借金問題を解決したい

買い物依存気味だった私がお金を使わずにストレス発散できた10個の方法

投稿日:

買い物依存気味だった私がお金を使わずにストレス発散できた10個の方法

「ストレス発散したいけど、そもそも自由に使えるお金がない…」

ストレスを発散するにはお金が必要と思っていませんか?

代表的なストレス発散方法だと、飲みに行ったり、買い物をしたり、スポーツをするといった方法が真っ先に思い浮かびます。

どれもそれなりにお金がかかる方法なので、「結局お金がないとストレス発散なんてできない」と思いがちです。

しかし、お金をあまり使わずにストレスを発散する方法も、実はたくさんあります。

 

このページでは、実際に私自身が借金返済中に行っていた「お金をあまり使わずにストレスを発散する方法」をご紹介します。

高いものでも3,000円ほどあれば十分楽しめるので、あまりお金をかけられない方にぴったりです。

どうせなら、ストレスを溜めずにお金を貯めましょう。

お金をなるべく使わずにストレスを発散する方法

お金を使わないイメージ画像

ストレス発散をするために買い物を続けていると、借金地獄に陥ってしまいます。

お金がなくなると、だんだんと買い物もできなくなり、ストレスがたまる一方。

ストレスがたまる毎日を送っていると、いつか必ずどこかで爆発し、歯止めがきかなくなるのは目に見えています。

そこで、できるだけお金を使わずに日々のストレスを発散する方法を10通り紹介いたします。

運動をする

定番のストレス解消方法といえば、運動です。

運動にはストレス解消以外にも、身体的なメリットがたくさんあります。

 

スポーツジムに通うとそれなりのお金がかかりますが、ちょっとしたウォーキングやジョギングなら無料でできます。

「ウェアやシューズを買って本格的にやろう」と思う方もいるかもしれませんが、運動は続けられる人と続けられない人にハッキリ分かれます。

ウェアやシューズを買っても、続けられなければ無駄な出費です。

まず道具の購入は一旦置いといて、軽めの運動から始めてみましょう。

普段より少し多く歩いたりするだけでも十分です。

慣れてきたら徐々に回数・時間を増やしたり、別のスポーツにチャレンジしてみましょう。

景色を見ながらゆっくり散歩

散歩は体を動かすのでストレス発散になりますし、気分転換としても最適です。

普段の生活では忙しくてまわりの景色を見ている暇なんてないかもしれません。

改めて景色を注意深く見てみると意外な発見があって面白いものです。

たとえば、行ったことのない美味しそうなお店を見つけたら、散歩の途中でフラッと入ってみるのもいいでしょう。

目的を決めずにフラッと寄り道をするのも散歩の醍醐味です。

人混みが苦手な方には、明け方の散歩をおすすめします。

まだ日が昇り始めた明け方に外を歩いている方は少ないですし、非日常感を味わえます。

気温が低いので、空気が澄んでいて清々しいですよ。

私はよく、散歩しながら考え事を整理しています。

無心で働く

「働く=ストレス」というイメージをお持ちの方が多いですが、とにかく無心で働くことが、逆にストレス解消になる場合もあります。

考え事をする時間があるからこそ、悩んでストレスが溜まるのです。

無心で働いてストレス解消になるのなら、お金も貯まりますし一石二鳥ですよね。

ただ、仕事ばかりだとストレスが溜まる方もいるので、人によっては向かないかもしれません。

私の場合は、働きつつも職場の人と楽しく話すことがストレス発散になっていました。

当時は、まかない付きのアルバイトをしていたので、働くほど食費が浮いてお金も貯まり、お金が貯まっていくという感覚もストレス解消になった要因です。

自分で料理をしておいしいものを食べる

食べることが好きな方・料理をするのが好きな方には、自宅で料理を作って食べてもらいたいです。

料理番組を見ているとわかりますが、料理は奥が深いです。

例えば、オムライスひとつとっても、使う材料や味付け、工程で全く違う味になります。

見た目に凝って、SNSにアップするという楽しみ方もできますね。

インスタで料理の写真をあげている方も多いですし、クックパッドなどにレシピを投稿するのも面白いかもしれません。

料理関係の情報を発信していくことで、料理に関するお仕事が舞い込んでくる可能性もあります。

料理に集中している間は無心になることができますし、時間が経つのもあっという間です。

私も気が向いたときに、味付けを創意工夫して楽しんでいたことがあります。

美味しく作れると嬉しいですし、その料理を自分で食べられるのも良いんですよね。

ただデメリットがひとつあって、食器洗いなどの後片付けが面倒です。

疲れがとれるまでおもいっきり寝る

身体面・精神面の両方を休めるなら睡眠は不可欠です。

時間を気にせず思いっきり寝ると疲れがとれますし、頭もスッキリします。

もちろん、お金は一切使いません。

ポイントは、「今日はとことん寝よう」と決めること。

アラームを一切セットせず、次の日は予定も一切入れずに好きなだけ寝ます。

ただ、もともと休みが少ない方は、「貴重な休日なのに寝て終わった」と後悔するかもしれません。

私は一度起きた後、「今日は二度寝ができる!」とわかった瞬間がすごく好きで、二度寝ができるだけで幸せな気分になります。

過去には20時間くらい寝続けたこともあります。

普段から仕事が忙しくてあまり寝られない方にはぜひ試してもらいたいです。

部屋をきれいにする

定番ですが、掃除をしてストレスを発散する方法です。

掃除が嫌いな方はストレスになりそうですが、案外やってみるとハマるかもしれません。

なにより、部屋がきれいになると自然と気持ちまでスッキリします。

私自身も、正直あまり掃除が好きなわけではないので、やり始めるまでは「あー面倒…」といつも思っています。

ただ、やり始めるといつの間にか集中し、時間が経つのもあっという間。

無心になれるので、余計なことを考えなくて済むんですよね。

せいぜいお掃除道具くらいでお金をほとんど使いませんし、部屋もきれいになるし良いこと尽くしです。

相席居酒屋・相席バーなどで飲む

女性限定の方法ですが、相席居酒屋・相席バーで楽しみながら飲むという方法もあります。

相席居酒屋・相席バーは、女性なら席料・ドリンク代が基本無料。

実は私自身、JISというバーを利用していたことがあります。

私が利用していた店舗は、フード代と一部のカクテルが有料でしたが、それ以外の飲み物は何杯飲んでも無料でした。

お酒だけでなくソフトドリンクもあったので、友達数人で入店すればちょっとした女子会が無料で楽しめます。

ただ、男性が相席を希望した場合は断ることができません。

「できれば相席を避けたい」という方は、開店直後や閉店前(明け方)が狙い目です。

お店に訪れる男性は本当にいろいろな人がいるので、話をしているだけでも勉強になります。

いい出会いがあれば彼氏ができるかもしれません。

ほとんどが常識のある良い人なのですが、中にはキャバクラのような過度なサービスを求めてくるような男性もいます。

そういう場合は店舗スタッフに相談すれば、それなりの対応をしてくれるので安心です。

「お酒を飲むのが好き、人と話すのが好き」という方にはぴったりのストレス発散方法です。

リキュールを買って家で好きなお酒を作って楽しむ

お酒が好きな方には、自宅でお酒を作って楽しむという方法があります。

外でお酒を飲むと結構費用がかさむのですが、リキュールをスーパーで購入して自宅でカクテルを作ると安く済みます。

カクテルの作り方は、サントリーの公式サイトが参考になります。

 

カクテル名や好みの味から、お酒を検索できるので、あらかじめ作りたいお酒をピックアップして、材料を購入すれば迷いません。

お酒の種類によってフルーツやアイスなどをトッピングすると、より本格的になって楽しいです。

私は飲食店で働いていたので、お酒の作り方を勉強するためによく自分で作っていました。

ただ作って飲むだけなのに、自然とお酒の知識が身につきます。

例えば、「ジントニックならジンというお酒と、トニックウォーター、ライムが入っている」というような豆知識を、お酒を飲む場でさらっと説明すれば、「へ~!知らなかった~!」と言われることが多いです。

お酒の豆知識は、話のネタとしてもいいかもしれませんね。

慣れてきたら、レシピにないオリジナルカクテルを考えるのも醍醐味です。

熱中できる趣味を見つける

熱中できる趣味があると、自然とストレス発散になります。

これといった趣味がないという方は、時間を忘れて没頭できるような趣味を見つけましょう。

インドア派なら

  • 映画やドラマ、アニメなどの動画を見る
  • 据え置き型のゲーム、スマホアプリ
  • 読書
  • SNS、ネットサーフィン

などは、あまりお金がかかりません。

動画ならYouTubeは無料で視聴できますし、各社の動画配信サービスを利用するなら手頃な定額料金で楽しめます。

スマホアプリも課金に気を付ければ基本的には無料で楽しめますし、読書なら図書館で本を借りれば無料です。

漫画を図書館で扱っていることは少ないですが、レンタルサービスを利用すれば安く一気読みすることができます。

 

アウトドア系でお金があまりかからない趣味は、

  • 近場の寺社めぐり
  • サイクリング

などがあります。

元号が平成から令和に代わり、御朱印めぐりも人気が高まっています。

自宅から少し離れたところを探検するのも、新しい発見があって楽しいですよ。

春・夏のあたたかい季節にサイクリングすると、空気がすごく気持ちいいです。

人と話す

仲が良い友人がいるなら、ひたすらおしゃべりを楽しむのもストレス発散になります。

特に女性は、人に話すことでスッキリしてストレス発散になる方が多いですよね。

気の使わない友人と一緒なら、時間が経つのもあっという間。

子供が一緒だと、時間を忘れておしゃべりするのは難しいので、旦那さんと相談して1人で外出できる時間をもらうと気分転換になります。

出費が気になるなら、カフェでまったりお茶をするのがおすすめです。

店舗によりますが、空いている時間帯ならゆっくりすることができます。

飲みに行くとお金がかかりますが、カフェでお茶をするくらいなら2,000円以下と手頃です。

ストレス発散は絶対に必要!適度にガス抜きを

ストレス解消のイメージ画像

「借金返済中で、使えるお金がないから…」と、我慢をしすぎるのは絶対にNG。

無駄遣いしないように我慢することは良いことですが、我慢をしている間にもストレスが溜まっています。

ストレスが爆発すると、歯止めがきかないくらい爆買いをしていしまう可能性も。

日々コツコツ働いて少しずつ借金返済をしている方にも、ガス抜きは絶対に必要です。

できるだけお金をかけずに、なおかつストレス発散できる楽しみを見つけましょう。

まとめ

「買い物をする=ストレス発散」という方に向けて、お金がかからないストレス発散方法を紹介しました。

ストレスが溜まると精神的に余裕がなくなってイライラしがちです。

私自身、我慢して我慢して生活をしていたことがあり、ものすごくストレスが溜まりました。

結局は耐え切れず、たくさん買い物をして後悔したのを覚えています。

それ以降は、「全くお金を使わない生活」から「なるべくお金を使わない生活」に意識を切り替えるようにしました。

ストレスが溜まっても買い物に依存せず、安価で楽しめるような趣味を見つけましょう。

-借金問題を解決したい

Copyright© Mamaney , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.