悩み相談

【悩み相談】専業主婦は家政婦なの?生産性のない生活への虚しさとイライラはどうすれば?

投稿日:

悩み相談
このページでは、読者から当サイトに寄せられた「悩み」に対して、同じ境遇で悩んだ経験がある読者からアドバイスいただいた「悩み解消法」をシリーズで紹介しています。

 

専業主婦であることに不安とイライラがあります。

39歳、一児の母、専業主婦です。

ずばり、今の自分は家政婦のようだなと思います。

妊娠前まで会社員として働き、諸事情あって退職した直後に子供を授かりました。

産後復帰する場所がなければ当然保育園に預けることは難しくそのまま専業主婦をしています。

家事や子育てはやりがいもあるし、家にいるのが嫌いではないのでそれなりに楽しんではいるのですが、「自分で働いて報酬を得る」という経験をしているので、今の生活の生産性のなさに虚しさを感じてしまいます。

加えて、主人とは楽しくやっていますが、夜の夫婦生活が全くない状態で、それにもストレスを感じています。

これでは単なる家政婦ではないか、普通に職業として成り立つことではないか、としたら月給いくらで換算できるのだろうか、などと考えてイライラしてしまいます。

考え方など、何か今の状況からの打開策はあるでしょうか。

(東京都 39歳 専業主婦)

 

以下が寄せられたコメントです。

【回答①】視点を変えてみてはどうですか?

家政婦?と考えてしまう気持ちも同感です。

時々そう思って悩んでしまうことも在りました。そこで、ちょっと視点を変えてみませんか。

もし経済的に不自由していないなら、いまどき専業主婦で暮らしていけるなんてちょっと贅沢かも。

生産性のない生活といってもお金を稼ぐだけが生産ではないのではないのかも。

もし趣味が在ればそれに時間をかけられるし、私は最近考え方を切り替えて割り切りって自分の楽しみに時間を使うことにしました。

ピアノの練習、ガーデニング、裁縫。けっこう贅沢な暮らし方かもって思えるようになりました。

もし経済的に許されるのであれば何か習い事をしても良いし、オンラインで勉強も出来るし。

子供のためのイベント探しに時間を使うのも良いし。

月給換算を考えちゃうときりがないのでそこは忘れて、でも専業主婦として家のことをやっているのだから世帯主さんの収入は自由に使わせていただいて、楽しく暮らしてください。

専業主婦で暮らしていけるなんてけっこう裕福な家庭ですよ。

もしどうしてもお給料の収入が欲しければランサーズみたいなサイトで在宅で出来る仕事も探せばよいのではないでしょうか。

【回答②】我が家はポイント制を導入しています

私の妻は専業主婦ですが、同じような悩みを持っていました。

私の仕事が忙しく、家庭のことをあまりやれていなかったこともあり、お互いの立場についてよく喧嘩になっていました。

妻の言い分は、外で働いているのは大変なのもわかるが、家の事をやることについても、ちゃんと評価して協力してほしいとのことでした。

よく話し合った結果、家事にもポイントをつけてやるようにしました。ポイントいっても厳密なものではなく、ちょっとゲーム感覚でできる程度のものです。

それを見ると、昼間妻がどれだけ家事をやっているかがわかるので、自然に感謝の言葉が出てくるようになりました。

また、妻も私が家事をやるとほめてくれたりして、コミュニケーションを取れるようになりました。

まずは、家事の大変さを理解することも大切だと思います。

【回答③】在宅ワークがおすすめです

ちょっとした在宅ワークをしてみるのはいかがでしょうか。

私は趣味で作成している物をフリマサイトで売ったりしてお小遣い稼ぎと趣味を極めてます。

無理のない範囲でできますし、ネットを通じてではありますが外部の人と触れあうので喜んでもらえた時などにちょっとしたやり外も感じることができます。

またご主人との生活に関しては、安定といった状況になっているかと思いますので昔の気持ちを改めて思いだすというか、考えてもらえるきっかけがあると良いかと思います。

今から行ったことが無い新しい場所よりも、今まで2人で行ったことのある思い出のある場所に行ってみるのはいかがでしょうか。(お二人ででも、お子様と一緒にでも)

ご主人も当時の気持ちを思い出してその後の態度も変わるきっかけになるかと思います。

【回答④】自分中心でやりたい事にチャレンジしてみては?

まず最初に言えることは専業主婦は家政婦ではありません。

家政婦なら月々の給料をもらい、決められた時間には仕事を上がり、自分の時間や自由があるはずですから。

投稿者様の〝生産性のない日々〟という感覚は本当に歯がゆい状況ですよね。

しかしながら専業主婦をしていると他人軸で生活をすることが当たり前のようになってしまい、自分のやりたい事や思考が後回しになってしまいがちです。

それを何年も続け、子供が自立して旦那様と自分という新婚の頃の生活スタイルに戻ったとき急に自分軸の生活が帰ってきます。

しかしずっと他人軸で数十年生きてきたのに急に自分軸に生きろと言われてもやり方を忘れた、自分には何もないと嘆く中高年が溢れかえっている現実があります。

そうならないために自分が何をしたいのかをしっかり見極め時間がかかってもその目標に向けての準備や実現に向けての具体的な努力、そして自分の外との繋がりをしっかりと構築しておく毎日を過ごされたらいいのではと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmamaneyをフォローしよう!

-悩み相談
-,

Copyright© Mamaney , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.