子育て中に正社員で働きたい

専業主婦から正社員になるための転職エージェント活用術

投稿日:

結婚や出産を機に退職した女性が転職や再就職をしようと考えた時に、求人情報を得る方法は何があると思いますか?

  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • ハローワーク
  • 地元の求人広告

そうですね。上記の4つが一般的です。

「これらを上手に活用すれば、理想の会社に転職できますよー!」

なんて言う、子育て中の主婦が簡単に転職できるほど、今の日本は甘くありません。

 

正直なところ、子育て中の主婦が求人広告やハローワークだけを活用して転職できるのはレアなケースと言えます。それは、私が身をもって経験してきた厳しさです。

 

ただ、「子育て中の主婦は理想の会社に転職できない!」と決めつけるのは早いです。なぜなら、転職サポートのプロである「転職エージェント」を活用して転職する方法があるからです。

 

転職を勝ち取った方の多くは、転職サポートのプロである転職エージェントを上手に利用し、最短で理想の職場に転職していることをご存知でしょうか。

 

転職エージェントは、「無作為に求人情報を紹介するサービス」と勘違いしている方も多いようですが、実際は全く異なります。

あなたの転職をサポートすることはもちろんのこと、「子育て中」と言うあなたのニーズと企業側の求人ニーズをマッチさせることなど、あなたのニーズに寄り添ったサポートをしてくれるのです。

そんな手厚いサービスが、無料で利用できるので、今はほとんどの方が登録しています。

そこで、この記事では、初めて転職エージェントを活用しようと考えている方のために、「子育て中の主婦が転職エージェントを活用する際の疑問点」について私の経験を元に紹介します。

転職エージェントを利用するメリットから活用方法、注意点などを具体的に解説しますのでぜひチェックしてください。

 

転職を検討中ならまずは登録から

転職を検討中の方は、まずは転職エージェントに無料会員登録するのが先です。転職のプロのサポートが無料で受けられるだけではなく、有利な情報が得られるので、理想の職場に転職したいなら必ず利用しましょう。

転職エージェントの利用が初めての方は、業界最大手のリクルートエージェントが安心です。

リクルートエージェント

→リクルートエージェントの公式サイトはこちら

転職エージェントを利用する6つのメリット

正社員を希望する主婦にとって、転職エージェントを利用するメリットは、下記の通りです。

  1. 数え切れないほどの成功例をしているプロが相談に乗ってくれる
  2. キャリアにマッチした求人情報を紹介してもらえる
  3. セミナーや動画配信で教育サポートが受ける
  4. 同じ家庭環境の人の転職事情が聞ける
  5. 応募書類の添削や面接トレーニングが受けられる
  6. 不採用の理由を教えてもらえる

これらは転職エージェントに登録すると全て無料で受けられるので、お金の心配をする必要はありません。

 

どんなメリットがあるのかを把握すると、活用方法も理解することができるので、まずはメリットについて順を追ってお話します。

数え切れないほどの成功例を知っているプロが相談に乗ってくれる

公的機関などの転職相談などは、「気軽に相談してください」とHPに書いてあっても、「まだ具体的に考えていないから」といった理由で、相談しに行くことをためらってしまいますよね。

でも、転職エージェントなら、具体的に考えがまとまっていない段階でもしっかり相談に乗ってもらうことができます。そのため、一人で悩むよりも早く具体的な目標を設定することができます。

例えば次のような方は、相談してみるとメリットが多いです。

転職エージェントに相談する内容の例

  • 自分の能力や価値に自信が持てず、具体的な方向性が決められない
  • 家事育児と仕事を両立したいが、内定が決まらない
  • 転職先の企業選びに失敗したくないが、どんな企業を選べばよいかわからない
  • 今希望している業種・職種がどんな状況なのか
  • 希望している条件で内定を出すのは厳しいのか

希望している業界・職種・条件などが既にあるのなら、希望通りに就業できる可能性の高さを必ず確認しましょう。

可能性が高い場合、マッチする企業の求人をどんどん案内してもらえますが、可能性が低い場合、今後可能性を高めていく為にどんなキャリアを積んでいった方が良いのかアドバイスをもらうことができます。

相談することでしか得られない『気づき』もあるので、必ず1回は相談に行きましょう。

自分にマッチした求人を紹介してもらえる

エージェントに求人を紹介してもらえるメリット

  • 自分で見つける求人よりミスマッチ度が低い
  • 非公開求人を紹介してもらえる

ポイント

非公開求人のメリットとは?

1つの求人に応募が殺到することを回避するために限定公開されている求人のため、公開求人より倍率が低いことです。

一般的な求人サイトや地元求人誌などを利用して転職・再就職活動する多くの方は、会社の雰囲気や社員の様子までわからないので、情報不足を感じています。

この情報不足を補うことなく活動を継続すれば、ミスマッチ度合いの高い会社に就職してしまう可能性が非常に高いです。

ミスマッチ度が高ければまた転職を考えるでしょう。転職を繰り返してしまうと経歴も比例して増えていくので、どんどん転職の難易度が上がります。

転職・再就職するときは、1度で済むようにミスマッチ度の低い、できるだけ理想に近い企業であることがとても重要です。

転職エージェントを利用すれば、企業の経営戦略や職場の雰囲気、社員の様子など個人の活動では得られない情報を得ることができるほか、転職のプロの視点からミスマッチ度の低い求人を紹介してもらうことができます。

セミナーや動画配信などの教育サポートが無料で受けられる

私が利用した転職エージェントでは、登録すると月額980円の動画配信サイトを無料で利用できる特典がありました。

その動画は、すぐ実務で使えるスキルが身につけられるので、ブランクがあった私でもすぐ仕事を任せられても大丈夫と思えるほど役に立ちました。

そのおかげで、面接のときに自信を持つことができ、転職サイトで求人に応募しては不採用通知を貰うばかりだった私でも、経理事務で正社員になることができました。

実務経験の他にエクセルやワードの使い方など事務職に必要なスキルを身に着けられるセミナーや今後のキャリア形成に関する考え方、業種・職種別の最適なキャリア形成を目指すための実践型セミナーを開催する転職エージェントもあります。

転職エージェントから受けられるサポートは全て無料です。

転職エージェントに登録したら積極的にサポートを受けて転職・再就職活動に活かしましょう。

同じ家庭環境の人の転職事情が聞ける

転職エージェントは、自社のサービスを利用した多くの子持ち女性が正社員で内定した成功事例を知っています。

つまり、あなたと同じ家庭環境で、同じ業種・職種を希望している女性の転職成功例の情報を収集することが可能ということです。

自分の理想に近い転職・再就職の成功事例を聞くことができれば、理想の企業に就職するためにどうすれば良いのかわかります。

希望条件に対して能力や実務経験など何かが不足している場合は、求人を紹介してもらうことができないので、不足している部分を補うことから始めなければいけません。

その場合もどんなことをして内定をしたのか実例を参考にすることができます。

同じ環境の人の転職事情が聴けるのは転職エージェントだけです。どんどん質問や相談をして転職・再就職に活かしましょう。

応募書類の添削や面接トレーニングが受けられる

何度も見直して完璧と思える出来栄えでも、転職のプロが見たらまだ改善の余地があるものです。

転職エージェントから貰っておくべきアドバイス

  • アピールの仕方
  • 転職理由の伝え方
  • 志望動機の構成
  • 質問する内容

担当エージェントに履歴書や職務経理などの応募書類を添削してもらうことができます。

採否に大きな影響を与える退職・転職理由については、企業側に悪い印象を与えない伝え方を必ず教えてもらいましょう。

また、書類選考が通り面接選考に入る企業ごとに対策をする面接トレーニングも受けることができます。

面接トレーニングなどの地道な努力を重ねる姿勢を、人柄に含めたあなたの良さとして転職エージェントは応募先企業に推薦してくれるので、忙しくても面接トレーニングを受ける時間はしっかり確保したほうが良いです。

面接トレーニングを重ね、緊張せずに説得力のある言葉で自分をアピールできるようにしましょう。

不採用の理由を教えてもらえる

不採用理由がわからないと、「私を採用してくれる企業なんてないかも」と不安になってしまいますよね。

転職サイトなどで応募した場合、不採用理由を問い合わせても回答は得られませんが、転職エージェントを利用して応募して不採用になった場合、不採用理由を知ることができます。

不採用の理由がハッキリ分かれば、次の採用選考を受ける時に気を付けるポイントやアピールの足りなかったところなどに気づくきっかけになります。

反対に内定した時に「どうして内定したのか」を聞くことも可能です。内定した理由を聞くことで、自分のどの部分を高く評価されているのかはっきりわかるので、自分に自信を持つことができます。

企業は自分をどう思うのかがわかれば、採用選考に活かすだけでなく、今後のキャリアプランの見直しのきっかけにもなります。

採用選考を受けて合否が出たら、必ず理由を聞きましょう。

主婦が正社員で転職するために転職エージェントを活用する5つのポイント

正社員で転職・再就職したい主婦が、厳しい社会の中で希望を叶えるには転職エージェントを活用することが必要です。

転職エージェントの活用する5つのポイントはあります。

  1. 自分の市場価値を確認する
  2. 自分のスキル・キャリアの棚卸、今後のキャリアプランを伝える
  3. アドバイスを素直に聞く
  4. 積極性を持つ
  5. できるだけ早く返信する

どれも基本的なことですが、行動できていない人が多いです。知っているだけでは効果がないので、確実に実践できるよう順を追ってお話します。

自分の市場価値を確認する

転職・再就職活動を始める前に、これまでの経歴や資格、スキル、実績を総合的に評価した人材としての市場価値を知っておかなければいけません。

市場価値と聞くと難しい話に思えてしまいますが、簡単に言うと、『あなたを採用したいという企業側の需要がどれだけあるのか』を客観視するということです。

経験がある業種や職種を希望するなら市場価値は高くなりますが、未経験の業種や職種を希望すると市場価値がぐっと下がります。

その場合、転職エージェントから紹介してもらえる求人がないという可能性もあります。

また、自分の市場価値の高さに対して希望年収や条件が高すぎると、何社応募しても内定しません。

自分が高望みをしていることに気づかず「そのうち内定するだろう」と、応募を繰り返す人も少なくありません。

適切な自分の市場価値を確認すれば、自分に見合うような条件に妥協するか、自分の市場価値を希望条件に見合うようレベルに高めるキャリアプラを作るか、今後の活動方針を決められるようになります。

最短で正社員になるためには、まず自分の市場価値を確認し、自分の市場価値に見合った条件の求人に応募することです。

面談で、担当エージェントからあなたの市場価値について率直なコメントをもらいましょう。

自分のスキル・キャリアの棚卸、今後のキャリアプランを伝える

市場価値を確認するには、自分のスキルの棚卸しをする必要があります。今までの仕事内容を振り返り、自分がどんなキャリア・スキルを持っているか紙に書き出してみましょう。

キャリア・スキルの棚卸しは、小さいことでも書き出してください。書き出してみると自分を客観的に見ることができるので、今まで気づかなかった『自分の強み』を把握できます。

具体的に書きだすために5W1Hを意識してください。

  • Where(勤務先の企業名や配属部署)
  • Who(どんな人と一緒に仕事したのか、どんな人を相手に仕事していたのか)
  • When(その仕事をしていたのはいつか)
  • What(どんな業務内容なのか、どんな風に取り組んでいたのか)
  • Why(なぜその業務をしていたのか、なぜその業務を取り組み続けたのか)
  • Howlong(どのくらいその業務を続けたのか)

様々な経験を詳細に書き出すことで、自分の強みに説得力のあるエピソードを加えることができます。

例えば自分の強みが協調性なら、「自分の強みは協調性です」と一言で終わらせるのではなく、『どのように協力して、どんなことを達成したのか』など具体的に話すことで説得力が生まれ、ライバルに差をつけることができます。

どんな業務に携わりたいかで、今後積み上げていかなければいけないキャリアプランが変わので、キャリア・スキルの棚卸と同時に長期的な目標として『どんな業務に携わりたいのか』も考えて下さい。

具体的にイメージしながら、今後の『自分の理想』を作りましょう。

アドバイスを素直に聞く

「女性は、相談してくるのにアドバイスしても全然聞き入れない。話を聞いてほしいだけ」と男性の愚痴を聞いたことがあると思います。

実際、心理学でも『女性は人からアドバイスを貰うことが不得意』と言われています。

多くの女性が、素直にアドバイスを受け入れられない主な原因は、「自分の中にある答えと同じことを言ってもらいたい」「頑張っているのに報われないことを慰めてほしい」という無意識な願望を持っているです。

自分の中にある答えと同じことを言ってほしいのは、自分が間違っていないと自信を持ちたいからです。

また、報われないことを慰めてほしいというのは、辛いという自分の感情を共感してもらいたいからです。

この2つの願望を満たすために相談するので、純粋に『他人からのアドバイスを得たい』という願望が全くないのが、女性特有の考え方です。

そのため、アドバイスを求めているのに聞かない女性は驚くほど多く、転職エージェントを活用できずに転職・再就職活動が長引く人もいます。

あなたが一日でも早く正社員として仕事に就きたいと思うのなら、このような女性特有の考え方から離れ、担当エージェントのアドバイスを素直に聞くことが必須です。

積極性を持つ

登録すると、始めのうちは『自分の情報を入力してください』『面談希望日はいつですか』など転職エージェントからやらなければいけないことを指示されますが一通り終わったら、マッチする求人が出るまで連絡がくることは基本的にありません。

登録してから時間が空くと、転職エージェントは、あなたがまだ求職中なのかわかりません。むしろ、「連絡がこないから違う媒体を利用して内定した」と判断します。

他の転職エージェントや転職サイトで内定した殆どの求職者は、他に登録していた媒体への報告や退会手続きをせずに放置するからです。

だから、『何かしてもらえるはず』とエージェントからの連絡を待っていても何も始まらないので、色々なサポートを受けるために自分からエージェントに連絡をすることが重要です。

どんな風に連絡を取れば良いかわからないのであれば、近況だけでも報告しましょう。一番大切なのは、「まだ求職中で求人の紹介をしてもらいたい」という意志を伝えることです。

できるだけ早く返信する

就職活動中のマナーとして、できるだけ早く返信することは基本的なことです。

しかし、応募企業の採用担当者からの連絡には早く返信するのに、転職エージェントからの連絡だと後回しにしてしまう人が多いです。

早く採用を決めたい企業側の希望から、返信の早い人から優先的に声がかかるということも多いので、早い返信を心がけることで優良求人に応募するチャンスが生まれます。

連絡の遅い人はそれだけで大きな損をしています。必ず転職エージェントからの連絡は早く返信しましょう。

返信するときの注意ポイント

  • 丁寧な言葉遣いをしているか
  • 誤字脱字がないか
  • おかしな文章になっていないか
  • 返信内容に不足はないか
  • 最後は必ずお礼を述べる

転職エージェントも人なので、マナーを守る礼儀正しい人には「応援してあげたい」と思うのはよくあることです。

転職エージェントから応援される人の方が、アドバイスの質も上がりますし、フォローも自然と手厚くなります。

転職エージェントから応援してもらえるように、マナー守ったやり取りを心がけましょう。

転職エージェントの利用前に知っておくべき3つの注意点

転職エージェントの利用にはメリットが多いです。ただ、良いことばかりではありません。

転職エージェントを利用する前に知っておくべき注意点が下記の3つです。

  1. 連絡する手間が増える
  2. 面談やトレーニングを受ける時間を作らなくてはいけない
  3. 担当との相性が悪いとストレスになる

転職エージェントは手厚いサポートを受けられる反面、手間がかかります。

しかし、この注意点だけ抑えておけば、得られるメリットの方が大きいです。

これから、詳しく知っておくべき注意点をお話します。

連絡する手間が増える

転職サイトや地元の求人誌から応募する場合は、仲介する会社がないので自分で直接応募企業の採用担当者と連絡を取り合いますが、転職エージェントは全てエージェントを仲介してやり取りを行います。

マッチングした求人があるとエージェントから求人を紹介され、都度応募するか・しないかの返事を迅速にしなくてはいけません。

それは、連絡を貰ってから時間を置くと応募受付が終了し、別の求職者の選考が進んでしまうことがよくあるからです。

また、面倒になって返信するタイミングが遅くなったり、返信をしなくなったりすると、『転職・再就職の意欲が低い』と判断され、求人案内の頻度が減っていき、終いには案内が来なくなります。

また、自分本位の態度を取るとエージェントから嫌われて、質問や相談の連絡をしても優先順位が低くなり、満足なサポートを受けられなくなるので注意してください。

自分の希望していない業種や職種を紹介されるようであれば、ただ単に断るだけではなく、再度自分の希望を伝え直しましょう。

面談に行く時間を作らないといけない

転職エージェントに登録すると、平均30分から1時間の面談をする必要があります。

今までのキャリアやスキルの棚卸など基本的な話から、今後のキャリアプラン、希望条件の難易度など様々なことを話すので、時間が足りなくなることの方が多いです。

「聞きたい事や相談したいことがまだあったのに時間が足りなかった」とならないように、質問や相談したいことなどをリストアップしておきましょう。

面談の日程を決める際に、焦って無理なスケジュールを組み、当日キャンセルや前日の連絡で日程の再設定することのないよう余裕のあるスケジュールを組んでください。

当日キャンセルや前日のキャンセル、遅刻は迷惑行為である上に、社会人としてマナーがなってないと思われます。

転職エージェント自体の信用問題にも繋がるので、マナーのなっていない人は「企業先に紹介できる人材ではない」と判断して、企業側に紹介しません。

エージェントとアポイントメントをとる場合は、採用選考が既に始まっているものと思って、必ず余裕のあるスケジュールにしましょう。

担当との相性が悪いとストレスになる

人付き合いと同じで、担当エージェントに対しても『相性』があります。

担当エージェントとの相性の良し悪しは、転職・再就職活動に大きな影響を与えるので、「相性が悪い」と感じたら対応が必要です。

相性が悪いと判断できる例

  • 何度、希望を伝えても、希望と違う求人ばかり案内してくる
  • 説明が分かりづらく、理解に苦しむ
  • 何度やりとりを重ねても話が噛み合わない
  • 質問やアドバイスを求めても、具体的なアドバイスが貰えない
  • こちらから連絡しても返信がない。(もしくは、遅すぎる)

すぐ見切りをつけてしまうと求職者側の我儘と思われてしまう可能性があります。

2~3週間、解決策を実行しながら様子を見て、解消できなければ理由を添えた丁寧な文章で、担当エージェントの変更してもらえるようお願いしましょう。

転職エージェントと転職サイトの違い

転職エージェントと転職サイトの大きな違いは、求人募集企業と求職者の仲介役の有無です。

仲介役がいる転職エージェントのサービス

  • 求人やキャリアプランの相談
  • 求人へエントリーの手配
  • 非公開求人の紹介
  • 面接トレーニング
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 内定から入社までのサポート

仲介役がいない転職サイトのサービス

  • 気になる求人には自分で応募する
  • 気になる求人をお気に入りフォルダで管理できる

転職サイトは求人情報を得るためだけセルフサービスの媒体です。そのため様々なサポートのある転職エージェントと比較すると、違いがはっきりわかりますね。

子育て中の主婦が転職サイトを利用して転職・再就職をする場合、育児と平行して求人探しや応募をしなくてはいけません。

その際に、応募資格や業務内容、通勤場所、給与、福利厚生、休日・有給日数を1つ1つ確認し、その上、人がすぐ辞めてしまうようなブラック企業を避けるための口コミ・評判のチェックしなくてはいけません。

育児だけでも大変なのに、上記のことをこなしていくのはとても負担が大きく、継続が困難です。

忙しい人ほどセルフサービスの転職サイトよりフルサービスの転職エージェントを利用したほうが良いです。

転職エージェントを利用すれば、今までのキャリア・スキルや希望職種・業種とマッチする求人を、担当エージェントから紹介してもらえるので、忙しい子育て主婦でもスムーズに転職・再就職活動に取り組むことができます。

ワーキングママの転職失敗談

2歳の子供を保育園に預けて働くワーキングママの転職失敗談をご紹介します。

【転職を考えるきっかけ】

  • 勤めていた事務所の移転が原因で通勤時間が1時間以上かかるようになった
  • 家の近くで興味のある求人が出ていた

時期的に辞めるなら今言わないといけないというタイミングだったことから、思い切って退職の意志を伝え、引継ぎ作業に移りました。1ヶ月の引継ぎ期間を終え退職しましたが、子供がいることがネックになっているらしく、大体書類選考で落ちてしまいます。

しかも、退職してから3ヶ月以内に次の仕事先が見つからないと、保育園を退園しなくてはいけないということも後から知りました。結局、3ヶ月半経っても仕事を見つけることができず、保育園を退園したので、育児をしながらの就職活動でうまくいきません。

転職エージェントの利用は気後れしてしまい、求人を探すときは地元の求人誌や転職サイトばかり見ていました。

いつまでたっても次の仕事が決まらず、何をどうすれば良いのかわからないため、思い切って転職エージェントに登録して相談したところ、私の履歴書や職務経歴書に改善点がいくつもあることがわかりました。

そのあとは書類選考通過率も上がり、面接トレーニング通りに面接を受け、びっくりするぐらい早く新しい仕事先を見つけることができました。もっと早く転職エージェントを利用すれば良かったです。

反省点

  • 転職サイトだけでなく、転職エージェントも初めから利用していれば良かった
  • 在職中からもっと行動すれば良かった

まとめ

転職・再就職が厳しい子育て主婦やブランクのある主婦が、転職エージェントを利用することで理想の働き方を実現できるという話から、実際の転職エージェントの活用法までお話しました。

【おさらい】転職エージェントの活用ポイント

  1. 自分の市場価値を確認する
  2. 自分のスキルキャリアの棚卸、今後のキャリアプランを伝える
  3. アドバイスを素直に聞く
  4. 積極性を持つ
  5. できるだけ早く返信する

そして、転職サイトよりも転職エージェントが良い点は下記の5つです。

  1. 求人やキャリアプランの相談ができる
  2. 非公開求人を紹介してもらえる
  3. 面接トレーニングのサポートがある
  4. 履歴書・職務経歴書の添削サポートがある
  5. 内定から入社までのサポートがある

転職のプロであるエージェントなら、あなたの現状を理解して最適なアドバイスをしてくれます。

どんな業種・職種、経歴でも必ず相談に乗ってもらえるので、実際に転職エージェントに登録して利用を始めてみましょう。

リクルートエージェント

→リクルートエージェントの公式サイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmamaneyをフォローしよう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-子育て中に正社員で働きたい

Copyright© Mamaney , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.