子持ちでも転職したい

【転職成功の裏ワザ付】子持ち女性が正社員に転職することは本当に難しい?厳しい?

更新日:

「子持ち女性が、正社員に転職することは難しい!」

「女性が正社員として働くなら、今は厳しい!子供が成長した後にすべき!」

あなたは、このような意見を聞いた事はありませんか?

確かに、子育てしながら正社員として働くことは、簡単なことではありません。

 

しかし、きちんとした手順を踏んで転職活動をすれば「小さな子持ち女性でも、正社員に転職することは可能」です!

 

最近は「子育て中の女性が働きやすい環境づくり」を積極的に行う企業も増えてきました。

それは自社で「多くの優秀な女性」に働いてほしいと考えているからです。

この記事では、某転職エージェントに勤務経験のある筆者が「子持ち女性で正社員を目指す方」に向けて、具体的にどう動けば良いかをお伝えします。

子持ち女性だけど、正社員として働きたい!」と考えている方は、こちらの記事を参考にして下さいね。

人気記事
子持ち女性が転職するベストなタイミングと仕事と家庭を両立させる転職のコツ

「子持ち女性は、転職しにくい」 「子持ち女性は、転職活動に失敗する」 あなたは、こんなネガティブな情報を目にしたことはありませんか? 事実、インターネット上の掲示板を見たり、ママ友と会話する中で「子供 ...

続きを見る

転職しようかお悩みの方へ

転職を検討中の方は、とにもかくにも、まずは転職エージェントに無料会員登録するのが先です

転職のプロのサポートが無料で受けられるだけではなく、有利な情報が得られるので、理想の職場に転職したいなら必ず利用しましょう。

転職エージェントの利用が初めての方は、業界最大手のリクルートエージェントが安心です。


リクルートエージェント

→リクルートエージェントの公式サイトはこちら

子持ち女性の正社員への転職が「難しい!厳しい!」と言われる理由

あなたは、子持ち女性の正社員への転職が「難しい!厳しい!」と言われる理由を、ご存知でしょうか?

  • 子供が小さいと、周囲の理解なしにフルタイムで働くことは難しい
  • 世の中には「子持ち女性=仕事より子育て優先」という考えを持つ企業もある
  • 正社員の仕事を辞めて、パートや契約社員に転職した子持ち女性は、今まで多かった

一般的には上記のような理由から「子持ち女性が正社員で働くことは厳しい」と言われています。

「やっぱり、そうだよな」と思う方も多いと思います。

では、もう少し踏み込んで「子持ち女性の正社員への転職が難しい、厳しい」と言われる理由について、詳しくお話させていただきますね。

子供が小さいと、周囲の理解なしにフルタイムで働くことは難しい

「子育て中の女性のサポート体制が整っていない会社」の場合は、業務が回らなくなることを恐れて、子持ち女性の採用を避けることがあります。

保育園に預けているお子さんが、いきなり熱を出したら、保護者は、お子さんのもとに駆けつけないといけません。

また、どんなに仕事が忙しくても、定時に上がって保育園に迎えに行く必要があります。

もし「子育て中の女性のサポート体制」が整っていない企業の場合、1人抜けるだけでも混乱するでしょう。

残念ながら「子育て中の女性のサポート体制」が、まだ整っていない企業も日本にはたくさん存在し、このような企業に子持ち女性が転職する事はとてもハードルが高いものです。

【女性必見】正社員に転職したいけど転職活動のやる気が出ないときの対処法

「正社員への転職活動を、どう進めていいのかわからない」 「転職活動のやる気が出ない」 「自分が正社員に転職できるか不安」 正社員に転職したいけどやる気が出ない方って意外と多いようです。 あなたも、正社 ...

続きを見る

世の中には「子持ち女性=仕事より子育て優先」という考えを持つ企業もある

企業側に「子持ち女性=仕事より子育て優先」と考えている人がいる場合は、女性より男性の採用を積極的に行う可能性が高いです

男女共同参画が進められているものの、現実は、「妻は家で家事育児をし、夫の帰りを待つべき!」という考えを持つ人が多い会社はまだまだ存在します。

あなたは「女性の私だけが家事育児をするなんて、古い考えだよ!」と思うかもしれません。

ところが、その古い考えを持つ企業は少なくなく、それが子持ち女性の転職機会を奪っている実態があります。

正社員の仕事を辞めて、パートや契約社員に転職した子持ち女性は、今まで多かった

出産後「主婦」になったり「パートや契約社員として働く」という選択肢を選ぶ女性は、今まで多くいました。それも1つの尊重すべき働き方です。

きっとあなたの周りでも「出産後、正社員への転職を諦めてパートや契約社員に転職した」という知り合いもいるのではないでしょうか。

しかし、あなたが「今後も正社員として働きたい!」「キャリアを積んでいきたい!」と考えているのであれば、正社員を目指して転職活動してみてください。

行動した方は、理想の転職を手に入れています。

 

あなたには「あなたに合う働き方」があるはず。他人は他人、あなたはあなた、です。

あなたを求めている企業は必ず存在します。

お子さんがいても、理想の職場につける可能性は十分あります。

「正社員への転職が難しい!」と言われた子持ち女性が、転職に成功した事例

正社員への転職が難しいと言わわれていた子持ち女性が、転職に成功したケースは、実はたくさんあります。

そこでここでは、筆者が「転職エージェント」に勤務していた時に見た事例について、お話します。

あなたには「正社員で働くことを希望する子持ち女性」が、転職活動中に行ったことについて具体的にお伝えしますね!

あなたが真似できるものがあれば、ぜひ取り入れてみてください。

託児所付きの職場を探した

最近は「託児所付きの職場」が増えています。

以前は「優秀な女性が、働くことを諦めること」が多くありました。それは、子供を預ける場所が見つからなかったからです。

しかし「優秀な女性には、正社員として働いてほしい!」と考える企業が、増えてきています。

「優秀な女性を自社に呼ぼう!」「女性が働きやすい環境を作ろう」こんな風に考える企業が増えたのです。

託児所付きの会社に就職すれば、お子さんが体調不良になった時も、すぐに駆けつけることが出来るので安心ですよね!

また、一緒に働く社員からも「子育てと家事の両立」に対して理解を得やすいでしょう。

ベビーシッターを雇うことを検討した

旦那さんの仕事が忙しかったり、近くに頼れるご両親がいない場合は「ベビーシッターを雇用しながら」働くことも1つの方法です。

ベビーシッターは、育児、子育てサポートのプロです。 緊急時だけ依頼することも可能です。

1人でも「信頼できるベビーシッター」がいれば、あなたは安心して働くことができるでしょう。

メリットは、それだけではありません。

あなたが育児と仕事の両立に悩んだりストレスを溜めた時も、ベビーシッターは、サポートしてくれる存在になるでしょう。

ご家族以外に「子育てのプロ」に甘えてみることも検討してみて下さいね。

子持ち女性が「育児と仕事を両立すること」に理解のある職場を探した

子持ち女性が、育児と仕事を両立することに理解のある職場を探すことも重要です。

いくら雰囲気や給与が良い会社でも、「子持ち女性が働くことに非協力的」だと、あなたの精神的、身体的ストレスが大きくなります。

正社員として働く環境を手に入れたとしても、あなたへの負担が大きすぎる働き方は良くありません。

もし、あなたが「育児と仕事を両立すること」に理解のある職場を探したい場合は

  • 子持ち女性が多く働いている職場
  • 育児休暇、産休に協力的である職場
  • 急な早退、欠勤も、他の社員とサポートしあえる職場
  • 託児所付きの職場

このような「育児と仕事を両立に理解のある」職場を優先的に見ていくことがポイントです。

旦那さんとご両親に、困った時のサポート・協力を依頼した

旦那さんとご両親からのサポートも、あなたが正社員として働く上では、とても重要なことです。

事実、「子持ち女性で正社員への転職に成功している人」は、家族からのサポートや理解を得ている人が多いです。  

子育ては1人でするものではありません。

「旦那さん」「ご両親」など、周りの人のサポートがあってこそ「育児と仕事の両立」が出来ます。

友達やベビーシッターでも構いませんので、辛い時・困った時に「頼ることが出来る人」を探してみて下さいね。

そして「子育てと仕事を両立したい」という気持ちも伝えておきましょう。

上司・夫から「正社員」への転職を反対された子持ち女性はどうすべき?

子持ち女性は、現在勤めている会社の上司や夫から「正社員」への転職を反対されることがあります。 「子供がまだ小さいから、育児に専念して欲しい」 「産休や育休から復帰したばかりだから、無理に働く必要は無い ...

続きを見る

当初希望していなかった職種・業界に転職した

実は、転職に成功した女性の中には「出産前」と「出産後」で、仕事の職種や働き方を変えている人もいます。

「この業界でなければいけない!」

「この働き方ではなければいけない!」

今、あなたがこう考えているのであれば、今後転職活動を進めていく上で、少しだけ視野を広げてみて下さい。

もしかすると、あなたにも「今考えていない職種、業界」で、自分に合った働き方ができる可能性があります。

誤解しないでいただきたいのは、「キャリアアップを諦めてください!」と言っているのではありません。

様々な業界、働き方を考えてみると

「自分の知らない働き方もあった!」

こんな風に、ポジティブに考えることも可能になります。息詰まった時は、ぜひ視野を広げてみて下さいね。

転職に失敗した4つの事例から学ぶ対策

「子育てをしながら転職活動した女性が、転職活動に失敗してしまった…」

こんな話も、よく耳にしますよね。

では、どうして、転職活動に失敗してしまったのでしょうか?

こちらも、筆者が転職エージェントに勤務していた時の経験をもとに、お話しさせていただきます。

育児と仕事、転職活動、どれも1人で完璧に行うことを目指した

「育児も転職活動も全て完璧にしないといけない!」と考える方は、理想を追い求め、自分で自分のことを苦しめます。

世の中の仕事ができる女性の中には、何でも完璧に頑張ろうとする方がいます。

しかし「育児」「転職活動」は、あなた自身が「コントロールできない時」もあります。

その結果、転職活動も中途半端なまま、中断せざるを得なくなるのです。

でも「転職活動で上手くいかない時」があるのは、子供がいなくてもあり得ることです。

時には「完璧ではない自分」を許してあげることも「正社員としての転職を目指す」では、必要ですよ!

「子持ち女性が働くこと」を理解してもらえない企業を希望した

あなたがとても優秀だとしても「子持ち女性が働くことに、理解者がいない職場」を希望した場合、内定がもらえないことがあります。

これは、企業の人事や担当者、社長の考え方の問題です。

たった数回の面接で、企業全体の意識や考えを変えることは難しいでしょう。

もし、内定した場合でも、あなたが働いていく中で「子持ち女性にハンディがある」と感じることがあるかもしれません。

出来れば、あなたには最初から「子持ち女性が働くことを理解してくれる職場」を探すことをおすすめします。

「子育てしながら働くことに理解のある企業」を先手くすることで、長く働けると思いますし、キャリアアップを目指していけるでしょう。

インターネット上の「育児しながらの転職は厳しい」という情報を信じて、転職活動を諦めた

インターネット上には「育児しながらの転職活動は厳しいだろう」というネガティブな情報もたくさんあります。

時々、その情報だけを信じて「転職活動」を諦めてしまう方がいます。

でも、今は「女性も活躍できる環境づくりをしよう!」と考える企業も増えています。

まずはあなた自身で行動して、自分の目や耳で、確かめてみませんか?

インターネットの情報を鵜呑みにするのはもったいないですよ。

転職に対して「旦那さん・ご両親」から協力・理解をもらえなかった

転職に関して「旦那さん・ご両親」から協力・理解をもらえなかった場合も、転職活動を進めていく上では障害になります。

この場合「旦那さんやご両親の不安・心配が解消されていない」ことが原因でしょう。

もし、旦那さんや家族に理解してもらえない場合は、何度も話し合って相手の不安・心配を解消してあげましょう。

「どうすれば家族に納得してもらえるのか?」「希望する会社・業界のことをどう話せば良いのか?」考えてみて下さいね。

 旦那さんもご両親も、人間です。

まずは、 旦那さん・ご両親の考えを聞いて、その上で話し合うことも大切ですよ。

子持ち女性が正社員に転職する3つのステップ

最後に、子持ち女性が正社員に転職するための具体的な「3つのステップ」についてお伝えします。

とても大事なステップなので、しっかり読んでくださいね!

転職サイトを見て、自分の希望する業界・職種について情報収集する

まずは、転職サイトにアクセスして、「業界や職種の情報収集」をしましょう。

「今、どのような企業が積極的に採用活動をしているのか?」 「女性が働きやすそうな企業はあるのか?」 「給料相場はいくらか?」など、調べてみてください。

転職サイトをチェックしている時点では、業界や職種を絞らなくても大丈夫です。

転職サイトを活用する目的は「情報収集しながら、自分の視野を広げていくこと」です。

転職エージェントに登録し、キャリアアドバイザーに希望する業界・職種について相談する

「転職エージェントに登録すること」は、「子持ち女性が正社員として転職活動する」上で、有利に働きます。

なぜかと言うと、転職エージェントは「正社員として働く女性を求めている」企業情報をたくさん持っているからです。

転職サイトに載っていない、大手企業の情報を教えてくれる場合もあります。

また、転職エージェントのキャリアアドバイザーと実際に話すことも、あなたにプラスになります。

「あなたの希望給与は現実的なのか?」 「あなたが働きやすい職場や業界の事情」など、何度も無料でアドバイスをもらうことができます。

不安なこと・分からないことは、転職のプロに積極的に相談しましょう。

担当のキャリアアドバイザーが、親身になって答えてくれますよ。

正社員に転職したい子持ち女性が転職エージェントを利用するメリット・デメリット

世の中には「求人情報を知る方法」「正社員への転職活動の方法」がたくさんあります。 地元の求人情報誌 求人サイト ハローワーク 気になる企業のホームページ 転職エージェント 友人からの紹介 これらが一般 ...

続きを見る

転職エージェントから紹介される求人の中で、自分が無理なく働けそうな会社に応募する

転職エージェントの担当者から、少しでも興味がある企業があれば話を聞いてみると良いでしょう。

もしかすると、転職エージェントから「自分が希望していない職種・業界」を紹介されることもあります。

その場合は「この業界は希望と違います」「この業界は理想に近い」など、あなたの意見・考えを伝えてみてくださいね。

あなたが正社員に転職する上で「転職エージェントの担当者に、あなたの希望を理解してもらうこと」は重要です。

視野を広げつつ、最後まで妥協しないことがポイントです。

高確率で正社員に転職するための「転職エージェント・転職サイト」併用ワザ

子持ち女性・専業主婦は「正社員」への転職が難しいと言われることがあります。 実際「正社員への道」を諦めてしまったり、先行きが見えず不安になっている子持ち女性も、世の中には多くいます。 あなたも「正社員 ...

続きを見る

まとめ

ここまで「子持ち女性が正社員を目指して転職活動する方法」を全てお伝えしました。

「子持ち女性が正社員への転職に成功する方法」は、意外とシンプルです。

  • 転職サイトで情報収集をする
  • 転職エージェントに登録して、自分の希望を伝える
  • 転職エージェントから紹介される案件の中から自分が働きやすそうと思うものに応募する

あなたに忘れて欲しくないのは「子育てしながらどういう働き方であれば無理なく働けるか考えること」と「最後まであきらめないこと」です!

この記事をご覧になっていただき、少しでも「子持ち女性の転職活動へのマイナスイメージ」が消え、転職への第一歩を踏み出そうと考えるなら、まずは「転職エージェント」に話を聞いて、情報収集するところからスタートしてみましょう。

業界最大手のリクルートエージェントなら、豊富な情報の中から子持ち女性に最適な転職先を紹介してくれたり転職に関する不安についても相談にのってくれるので、強い味方になります。

登録は5分で終わり、全て無料で登録できます。

あなたのペースで、前向きに転職活動を進めていきましょう!

リクルートエージェント

→リクルートエージェントの公式サイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmamaneyをフォローしよう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-子持ちでも転職したい

Copyright© Mamaney , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.