子持ちでも転職したい

上司・夫から「正社員」への転職を反対された子持ち女性はどうすべき?

更新日:

子持ち女性は、現在勤めている会社の上司や夫から「正社員」への転職を反対されることがあります。

「子供がまだ小さいから、育児に専念して欲しい」

「産休や育休から復帰したばかりだから、無理に働く必要は無いのでは?」

「パートやアルバイトにしたら?」

このように、あなたは会社の上司や夫から「正社員」への転職を反対されて悩んでいませんか?

 

しかし、子持ち女性だからと言って、必ずしも「やりたい仕事や夢、キャリア」を諦める必要はありません!

 

実際、「子育てと正社員の仕事」をうまく両立している女性は、数多くいます。

こちらの記事では、転職エージェント出身の筆者が、子持ち女性が周囲から「正社員」への転職を反対された時の考え方と対処方法について、お伝えします。

「正社員への転職を考えているのに、周囲に理解を得られない!」と悩んでいるあなたは、ぜひ読んでみて下さいね。

子持ち女性が転職するベストなタイミングと仕事と家庭を両立させる転職のコツ

「子持ち女性は、転職しにくい」 「子持ち女性は、転職活動に失敗する」 あなたは、こんなネガティブな情報を目にしたことはありませんか? 事実、インターネット上の掲示板を見たり、ママ友と会話する中で「子供 ...

続きを見る

転職しようかお悩みの方へ

転職を検討中の方は、とにもかくにも、まずは転職エージェントに無料会員登録するのが先です

転職のプロのサポートが無料で受けられるだけではなく、有利な情報が得られるので、理想の職場に転職したいなら必ず利用しましょう。

転職エージェントの利用が初めての方は、業界最大手のリクルートエージェントが安心です。


リクルートエージェント

→リクルートエージェントの公式サイトはこちら

子持ち女性が上司から「正社員」への転職を反対される理由

  • せっかく育てた人材を手放したくない
  • できるだけ人手不足の状態を作りたくない
  • 教育・産休・育休など、時間をかけてサポートしてきた「優秀な人材」には働き続けて欲しい

これらは「子持ち女性が、上司から正社員への転職を反対される理由」です。

あなたが会社側の立場に立ったら「そう考えるのは当たり前」と納得出来ますか…?

それぞれの理由について、詳しく背景や事情説明しますね。

せっかく育てた人材を手放したくないから

会社は、1人の社員に対して莫大な時間やお金を投入し、教育を行います。

 

それは、将来的に、育てた社員が会社に貢献してくれることを期待しているからです。

 

もちろん、会社によって「教育方法や教育時間」に違いはありますが、基本的には「社員への教育は、会社に将来貢献してもらうため」と考えて良いでしょう。

他の社員への負担も考えて、会社は「できるだけ人手不足の状態を作りたくない」と考えるから

会社が人手不足の場合も、会社側はあなたの転職に反対することがあります。

あなたが退職する場合、会社は「新しい人材を採用する」必要があります。

既存のメンバーで仕事を回していく場合でも「あなたが今担当している仕事をカバーする」ため、他の人を教育する必要があります。

社内で、配置転換が必要になる場合もあるでしょう。

このように、会社は、他の社員への負担も考えて「できるだけ人手不足の状態を作りたくない」と考えるのです。

教育・産休・育休など、様々なサポートをしてきた「優秀な人材」だから

あなたは入社後、会社や先輩から「教育」を受ける機会があったと思います。

「会社からのサポートがあったからこそ、今の自分がいる」と考えている方もいるのではないでしょうか…?

 

なお、福利厚生制度の一環「産休・育休」は、あなたが将来、会社に復帰することを見込んでの「サポート」です。

 

そのため、会社は、教育、産休、育休など何らかのサポートをした社員には、「すぐに会社を辞めてほしくはないし、会社のために働き続けて欲しい」と考えます。

【転職成功の裏ワザ付】子持ち女性が正社員に転職することは本当に難しい?厳しい?

「子持ち女性が、正社員に転職することは難しい!」 「女性が正社員として働くなら、今は厳しい!子供が成長した後にすべき!」 あなたは、このような意見を聞いた事はありませんか? 確かに、子育てしながら正社 ...

続きを見る

子持ち女性が上司から「正社員」への転職を反対された時にすべき3つのこと

次に、子持ち女性が、上司から「正社員」への転職を反対された時にすべきの3つのことを、お伝えしますね。

  • 自分が転職を考える理由とその背景を整理する
  • 考え直すように言われた場合は、再度「意志が固まっていること」「本気で考えていること」をハッキリ伝える
  • 直属の上司にどうしても納得してもらえない場合は、他の上司・人事に相談する

こちらも、1つずつ解説していきます。

自分が転職を考える理由とその背景を整理する

まずは「自分が転職を考える理由とその背景」を整理しましょう。

できれば、就職活動を始める段階で

「将来的に、自分はどうなりたいのか」

「どのように働いていきたいのか」

「自分のやりたいことは、今の職場では実現できないのか?」

このように、じっくり考えておくことが理想です。

 

あなたは、どうして転職をしようと思いましたか?何がきっかけで転職活動を始めようと思いましたか?

 

「自分が転職を考える理由やきっかけ」が曖昧な場合は、時間を確保して、ゆっくり考えてみてくださいね。

考え直すように言われた場合は、再度「意志が固まっていること」「本気で考えていること」をハッキリ伝える

会社があなたのことを「優秀な人材」「手放したくない人材」と考えている場合は、会社から「引き留められる」「考え直すように説得される」ことがあります。

「転職について考え直してほしい」

「待遇の問題・ポジションの問題で、会社に対して不満があるのであれば、改善する」

会社としては「優秀な人に残って欲しい!」と考えるのは当たり前です。

 

しかし、会社にはあなたの転職を止める権利はありません。

 

もし何度もしつこく引き留められた場合は「すでに意思が固まっていること」「転職に対しては、本気で考えていること」をハッキリ伝えましょう。

直属の上司にどうしても納得してもらえない場合は、他の上司・人事に相談する

転職について「直属の上司」に納得してもらえない場合は、「他の上司」「人事」に相談することも1つの方法です。

できれば、直属の上司に理解され、応援してもらうことは、理想ですよね。

会社で働く、残りの期間も過ごしやすくなります。

 

しかし、このまま直属の上司に「転職の話をし続けても、話し合いは平行線のまま進む」と感じた場合は、他の上司や人事に相談してみましょう。

 

何らかのヒントをくれたり、助け舟を出してくれる可能性があります。

子持ち女性が夫から「正社員」への転職を反対される理由

あなたのご主人が「あなたの正社員への転職」を反対する場合は、「理解してもらうまでに時間がかかる」可能性があります。

ご主人が「あなたの正社員への転職」を反対する理由の中には、あなたからすると「理不尽で、納得のいかない理由もあるでしょう。

  • 妻には、仕事より「家庭」を優先して欲しいと思っているから
  • 妻の現在の「仕事、働き方、給与」に満足しているから
  • 妻の行動・転職のタイミングを、夫である自分が管理したいから

長年一緒にいる家族でも、もともとは他人です。

考え方が理解できないことがあっても、それは普通です。

 

しかし、ご主人と100%理解しあえなくても、お互いに歩み寄ることはできるはず。

 

子育て中のあなたには余裕が無いかもしれませんが、ご主人の立場に立って、気持ちや考えを理解しようとする姿勢も大切です。

これから「ご主人が反対する理由」の背景についても、お伝えしますね。ご主人を説得する上で、参考にしてみてください。

あなたには、仕事より「家庭」を優先して欲しいと思っているから

ご主人は、あなたに対して「仕事より家庭を優先してほしい」と考えている場合があります。

一方で、女性のあなたとしては「女性が外で働くことは普通。夫の考え方は古い。」と思うかもしれません…。

もしかすると、ご主人は、あなたが正社員に転職した場合「家事は誰がやるのか」を心配している可能性もあります。

その場合は「お風呂掃除は土曜日の朝」「食材の購入は日曜日の午前中」など家庭内のルールを提案することで、理解してもらえます。

これは1つの例ですが、あなたが「ご主人の考えや気持ちを理解しようとする姿勢を意識することで、見えること・見えるものもあります。

 

ご主人とお互いの気持ちを尊重しあったり、歩み寄って協力し合うことも、あなたが「正社員」に転職する上では大切です。

 

今のあなたの仕事・働き方・給与に満足しているから

ご主人が「今のあなたの仕事、働き方、給与」に満足している場合、「どうしてわざわざ転職するの?」と、あなたの転職に疑問を持つ可能性があります。

この場合は、ご主人に「あなたの将来のビジョンや夢」を論理的に伝えてみましょう。

 

男性は、女性に比べて論理的な思考をするタイプが多いと言われています。

 

「なんとなくそう思う」ではなく、「転職理由」「転職を考えるようになった背景」「将来のビジョン」も分かりやすく伝えましょう。

あなたの行動・転職のタイミングを夫である自分が管理したいから

ご主人が亭主関白タイプの場合は、あなたの行動や転職のタイミングを、「夫である自分が管理したい」と考えている可能性があります。

この場合は、先に転職活動を進めて「結果」が出てから、ご主人と話しあう方法が良いでしょう。

 

ご主人の意見も大切ですが、あなたが正社員に転職したい!いう気持ちが強いのであれば「自分の気持ち」もを大切にしてくださいね。

 

もし1人で転職活動を進めることが不安に感じる場合は、転職エージェントを利用しましょう。

転職のプロがあなたの転職活動をサポートしてくれますし「転職に反対している家族について」相談をすることも可能です。

1人で悩まず、周りに頼りながら「前向き」に考えていきましょう。

子持ち女性が夫から「正社員」への転職を反対された時にすべき3つのこと

子持ち女性のあなたが夫から「正社員」への転職を反対された場合は、このようなことを意識すると良いでしょう。

  • 転職に反対する夫の話を聞いて「夫の考え・気持ち・意見」を整理する
  • 「自分の考え・気持ち・意見」「今後どう働きたいか」「夫婦で抱えている問題」についてまとめる
  • 夫が冷静な時間帯を選んで、再度話をする

ひとつひとつ、お伝えしていきますね。

転職に反対する夫の話を聞いて「夫の考え・気持ち・意見」を整理する

まずは「あなたの夫は、あなたの転職に反対する理由」について、夫の考え・気持ち・意見に耳を傾けましょう。

イライラしても、感情的にならないことをならないように気をつけてくださいね。

 

夫の話に耳を傾けて「夫は、どうして転職に反対しているのか?」「何を伝えたら、夫は理解してくれるか?」冷静に考えてみてください。

 

反対する夫には、何らかの理由があるはずです。

「自分の考え・気持ち・意見」「今後どう働きたいか」「夫婦で抱えている問題」についてまとめる

夫の「考え・気持ち・意見」を聞いた後は、「周囲から反対されても、転職したい!」と思ったか、自分の気持ちを整理しましょう。

「今後どう働いていきたいのか?」

「あなたが働いていく上で、夫婦で抱えている問題は何なのか?」

など、思いつくことを全て、書き出してみませんか?

 

少し面倒かもしれませんが、早い段階で「夫婦で抱えている問題」を整理しておくことで、あなたが気持ちよく転職活動を進めることができます。

 

できれば1人の時間を作って、「転職」に対する自分の考え方や気持ちを整理していきましょう。

夫が冷静な時間帯を選んで、再度話をする

あなたの考えや気持ちを整理した後は、夫が冷静の時間帯を選んで、再度話し合いをしましょう。

平日、夫の仕事が忙しい場合や余裕が無さそうな場合は、「休日」「ご飯を食べている時」など、夫が冷静な時間帯を探して話すことをおすすめします。

大丈夫です。焦らず、ゆっくり進めましょう。

【女性必見】正社員に転職したいけど転職活動のやる気が出ないときの対処法

「正社員への転職活動を、どう進めていいのかわからない」 「転職活動のやる気が出ない」 「自分が正社員に転職できるか不安」 正社員に転職したいけどやる気が出ない方って意外と多いようです。 あなたも、正社 ...

続きを見る

子持ち女性が周囲に理解を求めながら転職する3つのポイント

では、本気で正社員への転職を考えるあなたに、「周囲に理解を求めながら転職する3つのポイント」もお伝えしますね!

3つのポイントは、こちらです。

  1. 相手の話にも耳を傾け、自分がどう動きたいのか論理的に考えをまとめる
  2. 周囲に理解してもらえない場合は、転職活動と並行させながら話し合いを続ける
  3. 「転職支援のプロ」転職エージェントのキャリアアドバイザーにも相談する

これは、相手が「夫」であっても「会社の上司」であっても、同じことです。

相手の話にも耳を傾け、自分がどう動きたいのか論理的に考えをまとめる

まずは、相手の話にも耳を傾けるようにしましょう。

あなたは「感情的」「一方的」に、自分の意見や考えを話していませんか?

 

もし、あなたが「周りの人にも応援してほしい、自分の行動を認めて欲しい」と思う場合は、相手の話にも耳を傾けるようにしましょう。

 

1度耳を傾けて話を聞くことで、「あなたがこれからどう接していけばいいのか」見えてくるものもあるでしょう。

相手の話を聞いた後は「自分がどう動きたいのか」論理的に考えをまとめていきましょう。

周囲に理解してもらえない場合は、転職活動と並行させながら話し合いを続ける

「あなたの転職」について、なかなか、上司や夫に理解していないもらえない場合もあります。

「今すぐ理解してもらおう!」と思っても、相手は人間なので、あなたの想い通りに動いてくれない可能性もあります。

あなた自身も疲れてしまいますよね。

 

周囲の人が「あなたの転職」に理解を示してくれない場合は、転職活動と並行させながら話し合いを続けましょう。

 

あなたが行動する姿を見て「そこまで本気なら…」と理解してくれるかもしれません。

または転職先によっては「この会社であればOK!」と応援してくれる可能性もあります。

「転職支援のプロ」転職エージェントのキャリアアドバイザーにも相談する

あなたには「転職支援のプロ」転職エージェントのキャリアアドバイザーにも、相談することをおすすめします。

転職エージェントには、様々な転職事情を抱えた「転職希望者」が登録しています。

あなたと同じように家族や上司から反対を受けている求職者も、たくさんいます。

1人で悩まず「転職支援のプロ」に頼ることも1つの効率的な方法ですよ!

 

お子さんを育てながら、転職活動をする事は、体力的にも、精神的にもとても疲れます。

1人で悩んだり苦しまずに、「転職支援のプロ」を頼りましょう。

 

転職エージェントのキャリアアドバイザーには「どうすれば、周りの人にも理解してもらえるのか」アドバイスをもらうことも可能です。

正社員に転職したい子持ち女性が転職エージェントを利用するメリット・デメリット

世の中には「求人情報を知る方法」「正社員への転職活動の方法」がたくさんあります。 地元の求人情報誌 求人サイト ハローワーク 気になる企業のホームページ 転職エージェント 友人からの紹介 これらが一般 ...

続きを見る

まとめ

あなたが転職したいと考えた時、周囲の人に反対されるとは辛いですよね。できれば応援してほしいですよね。

 

しかし、周囲の人は、あなたのことを心配したり、あなたのことを思って「あなたの転職に反対」している可能性もあります。

 

どちらにせよ、あなたが相手から逃げずに向き合ってみることで「相手の本当の気持ち」「相手が反対する理由」が分かるでしょう。

そして、うまく転職のプロに頼ることもポイントです。

 

この記事をご覧になっていただき、「転職エージェントを利用する方法」「転職エージェントのメリット」は、理解いただけましたか?

あなたが転職への第一歩を踏み出そうと考えるなら、まずは「転職エージェント」に話を聞いて、情報収集してみて下さいね!

業界最大手のリクルートエージェントなら、豊富な情報の中から子持ち女性に最適な転職先を紹介してくれたり転職に関する不安についても相談にのってくれるので、強い味方になります。

登録は5分で終わり、全て無料で登録できます。

あなたのペースで、前向きに転職活動を進めていきましょう!

リクルートエージェント

→リクルートエージェントの公式サイトはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmamaneyをフォローしよう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-子持ちでも転職したい

Copyright© Mamaney , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.