは「年収」だけで判断するものではなく、会社の安定度や貯蓄額、持ち家など様々な要素が絡み合い、不安があるのか・心配していないのかが分かれます。

そこで、8%の回答があった「不安がない!」と答えた方について、どのような方なのかを紹介します。

 

年代

世帯構成

職業(夫)

年収(夫)

年収(妻)

貯金額

ローン

投資・保険

30代

主人と二人

教師

550

250

200

2,700(住宅)

生命保険

30代

主人、長女10歳、次女8歳、長男5歳

自営

900

300

1,500

なし

学資保険

60代

主人、長女31歳

サラリーマン

700

50

2,000

なし

積立保険

30代

主人、長女8歳、次女4歳

営業

200

150

0

70(自動車)

特になし

30代

夫、長女1歳

会社員

500

100

200

50(自動車)

特になし

30代

主人、長女

会社員

600

3,000

なし

特になし

50代

主人、姑

自営業

400

50

300

なし

投資信託と株

20代

主人、長女0歳

会社員

300

0

200

なし

特になし

 

 

上記の方の中には、貯蓄額が1,000万円以上あり、なおかつローンがない方もいますので、この方達は将来の不安がないのは理解でします。

それ以外の方について、将来の経済的不安がないと感じるのは、ご主人の職業であったり、それ以外に不安をかき消す何かがあるように感じます。

また、「不安に感じるかどうか」は個人の考え方にもよりますので、圧倒的なポジティブシンキングの方については、不安がないと回答するケースがあるようですね。

ローン状況

次はローン(借金)の状況です。

まずは一番多い住宅ローンから見ていきましょう。

年代

旦那さんの年収

妻の年収

貯金額

住宅ローン残高

20代

450

0

10

1500

20代

525

50

250

3,350

30代

300

0

100

800

30代

400

100

200

1,000

30代

400

0

50

2,400

30代

400

0

10

2,500

30代

400

400

150

3,200

30代

450

20

400

2,500

30代

500

0

100

1,000

30代

550

0

50

2,500

30代

550

250

200

2,700

30代

600

0

300

1,000

30代

600

100

200

1,200

30代

650

100

500

830

30代

700

0

150

1,000

30代

700

8

100

2,500

30代

900

0

1,000

2,800

30代

1,000

400

1,800

3,000

40代

400

100

50

800

40代

400

10

200

1,500

40代

400

150

100

2,500

40代

400

30

50

3,000

40代

450

0

300

1,500

40代

450

0

50

3,500

40代

500

100

1,000

700

40代

500

300

300

800

40代

500

0

300

1,300

40代

500

250

300

2,500

40代

600

0

200

1,500

40代

890

0

200

3,200

40代

900

100

700

2,000

50代

350

0

0

2,000

50代

400

50

300

2,500

 

住宅ローンを借入中の方の割合→33%

住宅ローンの平均残高→1,972万円

住宅ローンを借りている方の平均貯金額→292万円

妻が専業主婦の方の住宅ローン残高→1,900万円

共働きの方の住宅ローン残高→2,032万円

自動車ローンを利用中の方の割合→13%

 

住宅ローンに関しては、地域の不動産事情によっても大きく異なるので、一概には言えませんが、借入状況から推測するにローン借入額は3000万円前後が一番多いように感じます。

また、自動車ローンについてですが、予想よりも少ない数値となっています。

これは「自動車はお金を貯めてから、キャッシュで買う!」という風潮が強まっているのかもしれません。

積立や保険の加入状況について

では最後は積立金や保険の加入状況です。

保険や積立に加入していない方の割合→37%

学資保険に加入している方の割合→36%

学資保険に加入している方で住宅ローンがある方の割合→19%

イデコ(iDeCo)や個人年金に加入している方の割合→9%

投資信託や株などの運用を行なっている方の割合→14%

 

上記以外でも様々な角度から分析ができますので、上記の表をチェックしながら、世帯の収入状況について傾向を分析してみてください。

 

まとめ

各世帯の経済状況は、仕事内容によって大きく変わりますが、それ以外にも「相続資産」「支出実態(倹約or浪費)」などによっても大きく変わってきます。

今回は、主に「収入」についてアンケートをとりましたが、今後ニーズがあれば支出実態についてもアンケートを撮ってみたいと思います。

それ以外のアンケートニーズがあれば、当サイトにご連絡ください。

よろしくお願いします。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmamaneyをフォローしよう!

-コラム
-,

Copyright© Mamaney , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.