看護師の資格を取りたい

30代子育て中から看護師資格を取得する!その取得方法や注意点・難易度は?

更新日:

看護師

【質問】35歳から看護師になれますか?

現在35歳で2児の母です。将来の経済面に不安があるのと、人生のやりがいを持ちたいと思い、これから看護師を目指したいと考えています。

看護師資格をとる場合の流れや必要な対策、経済面、難易度、子育てとの両立のハードルなど教えてください。

(35歳主婦 大阪)

 

35歳から看護師になることは可能です。30代で子育て中の人でも、看護師を目指す人はたくさんおり、40代でも准看護師を目指している人もたくさんいます。現在、看護師は不足していますので、資格をとれば職には困らないでしょう。

そこで、このぺーじでは、35歳から看護師になる上で最初に目指すべき准看護師免許について、准看護師免許を取得する流れ、必要な対策、経済面や難易度、子育てとの両立のハードルなどを中心に、解説していきます。

看護師資格を取得する基本的な流れ

看護師は大きく分けて、准看護師と正看護師の2種類があり、もっとも早く取得できるのが准看護師です。理由は後述にて解説しますが、2つの違いは主に、資格と待遇と立ち位置にあります。

資格については、准看護師は都道府県知事から交付される資格なのに対し、正看護師は厚生労働大臣から交付される国家資格で、待遇面については、やはり正看護師のほうが上です。

立ち位置については、正看護師は保健師助産師看護師法で定められているのに対し、准看護師は医師や正看護師などの指示を受けて、「療養上の世話及び診療の補助」を行います。

准看護師でも、指示があるかぎりは患者に対して注射を打てるので、業務内容自体は正看護師とほとんど変わりません。

取りたい看護師資格によってルートは異なる

正看護師の場合、高校卒業して看護学校に入学して3年、看護師国家試験を受けて合格して卒業すると、病院に配属されます。

ちなみに、看護大学もありますが、こちらは4年で、看護師の資格だけでなく、助産師と保健師の国家資格を同時に取得することが可能です。他にもルートはありますが、こちらのほうが一般的に多いです。

准看護師の場合、高卒資格がなくても、中学を卒業してから准看護師養成所に入学することが可能だけでなく、2年という短期間で取得が可能なので、子育て中の30代女性にとっては、比較的取りやすいといっても過言ではないでしょう。

30代なら看護学校で准看護師を目指すのがベター

なぜ30代で看護学校に入学して准看護師を目指すのがベターなのかというと、主な理由は、入学試験を受けられることと、最短2年で卒業できることにあるからです。

中学卒業が看護学校の准看護科または准看護師養成所の入学資格となっているので、入試に合格すれば、誰でも入学できます。

また、定時制を設けている看護学校があるので、働きながら通いたいという人は、その学科を選ぶことをオススメします。しかし、定時制の場合は、2年でなく3年になるので注意してください。

准看護師になれたら正看護師を目指すのもアリ

准看護師として働くことに落ち着いたのなら、准看護師から正看護師を目指すのもありです。なぜなら、正看護師になることで、待遇が改善して給料アップの見込みがあるだけでなく、助産師や保健師という国家資格の受験資格を得る機会が与えられるなど、メリットはたくさんあります。

准看護師から看護師になるステップは、看護学校の看護学科などに入学するのですが、ここでも入学試験があります。試験が通って入学してから最短2年で、看護師国家受験資格を得ることができますが、定時制の場合だと、3年となっています。

ちなみに、病院やクリニックなどに勤務してから10年以上の実務経験を重ねると、看護専修学校に入学できるのですが、内容は2年間の通信教育です。通信教育の過程をこなすことで卒業することができて、看護師国家試験の受験資格が得られるようになります。

看護学校入学の難易度や試験に向けての対策

看護学校は入学試験があるので、入学試験に向けての対策を含めて、勉強する必要があります。ここでは、看護学校入学の難易度や受験に向けての対策などについて、解説いたします。

看護学校に入学するのは意外と難しい

看護学校の准看護科の難易度で注目してほしいところは、倍率です。なぜかというと、必ずと言っていいほど定員オーバーになるからです。

筆記試験は中卒程度の学力が求められるので、筆記試験自体は難しくありません。面接もありますが、聞かれたことを的確に答えるだけなので、こちらも難しくありません。

しかし、倍率が高ければ高いほど、その分の難易度が高くなります。単純計算すると、成績上位者が合格者となるというわけです。准看護師は正看護師より手軽に取得可能で人気があり、定員割れが存在しないと思ったほうがいいでしょう。

入学試験の教科と勉強法

筆記試験は国語と数学がありますが、看護学校によっては英語や理科、さらに作文もあるようです。国語と数学などの勉強法については、過去問などを参考に学習するのが無難でしょうが、作文がある場合は、試験毎にテーマが変わってくるので注意してください。

そのテーマは、看護とは全く関係のないものがほとんどだと言われていますが、ある程度の文章力が求められると判断した方がいいでしょう。

予備校に通うという選択肢もある

看護学校受験向けの予備校の中には、准看護師向けがあります。独学での勉強に限界を感じる方は、予備校に通うという選択肢もあります。

受講料については、ある予備校をモデルに説明すると、入塾金が1万円で諸経費が2万円、教材費が前期と後期を合わせて1万円、受講料が1教科で1万3千円、2教科で2万4千円、3教科で3万3千円。

各教科は予備校によって異なるので、あえて記載いたしませんが、相場はこれぐらいだと考えています。

看護学校の学費はどのくらい?

看護学校の入試を合格できたとしても、問題なのは学費です。なぜなら、学費を払えない学生は入学できないだけでなく、仮に入学できたとしても、学費を払えないという理由で退学を余儀なくされる可能性が大きいからです。

看護学校に限らず、どの学校でも言えるのですが、学費についてはシビアですので、一括で払えるなら一括、教育ローンを利用できるのなら教育ローン、奨学金制度が利用できるのなら奨学金など、学費の支払方法は多くあります。

看護学校の学費相場

ある看護学校准看護科をモデルに、2年卒業を仮定に説明すると、1年次はまず入学時に、入学金2万円と、授業料18万円、施設設備費25万円、実習費5万円、合計68万円と、入学するだけでも大きな額となります。

それだけにとどまらず、教科書代や制服代や白衣代など諸々と含めると、15万円かかるということです。

これが1年次前期の支払いで、後期になると授業料18万円の支払いが発生します。2年次の前期は、授業料18万円、施設設備費25万円、実習日5万円、合計48万円かかり、後期の授業料は18万円、総額で167万円かかるということです。

他の看護学校と比較しても、ほとんど変わりないので、相場はこれぐらいだと考えています。

教育ローンを利用して経済的負担を抑える

167万円という大金を出せる人はほとんどおらず、そのためには教育ローンを利用して経済的な負担を抑えるという選択肢があります。ただし、ローンを受ける際には審査を通らなければなりません。

あなたの立場が子育て中で現在は無職とすると、ローンを受けるのは不可能ですが、旦那さんがいれば、旦那さん名義でローンを組める確率が高くなります。それでも審査に落ちる場合は、奨学金制度を利用するしかないということです。

奨学金制度が利用できる場合もある

奨学金制度を利用できるところといえば、都道府県や自治体から交付される奨学金、病院付属の奨学金、日本学生支援機構の奨学金などがあります。どこで情報を探せばいいのかというと、受験予定の看護学校に直接問い合わせるのがオススメです。

なぜかというと、奨学金を利用して入学している学生が多いのと、経済的な負担の軽減などをサポートしていることがあるためです。入学できて上位の成績を常に収める力を持ち合わせても、経済的な理由だけで自主退学する人はいるという話も聞きます。

ちなみに、看護学校によっては、奨学金の返済が不要な全額免除制度を導入しているところがありますが、ほとんどの場合は准看護師向けでなく正看護師向けになっています。

経済的な負担を考慮して、1年長くなるだけなら、あえて正看護師を目指すのもありだということです。

在学期間中の子育てについて

無事に准看護科の看護学校に入学できたとしても、気になるのが在学期間中の子育てです。子どもになにかあったら抜け出せるのか、逆に子どもを連れていくことはできるのかなど、色々と考えてしまいます。

そこで、看護学校内の状況について、詳しく解説していきます。

子育て中の学生は多い

准看護師は最短2年で取得可能で、早い段階で看護師として働きたい子育て中の人にとっては最適です。

定時制を設けているところであれば、3年になりますが、子どもと一緒に過ごす時間を確保できるのと、働きながら通うことができるというメリットもあるので、そちらを選択する人も多いです。

看護学校に子どもを連れていくことはできない

残念ながら、看護学校に子どもを連れていくことはできません。なぜなら、看護学校に託児所を設けていないだけでなく、子どもを連れていくという行為そのものがNGとなってしまうからです。

始めから子どもを連れていくことができるなら、学生だけでなく、教える立場にある教員も連れていくことができるということです。看護学校に入学する以上、子どもと離れて勉学に励むことを理解しましょう。

付近の保育施設に預けるのが一般的

看護学校に入学する以上、子どもを付近の保育施設に預けるのが一般的で、多くの学生も同様に行っています。看護学校にいる間は子どもの面倒を見ることができないのが理由です。なお、保育施設が満員で預けられないことになった場合は、親族に面倒を見てもらうのも一般的です。

 途中で抜け出すことはできない

子どもが病気にかかって面倒を見なければならないなどの理由でも、途中で抜け出すことはできません。

あなたは高い倍率の中で看護学校に入学しているので、途中で抜け出すという行為は、自主退学に相当します。看護学校内に入ったら、一日の過程が終わるまで抜け出せないことを理解しましょう。

まとめ

看護学校と子育ての両立はハードルが高いといっても過言ではありません。なぜなら、看護学校から帰った後でも、レポートを書くなど、やることが山積みなことがあるからです。このハードルを乗り切るには、親族を含めた周囲の協力が欠かせません。

30代子育て中でも、准看護師を目指す人は珍しくなく、准看護師から正看護師にキャリアアップする人も珍しくありません。そういう人は結構多く、高いハードルを乗り越えているので、無理せず努力していけば、准看護師の取得は期待できるでしょう。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmamaneyをフォローしよう!

-看護師の資格を取りたい

Copyright© Mamaney , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.